アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年08月
≪07月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    09月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
αレンズのレンタル♪
ソニーのα350を使っていますが、一眼レフで一番楽しいのは「レンズが交換できること」で、ネックになるのは「レンズが高いこと」です。。。

レンズは高いので、購入には勇気がいります。。。
いろいろ調べて、そのレンズの評価を見たり、自分が使いこなせるか、買う必要があるか。。。なんかを考えるのも楽しいですね。

で、ソニーさんを見てみると、「αレンズ 体験レンタルサービス」というのがありましたww
お手頃価格でレンタルでき、購入前に体験できるので、安心して購入できるようになりますねww
レンズのレンタルをやっているとこは多々ありますが、αレンズは数が少なかったりします。
が、「αレンズ 体験レンタルサービス」では販売元だけあって、全てのαレンズをレンタル可能のようです。

光さえも描写すると評価される「Carl Zeiss」レンズ。。。見てると高価な「Carl Zeiss」もレンタルできるようです♪
一生使うことはできないであろう、70万以上もする「SAL300F28G」(300mm、F2.8)が2泊3日で19.800円でレンタル。。すごーく魅力的ww

購入する前に体感できる。。。いいですねww
あ。。。でも、レンタルすると欲しくなっちゃうでしょうね。。。><;

カメラ業界の老舗じゃないソニーの一眼レフって???とよく言われますが、ソニーのαはカメラ業界老舗だった「コニカ・ミノルタ」の正当な後継者である証 ”α” を名前に持っているのです。
(「コニカ・ミノルタ」がカメラ部門から撤退した後、そのノウハウをソニーが引き継いだはず)
なので、ソニーのαマウントは昔の「コニカ・ミノルタ」のレンズも使用できちゃいますし、技術的なところも他の老舗カメラメーカーと変わりませんよww



「αレンズ 体験レンタルサービス」は下記にあります。
Sony Style(ソニースタイル)

PS。
いつのまにやら、α330、380など、本体のラインナップが増えてますね。
個人的には高くて買えないけど、やはりα900が欲しいところww

コメント
この記事へのコメント
sonyとコニカミノルタは、元々事業提携をしてたと思いますがさん・・・
私はα300ユーザーです。
レンズは全部、ミノルタ製ですが・・・

タイトルのとおり、コニカミノルタとsonyは光学製品の研究開発で事業提携を結んでいたと私は記憶しております。
まぁそれ以前にも動画用のレンズの関係で、カールツァイスとも提携していたはずですが・・・

それゆえ、コニカミノルタが光学部門から撤退する際、研究者・開発者もそのままにsonyが事業自体の譲渡を受けたと記憶しています。
だからこそ、sonyが世界に名だたるαマウントを継承し得たのです。

だから、新参者ではなく、経営母体のみ変わっただけで、名門中の名門と私は考えていますよ。
2009/07/23(木) 17:43 | URL | けんにぃ #-[編集]
けんにぃさん

SONYとコニカミノルタの関係に関して、撤退前から事業提携してたんですね。
知識不足ですいません。

私がα350を選択したのは、αマウント、ツァイスのレンズにひかれたからです。

使ってみると、改めて、αは名機だと思ってますね。

2009/07/23(木) 23:45 | URL | ホノミ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。