アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年06月
≪05月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    07月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PostgreSQLの現行バージョンは8。
バージョン8になってすごく速くなったとか。。。

う~ん、ホントなのか、Vineちゃん(VineLinux 4.2)にインストールして試してみましょうww
私がPostgreSQLにはじめて触れたのは、バージョン6.4くらいの頃でした。
当時はCPUのスペックも低かったし、すごーく遅かったのを記憶してます。
特にプランナ(SQLの実行計画を立てるプロセス、統計情報などから効率的な処理(SQL実行)を計画する)が致命的で、こっちの予測した通りの動きをしなくて、どう改善しても速く動作しなかったので、すごーく苦労しましたね。。。

では、早速、最新のPostgreSQLVineLinux(VineLinux 4.2)へセットアップしてみますww

【PostgreSQLセットアップ手順】
1.ターミナル起動
 ターミナルを起動し、ログインします。

2.rootへスイッチ

 $ su -
 パスワード(P):



3.PostgreSQLのインストール

 # apt-get install postgresql-server 
 パッケージリストを読みこんでいます... 0%パッケージリストを読みこんでいます... 100%パッケージリストを読みこんでいます... 完了
 依存情報ツリーを作成しています... 完了
 以下の追加パッケージがインストールされます:
 postgresql-libs
 以下のパッケージが新たにインストールされます:
 postgresql postgresql-libs postgresql-server
 アップグレード: 0 個, 新規インストール: 3 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
 7620kB のアーカイブを取得する必要があります。
 展開後に 22.7MB のディスク容量が追加消費されます。
 続行しますか? [Y/n]y

 ~ 略 ~

 完了



 しばらく(ちょっと時間がかかります)待ち、「完了」と表示されると、インストール完了ですww

4.PostgreSQLの起動

 # service postgresql start
  データベースを初期化中: [ OK ]
  Starting postgresql service: [ OK ]



 おっ、「Starting postgresql service: [ OK ]」が出たので起動しましたねww

5.PostgreSQL管理者ユーザのパスワード設定
 インストール時に「postgres」というPostgreSQLの管理者ユーザが作成されます。
 (PostgreSQLの操作はこの「postgres」というユーザで何でもできちゃいます)
 パスワードを設定しておきましょうww 


 # passwd postgres
  Changing password for user postgres.
  New password:
  Retype new password:
  passwd: all authentication tokens updated successfully.



6.データベースの作成
 ちゃんとデータベースが使えるか、テスト用のデータベースを作成します。


 # su - postgres
 -bash-2.05b$ createdb <データベース名>
  CREATE DATABASE



 異常が発生しなければ、データベースが作成できてますww

 ※インストール場所(/var/lib/psgsql/data/)以外にデータベースの物理データを格納する場合、データベースクラスタの作成(initdb)を行う必要があります。

7.作成したデータベースへ接続
 データベース操作(接続も)はpsqlというユーティリティを使用します。


 -bash-2.05b$ psql <データベース名>
 PostgreSQL の会話型ターミナル、psql 8.1.10 へようこそ
 \copyright とタイプすると、配布条件を表示します。
 \h とタイプすると、SQL コマンドのヘルプを表示します。
 \? とタイプすると、psql コマンドのヘルプを表示します。
 \g と打つかセミコロンで閉じると、クエリーを実行します。
 \q で終了します。
 

 psqlで接続できれば、中身がちゃんとあるか(pg_tables)を見てみます。

 # select * from pg_tables;
schemaname | tablename | tableowner | tablespace | hasindexes | hasrules | hastriggers
--------------------+-------------------------+------------+------------+------------+----------+-------------
information_schema | sql_features | postgres | | f | f | f
information_schema | sql_implementation_info | postgres | | f | f | f




pg_tablesにselectすると、そのデータベースのテーブル一覧が見れます。

これで、データベース(PostgreSQL)が使えますww

8.postgresql.confの設定
 このままでもPostgreSQLが稼動しているVineLinuxからはデータベース操作は可能です。
 Windowsから繋いだりするのであれば、接続するための設定が必要になります。


 # vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

 ↓データベースサーバのIPアドレス、TCP/IP接続で使用するポートを指定します。
 listen_addresses = '<IPアドレス>'
 port = 5432



9.pg_hba.confの設定
 データベースに接続を許可するクライアントを設定します。

 # vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

 ↓ローカル(データベースが起動しているサーバ)の接続許可設定をします。
  (ローカルは全て接続OKという設定)
 "local" is for Unix domain socket connections only
 local all all trust

 ↓ネットワーク越しのクライアントの接続許可設定をします。
  (ループバックアドレス、クライアントは全て接続OKという設定)
 # IPv4 local connections:
 host all all 127.0.0.1/32 trust
 host all all 0.0.0.0/0 trust



※詳しい設定方法はマニュアルとかを参照して下さい。
 (説明のため、どこからでも接続できるようにしてますが、実際はちゃんと接続制限の設定してますので、あしからず)

10.PostgreSQLの再起動
 設定変更を反映させるため、再起動します。
 

 # service postgresql restart


11.自動起動の設定
 OSの起動・停止時にPostgreSQLも自動起動・停止設定するようにします。


 # chkconfig --list |grep postgres
 postgresql 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
 # chkconfig postgresql on
 # chkconfig --list |grep postgres
 postgresql 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off



12.ポート5432の開放
 5432をPostgreSQLで使用(postgresql.confで設定)しますので、使用できるようにします。

 まあ、たまにはXで設定しましょう。

  X-Windowにグラフィカルログイン
 「デスクトップ」-「システム設定」-「セキュリティレベルとファヤーウォールの設定」をクリック
 p1.jpg

 「その他のポート」で「5432」を追加
 p2.jpg



これで、クライアント(Windows、ODBCドライバ(※1)が必要ですが)からの接続が可能になります。
pgAdmin(※2)というGUIの管理ツールもありますので、使ってみましょう。

※1、※2 ネットからダウンロードしてください。セットアップ方法は割愛します。



で、パフォーマンスですが。

。。。。
速いww
正確に実測してませんが、実働に問題ない速さかと。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。