アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、VirtualBox の仮想マシンとして、Vine 4.2 を利用しています。

Vine 5 を扱うにあたり、4.2 をアップグレードすべきか、新規で 5 をインストールすべきか悩ませるところです。

現状の 4.2 はKDE やPostgreSQL などの標準の VineLinux ではセットアップされないパッケージがたくさん入っているので、4.2 を 5 へアップグレードすればいろいろ問題がでてくるでしょうね。。。><;
(OS アップグレードして、起動しても、パッケージが落ちまくるでしょうね。。。)

ということで、VirtualBox の仮想マシンを新規に作成し、新しい仮想マシンとして、VineLinux 5 を新規インストールすることにしました。

ちなみに。。。VirtualBox の仮想マシンでは Vine 5 のインストーラーが高頻度でハングします。。。><;

一応、VirtualBox は最新の3.0.4なのですけどね。。。

早速、VineLinux 5 をセットアップします。

まずは、ダウンロード。

【インストールイメージのダウンロード】
下記のサイト(VineLinuxの本家)からダウンロードします。
今回は、32Bit版(うちのマシンは64Bit対応してないので。。。><)を使用します。

 【VineLinux5 ダウンロード】
 URL:http://www.vinelinux.org/

 ※ダウンロードが終わるまで、ひたすら待つしかありません。。。><;

【仮想マシンの作成】
ダウンロードしている間に、VirtualBox の仮想マシンを作成しておきます。
今回の仮想マシンは仮想HDに40GB、メモリに512MBを割り当てました。

【インストール】
では、インストールしてみましょうww
手順はVineLinux 5 β2(製品候補版、VineLinux 4.91)をインストールした時と基本的に同じです。

VineLinux 5 β2のインストール手順を今回のVineLinux 5正式版に読み替えて下さい。
VineLinux 5 β2を VirtualBox へインストールしてみる。(その2)




ちなみにうちの環境では、インストーラーが何度かハングしました。。。><;
GUI Modeでのインストールでは、画面が真っ黒のままでハングしてしまいます。。。


どのような状況か掴めないので、「Install (Low resolution mode)」(低解像度モード)を選択すると、
vine50ins_001.jpg
の画面が表示されます。

メッセージをみると、「run_timer_softirq」(タイマー処理)の IRQ の割り当てに失敗して、Kernel Panic(カーネルパニック:OSに致命的なエラーが発生し、処理が停止すること)しているようです。。。

インストール時のカーネルパニックはうちの環境(VirtualBox 3.0.4 r50677)の問題なのかも??
調査しようにもインストーラーの Linux カーネルがどのように IRQ の割り当てしてるか分からないし、OSのインストール前だし。。。><;
Vine の ML にも入ってないし。。。
(これだけの質問のために、わざわざ ML に入るのもイヤだしね)

まあ、インストールできたので、OKとしましょうww


【解像度の変更】
VirtualBox の仮想マシンにセットアップすると、解像度は 800 × 600 になってしまいました。
インストール時にディスプレイの設定をしていないので、最適な解像度の検出に失敗しているのかもしれませんね。。。
解像度を変更しておきます。

 1.Gnome にログインし、「システム」-「システム管理」-「ディスプレイ」を選択します。
 2.パスワード画面が表示されるので、「root」ユーザのパスワードを入力します。
 vine50ins_002.jpg

 3.「ディスプレイ設定」画面が表示されるので、「ハードウェア」タブを選択し、「モニタータイプ」の「設定」をクリックします。
 4.「モニター」画面が表示されるので、私用しているモニターを選択し、「OK」をクリックします。

 vine50ins_003.jpg

 5.Gnome からログアウトし、再度ログインすれば、設定した解像度には変更されます。


【パッケージの最新化】
VineLinux 5はリリースされた直後ですが、最新のパッケージがリリースされているかもしれません。
最新にしておきます。

# apt-get update
取得:1 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386 release [1911B]
1911B を 0s 秒で取得しました (3271B/s)
取得:1 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/main pkglist [481kB]
取得:2 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/main release [159B]
取得:3 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/updates pkglist [14B]
取得:4 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/updates release [157B]
取得:5 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/main srclist [174kB]
取得:6 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/updates srclist [14B]
取得:7 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/nonfree pkglist [23.5kB]
取得:8 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/nonfree release [159B]
取得:9 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/nonfree srclist [18.2kB]
取得:10 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/plus pkglist [658kB]
取得:11 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/plus release [160B]
取得:12 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/plus srclist [316kB]
1671kB を 7s 秒で取得しました (237kB/s)
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了

# apt-get upgrade
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 0 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個

# apt-get upgrade kernel
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 0 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個


お、ちゃんと 5.0 を見に行ってますねww
新しくリリースされたパッケージはなさそうです。

【VirtualBox追加機能のインストール】
ゲストとホストのマウスの切替が面倒なので、VirtualBox追加機能をインストールしておきます。
今回は、GUI でやってみます。
 
 1.VirtualBox のメニューバーから「デバイス」-「Guest Additions のインストール」を選択します。
 2.デスクトップに「VBOXADDITIONS_3.0.4_50677」(VirtualBoxのバージョンにより変わります)が表示されるので、ダブルクリックします。
 3.「ファイルブラウザ」が起動するので、「VBoxLinuxAdditions-x86.run」をデスクトップへドラッグします。


 vine50ins_004.jpg
 
 4.デスクトップに作成された、「VBoxLinuxAdditions-x86.run」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
 5.「プロパティ」画面で「アクセス権」タブを選択し、「プログラムとして実行できる」にチャックをつけます。

 vine50ins_006.jpg

6.コンソールを起動し、root ユーザで「VBoxLinuxAdditions-x86.run」を実行します。

$ su -
パスワード:

対象ユーザのデスクトップに移動。

# ./VBoxLinuxAdditions-x86.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 3.0.4 Guest Additions for Linux installation.......................
VirtualBox 3.0.4 Guest Additions installation
Attempt to remove old DKMS modules...
Done.
Building the VirtualBox Guest Additions kernel module...
Building the shared folder support kernel module...
Building the drm support kernel module...
Installing the VirtualBox Guest Additions...

Disabling dynamic resizing as the X server is configured to only use static
resolutions. To fix this, edit the server configuration file, remove all
"Modes" lines from the "Screen" section and any Option "PreferredMode"
lines from "Monitor" sections and restart the server.

Successfully installed the VirtualBox Guest Additions.
You must restart your guest system in order to complete the installation.


OSを再起動すれば、VirtualBox の追加機能が有効になります。



【起動に関して】

インストールはできたものの、不安定な状態が続いています。。。。
まともに起動するのは、数回に1回の状態です。。。

インストール時に出ていたカーネルパニックが発生しているのでしょう。
新しいカーネルがリリースされるまで、待つしかないかな?

他の仮想マシンを起動していると、Vine 5も正常に起動する確立が高くなるので、VirtualBox とカーネルの相性の問題の可能性が高いようです。
他の仮想マシンが起動していると IRQ の割り当てに成功し、単独で Vine 5 の仮想マシンを起動すると、IRQ の割り当てに失敗するような感じですね。

おそらく、VirtualBox の仮想マシンのハードウェア関連のモジュールと Vine 5 のモジュールでConflict(競合)が起こるのでしょう。

現時点、現象発生のパターン化ができていないので、もう少し様子をみないとなんともいえないかも。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。