アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年11月
≪10月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    12月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、バックアップ環境も無事構築できたところで、リストア(復元のこと)も手順化しておかないといけませんね。
バックアップはとっているけど、「どうやってリストアしたらいいの???」「リストアの手順を間違えて、元に戻らなくなった、どうしよう???」なんてことにならないためにも、リストア手順を明確化しておく必要があります。

リストアが必要な状況は障害が発生している時。。。
あせったりしますし、正確に作業しないと元に戻りませんので、事前に手順化しておくことが重要です。

≫続きをみる...

スポンサーサイト
VineLinux のデータバックアップする。(その2)で追加したバーチャルハードディスクも使用できるような状態になりました。

お次は追加したディスクへのバックアップを行うシェルの作成です。


≫続きをみる...

VineLinux のデータバックアップする。(その1)でバーチャルマシン上にディスク増加された状態のはずです。

このままでは使用できない状態ですので、使用できるように領域の割り当て、フォーマットを行います。

※当たり前ですが、フォーマットすれば、中のデータは消えてしまいます。。。
 大切なデータの入った領域をフォーマットしないように注意して下さい。
 バックアップ環境構築でデータを消去した。。。なんてのは冗談になりませんので。
≫続きをみる...

Vine ちゃんのデータバックアップを設定してみます。

Vine ちゃんは VirtualBox 上で稼動しているので、
 ○ OS 領域のバックアップ(システムバックアップ)
  ⇒ホスト OS 上でバーチャルハードディスクをバックアップする。
   OSレベルの変更、ソフトウェアのインストール後に手動でバックアップする運用とする。

 ○データ領域のバックアップ(データバックアップ)
  ⇒別のバーチャルハードディスクにバックアップする。
   cron などで自動バックアップを行う運用とする。

こんな感じで、今回はデータバックアップ環境を構築してみます。

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。