アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VineLinux 5 で FTP 接続できるようにしておきます。

Vine 5 では ProFTPD がインストールされていますので、基本的にはサービスを起動させるだけww
簡単です。


≫続きをみる...

スポンサーサイト
rcp はリモートコピーといい、マシン間でファイルコピーをするコマンドです。

マシン間で cp コマンドのようにコピーが行えるので、非常に便利です。


≫続きをみる...

rsh サーバへは、VineLinux 4.2、Ubuntu 9.04 から接続できるようになりました。

今度はWindows XP から rsh 接続してみます。

Windows から Linux へ接続して、コマンドを発行。。。
意外と簡単に、というか、Windows XP は標準で rsh クライアントというインターフェイスがセットアップされてるんですww


≫続きをみる...

VineLinux5でrshサーバを導入してみる。(VineLinux4.2からの接続)では、Vine 4.2 から rsh サーバである Vine 5 へ rsh 接続してみました。

今度は Ubuntu 9.04から接続してみます。


≫続きをみる...

VineLinux 5 で rsh サーバを導入してみる。でrsh サーバの構築は完了ww

VineLinux 5(以後、Vine 5) とは別の仮想マシンとして、VineLinux 4.2(以後、Vine 4.2) があるので、Vine 4.2を rsh クライアントとして、Vine 5 へ接続してみます。



≫続きをみる...

普段は ssh を使ってますが、rsh は非常に軽く便利という利点があります。


rsh は「リモートシェル」といい、他の Unux/Linux マシン上で動くコマンドを送信できるコマンドです。
分かりやすくいうと、「telnet でログインして、対象ユーザにスイッチして、コマンドを実行するという一連の流れを一度に行ってくれる」便利なツールww

rsh コマンドを受け取る側は rsh サーバにする必要があるので、rsh サーバを構築してみます。


※ rsh は便利ですが、その便利さゆえに非常に危険な諸刃の剣です。
 特にセキュリティに関しては、非常にもろいので、外部公開サーバなんかにセットアップするとえらいことになります。。。

 ここでは rsh の仕組みなどは紹介しませんが、rsh の仕組みを理解した上で導入の有無を決定することを推奨します。
(うちの Vine ちゃんはローカルネットワークしか利用しない仮想マシンなので、導入しました)


≫続きをみる...

VineLinux 4.2 で SSH 接続する
昨今はセキュリティの意識が高まってますね。

VineLinux 4.2 の標準ではセキュリティのため、SSH(暗号化での接続)が標準で使用できる状態となっており、TELNET(暗号化しない接続)は標準では使用できない設定となってます。

SSH が標準になっているとはいえ、セキュリティを考えると設定が不十分なので、暗号鍵を使用したSSH 接続を設定してみましょう。
(そろそろ、暗号鍵を変更しようと思ってたところなので、ついでに手順化してしまいますww)
≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。