アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、Vine Linux は 5β2(4.91) を公開テストしていますね。

VirtualBox は仮想マシンを簡単に作成でき、不要になれば削除も簡単にできるのが魅力ですね。

せっかくなので、VirtualBox へ Vine のベータ版の仮想マシンを作成してみます。

万が一問題が発生すれば、仮想マシンを削除するだけなので、OSやアプリケーションの評価環境として利用するには、もってこいですね。


※ベータ版の利用に関して
 ベータ版とはテスト用のバージョンですので、正式なリリースバージョンではありません。
 重大な不具合等が含まれています可能性があり、使用環境に重大な影響を与える可能性があることをご了承の上、利用して下さい。


まずは、VineLinux 4.91 (5β2、以後、4.91と表記)インストールディスクのダウンロードをします。

【ダウンロード】
VineLinux のサイトより、CD(DVD、USB)イメージとしてダウンロードができます。

CD版、DVD/USB版と分かれており、DVD/USB版の方が含まれているパッケージが多いようです。
今回は「Vine491-beta2-i386-DVD.iso」を使用します。

【VineLinux 4.91ダウンロードサイト】
http://beta.vinelinux.org/

【仮想マシンの作成】
VirtualBox へ Vine 4.91の仮想マシンを登録します。

1.ホストマシンにVine 4.91 を登録するディレクトリを作成する。
 今回は、「D:\VM\VineLinux_491」を使用します。

2.VirtualBox を起動する。

3.メニューアイコンより、「新規」をクリックする。
vine491_001.jpg


4.「ウィザード」が起動するので、「次へ」をクリックする。
 vine491_002.jpg


5.「仮想マシンと OS タイプ」画面で、
 「名前」に「VineLinux 4.91」を入力、
 「オペレーティングシステム」に「Linux」を選択、
 「バージョン」に「OtherLinux」を選択し、
 次へをクリックする。


 ※内容は任意です。

 vine491_003.jpg

6.「メモリ」画面で、使用するメモリを入力し、「次へ」をクリックする。
 
 ※メモリ量は任意です。

 vine491_004.jpg

7.「仮想ハードディスク」画面で、「次へ」をクリックする。
 
 ※今回は新規で仮想ハードディスクを作成します。

 vine491_005.jpg

8.「仮想ディスクウイザード」画面で、「次へ」をクリックする。
 vine491_006.jpg

9.「ハードディスクストレージタイプ」画面で、「可変サイズのストレージ」を選択し、「次へ」をクリックする。
 vine491_007.jpg

10.「仮想ディスクの場所とサイズ」画面で、
 場所に「D:\VM\VineLinux_491\VineLinux_491.vdi」を入力、
 サイズに「8GB」を入力し、
 「次へ」をクリックする。


 ※場所、サイズは任意です。
 vine491_008.jpg

11.「概要」画面で、設定内容を確認し、「完了」をクリックする。
 vine491_009.jpg

これで、Vine 4.91用の仮想マシンが作成されました。



長くなったので、VineLinux 5 β2を VirtualBox へインストールしてみる。(その2)へ続く。

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。