アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年08月
≪07月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    09月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーチャルハードディスクの圧縮
Virtual PCでは「Vinelinux 4.2」「Windows XP」を使用しています。

XPはOSとフリーのウィルス対策ソフトくらいしか入れてないのに、バーチャルハードディスク(vhd)はいつのまにやら、6GBを超えてきてます。。。><;

まあ、650GBのHDDにvhdを構築しているので、容量的にはあまり痛くないのですけど、ためにし圧縮をしてみようと。
さて、どれくらいまで、使用容量を減らせるかな??
vhd上はデータを削除しても、その領域は再利用されないため、ディスクをどんどん食い尽くして(可変vhdの場合)いきます。。。(vhdの管理仕様上、データ削除された領域は使用せず、新しい領域を確保してしまうそうです)

で、vhdの圧縮って、意外と知られてないようなので、手順を公開しながら、実際に圧縮作業をしてみます。

【VHD圧縮手順】

 ※今回のvhd圧縮はゲストOSがWindowsの場合のみ有効です。
  「Precompactor」(手順:5)はWindowsでしか使用できませんので、他のOSでは圧縮はほとんど期待できないでしょう。
  (Linux版の「Precompactor」もありますが動作検証してませんので、Linux等で圧縮をする場合は自己責任でお願いします)

1.vhdのバックアップ
 Vistaはデフラグが不安定という話をよく聞きます。
 今回のゲストOSはVistaではありませんが、何かあってからでは遅いので、必ずバックアップ(vhdファイルのコピー)をとりましょう。
 (Virtual PCは vhd のコピーだけでバックアップができるんですから、非常に便利ですね♪)

2.圧縮対象のバーチャルマシン(ゲストOS)を起動 

3.ゲストOSでデフラグを実行
 「ゴミ箱」に削除ファイルがたまっているようでしたら、「ゴミ箱を空にする」を実行しておきましょう。
 (私の場合、一時ファイルがゴミ箱にたまってました。。。><;)
a-aaa2.jpg

4.「Virtual Disk Precompactor.iso」をゲストOSへマウント
 Precompactor.isoの保存先:「%systemdrive%\Program Files\Microsoft Virtual PC\Virtual Machine Additions\Virtual Disk Precompactor.iso」
 ※インストール先がデフォルトの場合

5.Precompactorを実行
※マウントすると、下記メッセージが表示され、「はい」で自動実行されます。
a-aaa4.jpg

6.Precompactorが終了したら、ゲストOSをシャットダウン
 ※デフラグ、Precompactorを実行後、vhdは以前より大きくなってます。

7.バーチャルディスクウィザード起動
 「ファイル」-「バーチャルディスクウィザード」
 「次へ」
 「既存のバーチャルディスクの編集」を選択し、「次へ」
 対象のvhdを選択し、「次へ」
 「圧縮する」を選択し、「次へ」
 「保存するファイル名」を入力し、「次へ」
 「完了」をクリックすると、圧縮が開始

 。。。気長に待って下さい。

8.圧縮後の起動確認
 バーチャルマシンが正常に起動するかを確認
 
9.バックアップしておいたvhdの削除
 バーチャルマシンが正常に起動すれば、バックアップしておいたvhdを削除して下さい。
 正常に起動しない場合、起動しないvhdを削除し、バックアップしておいたvhdをリネームして、復旧させます。


【今回の圧縮結果】
 今回の作業でvhdは6.2GBが5.0GBになりましたww
 結果、約1.2GB減ったことになりますw
 まあ、OSくらいしか入ってないことを考えれば、こんなもんでしょうかねww
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。