アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年06月
≪05月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    07月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.04 で管理用の一般ユーザを追加する。で「visudo」を実行すると、「nano」というエディタが動きました。

これは、Ubuntu 君のデフォルトのエディタが「nano」になっているからでした。

nano を使ってみると、結構使いやすかったけど、デフォルトは vi にしておきたいので、OS のデフォルトエディタの設定を変更してみます。


cron でのジョブのスケジュールは Webmin で設定することが多いので、「crontab」はほとんど使わなかったりします。

で、久しぶりに「crontab -e」を実行すると。。。









nano が動くんですよね。。。><;
やはり、OS のデフォルトが nano になってるんでしょうね。
nano ってなん nano 。。。


閑話休題。。。

デフォルトのエディタの変更方法は
 ・ユーザごとにデフォルトのエディタを設定する
 ・OS のデフォルトを設定する
があります。


【ユーザごとにデフォルトのエディタを設定する】
まずは、ユーザごとの設定方法。
環境変数の「EDITOR」に対象のエディタのコマンドをセットすれば設定できます。


$ export EDITOR=vi
$ env | grep EDITOR
EDITOR=vi


これで、環境変数をセットしたユーザのみ変更されます。
ただし、ログアウトするまでですけどね。。。

恒久的にしたいのであれば、「~/.bash_profile」に「export EDITOR=vi」を記述すればいいでしょう。


【OS のデフォルトを設定する】
「update-alternatives」(alternatives システムを成すシンボリックリンクを管理するコマンド)を使用するとOSのデフォルトの設定を変更できます。
(本屋で立ち読みしていて、「update-alternatives」を見つけたのは内緒ww)

「sudo update-alternatives --config editor」を実行して、エディタの一覧から変更したいエディタを選択するだけです。


$ sudo update-alternatives --config editor

There are 4 alternatives which provide `editor'.

Selection Alternative
-----------------------------------------------
1 /usr/bin/vim.tiny
2 /bin/ed
*+ 3 /bin/nano
4 /usr/bin/vim.basic

Press enter to keep the default[*], or type selection number:<エディタの番号を入力>

一覧のエディタから変更したいエディタの番号を選択するだけなので、簡単にできますね。




これで、vi がデフォルトになりましたww
少しは使いやすくなったかなww



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。