アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年11月
≪10月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    12月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MilkyWay@home でのATI 計算エラー
このブログ、放置してました。。。

家に帰っても、PCの電源を入れることなく寝てしまってます。
ちゃんと更新しないといけませんね、すいません。


さておき。


久しぶりにPCの電源を入れて、BOINC を起動(勝手に自動起動するだけですけど)すると、

MilkyWay@home の「ATI application」が「計算エラー」をはきまくってました。。。><;



≫続きをみる...

スポンサーサイト
「PrimeGrid」では、「Challenge Series」(http://www.primegrid.com/challenge/challenge.php)というイベント(お祭り)が年に10回ほど行われます。


お祭りといっても、期間内でポイントを獲得できるかということを競うだけなので、焼きそばやりんご飴の夜店もありませんし、盆踊りに参加できたりはできません。。。><;
(当たり前ですね。。。)


この「Challenge Series」ですが、イベントの期間内に特定のタスク(ワークユニット)を取得して、解析を終了させたものがポイントに換算されます。
普段から「PrimeGrid」で解析していても、条件(イベントでの対象のタスク、期間内で解析)さえ合えば、勝手にイベントでのポイントを換算してくれます。

ですが、「このイベントでのポイントを本格的に獲得したい」場合には、タスクを切り換えたりしない、他のプロジェクトの解析を中断して、「PrimeGrid」のプロジェクトだけに絞ったりしないといけません。
タスクやプロジェクトの切り替えは、「BOINC Manager」で可能ではありますが、GUI ツールであるため、切り換えたいタイミングで、人的な作業が必要になります。


切り替えが必要なタイミング(イベントの開始や終了)は日本では平日の夜中だったりするので、仕事があるため作業できなかったり、寝てたりする場合もあります。





≫続きをみる...

BOINC のいろいろなプロジェクトに浮気中な今日この頃ww


今回は、「Collatz Conjecture」に参加してみました。
「Collatz Conjecture」は「DNETC@Home」のように「Cuda」タスクがポイントが高くて、オイシイです。





≫続きをみる...

WUProp@Home(BOINC)に挑戦してみる。
梅雨も明けて、暑い日が続いてますね。

BOINC など、高負荷がかかる処理を実行している環境のマシンにはつらい季節です。


さて。

BOINC に、「WUProp@Home」というプロジェクトがあります。
「WUProp@Home」は BOINC のワークユニット(マシンに割り振られるタスク)の特性(必要なメモリ量や処理時間)などの情報を採取するプロジェクトです。

採取した情報をどのように活用して、何かしてるのかどうかはよく分かりません。。。

「WUProp@Home」の特徴としては、「FreeHAL@home」と同様に、「他のプロジェクトのタスクに関係なく実行してくれる」と言うところです。

ワークユニットの特性を採取しているだけなので、CPU もほとんど使用せず、おまけのような間隔でポイントを獲得できてしまいます。
獲得できるポイントは少ないですが、おまけと割り切ればいいでしょうww





≫続きをみる...

お仕事が出張ばかりとなり、なかなか家に帰れない状況が続いております。。。
Ubuntu に触れるどころか、家の PC すらほったらかしです。

ブログもだいぶサボっている状況です、申し訳ありません。



閑話休題。

BOINC で面白いプロジェクトをいろいろ試している中、「FreeHAL@home」というプロジェクトに参加してみました。

「FreeHAL@home」の大きな特徴は、「他のプロジェクトのタスクに関係なく実行してくれる」というところです。
つまり、CPU によるタスクの並列数の制限とは別で、「FreeHAL@home」は実行してくれます。

例えば、一度に2つのタスクを並列実行できる環境の場合、並列で実行できるタスクは2つまでですが、「FreeHAL@home」のタスクは、その環境で3つ目のタスクとして実行されますww

プラスアルファとしてポイントが稼げるので、オイシイです。



≫続きをみる...

DNETC@Home(BOINC)に挑戦してみる。
BOINC では、「SETI@home」をメインにしてましたが、「SETI@home」はサーバダウンが多すぎるのが難点。。。

近頃は、定期メンテナンスを除いても、週に1度以上はダウンしているようですし、そのダウンからの復旧も2,3日かかっているような状況です。

なので、「SETI@home」から、本格的に別のプロジェクトへ乗り換えようかと、考えてます。


で、いろいろプロジェクトを試行錯誤していると、「DNETC@Home」や「Collatz Conjecture」の「Cuda」タスクがポイントが高くて、結構おいしかったりしますww



≫続きをみる...

PrimeGrid(BOINC)に挑戦してみる。
「PrimeGrid」は素数を発見する、BOINC のプロジェクトの1つです。
つまり、BOINC を使って、素数発見のお手伝いができるということです。

面白そうなのは、記録的素数を発見した場合、その素数の発見者として、名前を残せることww
実際、PrimeGrid(http://www.primegrid.com/)を見てみると、直近の記録的素数(Recent Significant Primes)として記録されてます。

「記録的な素数」の計算に関わるタスクが割り当てられたらの話ですから、運次第と言えないこともないんですけどね。。。
(タスクの割り当ては、自動で行われるので、クライアント側からはどれが当たりかは分からない。。。)

宝くじだって、買わなければ当たりませんし、抽選が行われないと、どれが当たりくじかは分かりません。


「SETI@Home」はサーバ側が不安定で、タスクが割り当てられない場合が多いので、その保険として、「PrimeGrid」に挑戦してみます。





≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。