アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VineLinux TIPS集(vi エディタ)
Unix 系で代表的なエディタである vi 。
改良、機能が補完された数多くの vi クローンが存在するくらい、歴史のある代表的エディタです。
ちなみに、Vine ちゃんには vi クローンの vim が標準でセットアップされてました。

この vi、Windows の GUI に慣れていると使いにくいですね。
私がよく使う便利な使用方法(自己流)を解説します。

まずは、起動の方法。

【起動方法・書式】
起動は簡単です。
# vi 「オプション」 「ファイル名」

「view」は「vi -R」と同じ動作なので、読み取り専用の時はオプション指定忘れを防ぐためにも、「view」を使うことをお勧めします。

オプションはいくつかありますが、「+」、「+/<パターン>」くらいしか、使わないですね。。。

「+」オプションは最終行より開きます。
 ログなどは最後が最新である場合が多いので、「+」オプションで最新のログ(最終行)を開くと便利です。

「+/<パターン>」は<パターン>で指定された文字列を検索し、最初にマッチする文字列を含む行にカーソルを置いた状態で開きます。
 設定ファイルなどのセクション名を<パターン>で指定すれば、変更、参照したいセクションにカーソルが置かれてファイルが開くので便利です。

【vi の操作】
スクリーンエディタである vi 、この操作が覚えられないと、作業がはかどりませんね。。。
なので、よく使う機能にしぼっておきます。
これさえ覚えておけば、vi を普通に使いこなせるでしょうww

○カーソルの移動
 上下左右のカーソル移動は矢印キーで移動します。
 k、j、h、l でも移動しますが、矢印キーでカーソル移動と覚える方が楽だと思います。

 ファイルの最下行へは「G」(大文字のG)、ファイルの最初の行へは「1G」で移動します。
 「G」はファイルの上から指定された行へ移動するコマンドで、指定が無い場合は最終行、1を指定すれば1行目に移動します。
 (ちなみに私の場合、行指定(Gyousitei)の「G」と覚えてます)

 その行の先頭は「0」、末尾は「$」で移動しますが、覚えるのが面倒なので、私は使いません。
 (先頭、末尾への移動は「←」、「→」で移動させるので、使わない)

 画面スクロールは「Page Up」で上に1画面スクロール、「Page Down」で下に1画面スクロールします。

【検索】
文字列の検索は「/」が順方向検索、「?」が逆方向の検索になります。
「/」、「?」を入力すると コマンドモード(画面下方へカーソルが移動)するので、そこで検索する文字列を入力すると検索してくれます。

検索を続行(他行でも検索)する場合、「n」で順方向検索の繰り返し、「N」(大文字のN)で逆方向の検索繰り返しになります。

検索に関しては、これだけ使えれば十分でしょう。

【挿入モード】
挿入モードにするには「i」で現在位置、「I」(大文字のI)で現在行の先頭より挿入が開始可能になります。
(Insert の i と覚えましょう)

挿入モードになると、画面下に「-- 挿入 --」と入力モードであることを表示します。
挿入モードを解除するには「Esc」を押すことで、解除できます。

行を挿入したい場合、挿入モードで「Enter」を押下すれば、行が挿入されます。

【上書きモード】
上書きモードにするには「R」(大文字のR)で上書きが開始可能になります。
(Rewrite の R と覚えましょう)

上書きモードになると、画面下に「-- 置換 --」と入力モードであることを表示します。
上書きモードを解除するには「Esc」を押すことで、解除できます。

【削除】
「x」で現在位置の文字を削除します。
「dd」で現在行を削除します
複数行を削除する場合、「<削除する行数>dd」で指定された行数分の行削除を行います。

【コピー、貼り付け】
「yy」で現在行をコピーします。
「<コピーする行数>yy」で指定された行数をコピーします。
「yw」で単語単位のコピーをします。

「p」で貼り付けを行います。

【変更の取消(Undo)】
「u」で最後に行った変更を取り消し(Undo)します。

【コマンドモード切替】
ファイルを閉じたり、保存したりするのは「exコマンドモード」で行います。
「:」で「exコマンドモード」に切り替えます。

上書き保存は「:w」
 (Write の w と覚えます)
強制上書き(読み取り専用で開いている場合などの上書き)は「:w!」
 (! は強制という意味になります)
上書きし、ファイルを閉じる場合は「:wq」
 (Write して Quit と覚えます)
強制上書きし、ファイルを閉じる場合は「:wq!」

上書きせずにファイルを閉じる場合は「:q」
上書きせずに強制的にファイルを閉じる場合は「:q!」

別名で保存する場合は「:w <別ファイル名>」
別名ファイルに上書き保存する場合は「:w! <別ファイル名>」


上記の「exコマンド」は覚えておかないと、保存できませんし、ファイルを閉じることもできないので必須ですね。
必須とはいえ、q、w、! の組み合わせなので、難しく考えることはないです。

ちなみに「vi」は複数ファイルを同時に開くことができます。
別ファイルの内容をコピーして、貼り付けるなんてこともできます。

複数のファイルを同時編集できると便利なので、以下のコマンドも余力があれば、覚えておくと便利です。
「:e <ファイル名>」で指定された別ファイルの編集を開始します。
「:n」で複数ファイルを編集している場合、次のファイルの編集を開始します。




これだけでも結構な量ですね。。。
これくらいの操作ができれば、「vi」でのファイル編集も怖くないですよww

私はこれくらいしか操作を覚えてませんが、何とか編集作業はできてます。。。

※コマンドモード・・・
 vi は ex というラインエディタの発展したもので、ex エディタのコマンドを引き継いでます。
 その ex でのコマンドの入力を「exコマンドモード」という表現にしております。

※Emacs より vi を
 障害発生時に設定ファイルを編集する場合があります。
 Emacs は多機能で強力なエディタですが、重いというデメリットがあり、障害発生時には vi の方が稼動する可能性は高いです。
 まずは、vi を使えるようにしておくことが先決だと思います。

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。