アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に VirtualBox 用に作成したバーチャルハードディスクで、VirtualBox にバーチャルマシンを作成してみます。

VirtualBox のデフォルトではバーチャルハードディスクが OS ドライブへ作成されるので、使い勝手が問題です。
なので、まずは VirtualBox 全体の設定を変更します。

【VirtualBox の設定変更】
 1.VirtualBox を起動し、「ファイル」-「環境設定」を選択。
 vbox_001.jpg
 
 2.「一般」タグを選択し、バーチャルハードディスク、バーチャルマシン(仮想マシン)のデフォルトパス(ここではD:\VMとしてます)を変更。
  OS のドライブにバーチャルマシンがあると OS のリストアをした場合、せっかく作ったバーチャルマシンが消えてしまう可能性がありますので、OS とは別の領域を使用するようにします。
 vbox_002.jpg
 
 3.「ホストキー」(ホストとゲストの切替)を Virtual PC と同じように「右ALT」に変更。
 vbox_003.jpg

 Virtual PC ではNAT変換をしていなかったので、VirtualBoxでもNAT変換をしません。
 なので、ネットワーク設定は変更しません。
 (バーチャルマシンを別セグメントにするのであれば、ネットワーク設定で変更できますよww)
 他もデフォルトで問題ないでしょう。


【VirtualBox 上にバーチャルマシンを作成】
では、バーチャルマシンを作成してみます。

 1.VirtualBox を起動し、「新規」をクリック。
 vbox_101.jpg

 2.「次へ」をクリック。
 vbox_102.jpg

 3.「名前」にバーチャルマシン名を入力
  「OSタイプ」に「Microsoft Windows」、「Windows XP」を選択し、「次へ」をクリック。

 vbox_103.jpg

 4.バーチャルマシンで使用するメモリを指定(ここでは、512MBを指定)し、「次へ」をクリック。
 vbox_104.jpg

 5.変換したバーチャルハードディスクを追加する。
 vbox_105.jpg

 6.変換したバーチャルハードディスクが設定されているのを確認し、「次へ」をクリック。
 vbox_106.jpg

 7.設定内容を確認し、「完了」をクリック。
 vbox_107.jpg

【バーチャルマシンの設定変更】
 そのままでも稼動するでしょうが、Virtual PC で使用していた設定にバーチャルマシンを変更します。

 1.「ビデオメモリのサイズ」を64MB、「3Dアクセラレーションを有効化」にチェックをつける。
 ビデオメモリのサイズは適当ですww
 vbox_201.jpg

 2.「CD/DVDドライブのマウント」にチェックをつけ、「ホストのCD/DVDドライブ」にチェックをつける。
 この設定でホストのCDドライブにCDをセットすれば、ゲストでも利用できるようになります。
 vbox_202.jpg

 3.「割り当て」に「Bridged Adapter」を選択。
 「Bridged Adapter」にすることでえ、NAT変換を行わない設定となります。
 vbox_203.jpg

 4.設定を保存。

これで、バーチャルマシンを起動してみます。
最初は環境が Virtual PC から VirtualBox へ変更(ゲストOSから見れば、ハードウェアの大幅な変更)されたため、ドライバの変更、ソフトウェアのアクティベーションが必要になります。
Windows が自動でドライバを変更してくれるので、特に問題はなし。

で、結果としては。。。








無事移行完了。
問題なく稼動してます。

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。