アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
龍馬コインぜよww
Ubuntu やアクセラとは全く違うお話。

趣味じゃないけど、記念コインを集めていたりします。
集めているというのは大げさですね、ただ家にあるだけというかんじです。

7月末だったかな?龍馬デザインの記念500円硬貨を入手しました。

坂本龍馬ブームらしいので、持っておいてもいいかなというレベルです。



≫続きをみる...

スポンサーサイト
アクセスの解析(2010年5月)
前回は、2月にうちのブログのアクセス数を調べました。
久しぶりにアクセス数をまとめてみます。



≫続きをみる...

2010年のジョーク RFC
RFC とは、「Request for Comments」の略で、公開形式の技術に関する仕様の文書です。

ブラウザでインターネットを閲覧する時に「http:// ~」を見かけることでしょう。
この最初に出てくる「HTTP」は「HyperText Transfer Language」(HyperText 形式で記述された通信規約)という意味で、定義も RFC 2616 に記載されています。
(RFC 2616 は http 1.1 の記述なので、最新ではないですけどね。。。)

他にも TCP/IP、ftp などいろいろな技術情報が RFC にはあるので、一度は目を通しておきたいものなんですけどね。。。


この RFC の恒例行事といえば、4/1に発表される「ジョーク RFC」です。
4/1 のエープリルフールにちなんで、4/1にジョークの RFC が発表されています。
さて、今年の ジョーク RFC は。。。。



≫続きをみる...

アクセスの解析(2010年2月)
いつのまにやら、うちのブログも結構な方がアクセスされているようです。
2月のアクセス数をまとめてみましょう。



≫続きをみる...

KNOPPIX 6.2 を使ってみる。
「KNOPPIX」は Debian がベースの Linux ディストリビューションの1つです。

最新版は「OS Circular」を搭載した、KNOPPIX 6.2。。。
(「OS Circular」がどんなものか試してみたかったり。。。)

起動も高速したらしいですね。


どんなもんか、試してみます。


○「OS Circular」とは。。。
Live CD や USB 起動などの特別な起動方法を除けば、通常、OS はローカルマシンの HDD にインストールされているものを起動します。
「OS Circular」はインターネット上に保存された、OS がインストールされた HDD イメージを仮想化ソフトが起動してくれるというものです。
VMware Player や VirtualBox の仮想 HDD がローカルマシン上に作られますが、「OS Circular」はその仮想 HDD がネット上にあるというイメージです。


≫続きをみる...

Linux Mint 8 を使ってみる。
「Linux Mint」は Ubuntu をベースとして開発されているデストリビューションです。
Ubuntu の派生版といったところでしょうか。

現時点の「Linux Mint」の最新版は Ubuntu 9.10 をベースとした「Linux Mint 8」になります。
「Linux Mint」は「Ubuntu」とは違うデストリビューションとして扱われますが、パッケージのリポジトリなどは、「Ubuntu」と同じものを採用しており共通点も多いです。


たまには、Ubuntu 以外のデストリビューションを見てみるのも面白いといえるでしょう。
「Linux Mint」独自のものを見て、Ubuntu を改めて考えてみるというのも。。。



≫続きをみる...

Google 社にて独自開発が行われている、「Chrome OS」。
「Chrome OS」はGoogle 社にて開発された Web ブラウザ「Google Chrome」をフロントエンドとして利用する OS です。
「Chrome OS」は、Ubuntu 上で開発オープンソース(Chromium OS)されており、開発途中ではありますが、誰でも利用することができます。
(面倒なので、オープンソース版の「Chromium OS」も「Chrome OS」で統一表現しておきます。。。)

イメージとしては、「Google Chrome というブラウザがフルスクリーンで表示されて、そのブラウザの中でアプリケーションを扱う」といったところですね。。。


ソースからのビルドに関しては、
 LinuxBuildInstructionsPrerequisites(http://code.google.com/p/chromium/wiki/LinuxBuildInstructionsPrerequisites)
 Build Instructions(http://dev.chromium.org/chromium-os/building-chromium-os/build-instructions)
に方法が公開されていますが、手間がかかりそうですね。
流し読みしかしてませんが、ホントにこれだけでビルドできるの??ってところ。。。

なので、今回はお手軽に利用できる、ダウンロード可能な VMware 用、VirtualBox 用の仮想 HDD イメージを利用します。


注意:「Chrome OS」は現時点、開発段階のため、頻繁にフリーズします。。。




≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。