アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VineLinux Home Page を見ると、9月9日に「mailx のバグフィックス」、「emacs のバグフィックス」、「vutils のバグフィックス」、「initscripts のバグフィックス」、「qt4 にセキュリティホール」の対応モジュールがリリースされていました。

一通り内容をみたところ、ただのバグフィックスっぽいし、問題ないという判断で、アップグレードしました。
すると。。。




KDE、Gnome でログアウトすると、ログイン画面がでなくなり、画面が真っ黒クロスケに。。。><;

見事にデグレードしてしまいました。。。><;


ログアウト後にログイン画面が表示されない時の、load average(一定時間内の CPU あたりのプロセス数)、CPU 使用率、メモリ使用状況、スワップ等を確認しましたが、負荷がかかっている様子は見られませんでした。

なので、負荷が原因で画面表示に時間がかかっているわけではなさそうです。。。
X の再起動や、「telinit」を行っても、復旧の見込みはない状態。。。

OS 起動時にはちゃんとログイン画面が表示され、X へのログインも正常にできます。
現象が発生するのは、X Window をログアウトした後だけなんですよね。。。><;
シスログには アップグレード前には出力されなかった、X Window の起動に失敗しているメッセージが出力されていました。

どうやら、何かしらのモジュールが入れ替わったことが原因と推測されます。

今回アップグレードしたパッケージは
 mailx のバグフィックス
 emacs のバグフィックス
 vutils のバグフィックス
 initscripts のバグフィックス
 qt4 にセキュリティホール
になります。

この中で X Windows に関係するのは。。。
「initscripts」くらい。

「initscripts」の修正内容を見ると、「xdm が起動できない問題を修正しました。」となってます。
xdm というのは、X Window のディスプレイマネージャ、起動ができない問題の改修をしたことで、うちの環境でログアウト後にログイン画面が表示されなくなったんじゃないの???っと、推測をたててみます。
(具体的にどのような問題があって、どのような改修を行ったかは不明。。。)


最新の「initscripts」にアップグレードしたのが原因で、うちの環境で問題が発生したのかを切り分けるため、「initscripts」をダウングレード(うちの環境で正常に動いていたバージョンへ戻す)し、動作確認をしてみました。

まずは、アップグレード後の「initscripts」のバージョンを確認。
バージョンは「initscripts-8.80.18-1vl5」でした。

次に、アップグレード前の「initscripts」のバージョンを確認。
こちらは、VineLinux 5 を新規インストールしてみる(その2)。で、Vine 5 のインストール直後のインストール済みパッケージ一覧を記録として残しておいたので、確認してみると、「initscripts-8.80.17-1vl5」でした。
(こういうとき、何でも記録を残しておくと役に立ちますねww)

なので、「initscripts-8.80.17-1vl5」へダウングレードして、動作を検証します。

現行(アップグレード後)のバージョンの確認
# rpm -qa initscripts
initscripts-8.80.18-1vl5


「initscripts」のダウングレード
# apt-get install initscripts=8.80.17
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
initscripts のバージョン 8.80.17-1vl5 を選択しました
以下のパッケージがダウングレードされます:
initscripts
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 0 個, ダウングレード: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
642kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 6B のディスク容量が追加消費されます。
続行しますか? [Y/n]y
取得:1 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/main initscripts 8.80.17-1vl5 [642kB]
642kB を 2s 秒で取得しました (277kB/s)
変更を適用しています...
準備中 ############################## [100%]
更新/インストール中
initscripts-8.80.17-1vl5.i386 ############################## [100%]

クリーニング/削除中
initscripts-8.80.18-1vl5.i386 ############################## [100%]

完了

ダウングレード後のバージョンの確認
# rpm -qa initscripts
initscripts-8.80.17-1vl5

apt-get upgradeをシミュレーションモード(実際にはアップグレードしない)で実行
# apt-get upgrade -s
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージがアップグレードされます:
initscripts
アップグレード: 1 個, 新規インストール: 0 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
Inst initscripts [8.80.17-1vl5] (8.80.18-1vl5 Vine Linux:5.0/stable)
Conf initscripts (8.80.18-1vl5 Vine Linux:5.0/stable)


これで、ダウングレードが完了。
ダウングレードといっても、指定されたバージョンでの上書きのインストールなので、ダウングレードという表現は正しくないかもしれませんね。

で、ダウングレードが完了したので、ログアウト後にログイン画面が表示されるかを確認。。。



見事に表示されますww
(本来、表示されて当たり前なんですけどね。。。)


ということで、9月9日にリリースされた「initscripts のバグフィックス」(initscripts-8.80.18-1vl5)へのアップグレードが原因でした。



デグレードっぽいので、本当は Vine の開発関係者とかに報告しておいた方がいいのかもしんない。。。
ところで、ML にも入ってないし、どうやって、報告するんでしょうね??


うちの Vine 5 は VirtualBox の仮想マシンという特殊な環境だしね。。。
報告したところで、「VirtualBox なんて環境は論外、範囲外」だの、「(的外れの)この設定ファイルを提示して下さい」だの、「(どうでもいいような)このコマンドを実行した結果を教えて下さい」などいろいろ言われそうで怖いし、面倒だし。。。><;


自己解決したし、報告は。。。。まあ、いいかなww


コメント
この記事へのコメント
BTS にお願いします
BTS (バグトラッキングシステム)があるので、できたらこちらにバグ登録してもらえると助かります。

http://bts.vinelinux.org/guest.cgi?project=VineLinux&action=top

再現できる環境が必要だったりするので、問題を見つけた人が報告してくれると一番直る可能性が高かったりします;
2009/12/14(月) 09:51 | URL | ハラダ #-[編集]
Re: BTS にお願いします
ハラダ さん

ご提示いただいた VineLinux の BTS というのはまともに機能しているのでしょうか?
サイトを確認しましたが、新規投稿の48件中、36件がレスポンスがない(0リプライ、約75%がレスポンスのない状態)となっているようです。
レスポンスがない件が約75%というのは、個人的には異常な数値かと思われますが、いかがでしょうか?

レスポンスがないということは、せっかくユーザが問題報告を行っているにも関わらず、無対応、何も対応してくれないと見えてしまいます。

しかも、最新更新日が半年以上のもの、つまり半年以上レスポンスがない件が多数あるようです。
半年以上何もレスポンスがないということは、個人的には異常なことであると思いますが、いかがでしょうか?


現状のこのような対応のBTSへ報告しても、対応は期待できないため、申し訳ありませんが、登録はできないです。


> BTS (バグトラッキングシステム)があるので、できたらこちらにバグ登録してもらえると助かります。
>
> http://bts.vinelinux.org/guest.cgi?project=VineLinux&action=top
>
> 再現できる環境が必要だったりするので、問題を見つけた人が報告してくれると一番直る可能性が高かったりします;
2009/12/14(月) 23:35 | URL | ホノミ #-[編集]
> 半年以上何もレスポンスがないということは、個人的には異常なことであると思いますが、いかがでしょうか?

私も個人的にはそう思いますが、ボランティアベースで開発している(=業務としてフルタイムで開発関わっている人が居ない)以上、これが良くも悪くもVine Linuxの現状だと認識しています。(私もできる範囲で努力はしてますが、本業のある身としてはそれにも限度がありますので)

あと他のProjectのBTSを見てみると分かると思うのですが、反応が無いバグがゴロゴロしているのは結構普通だったりしますし、VineのBTSを見ても800件以上のバグレポートのうち、700件位は今までに処理しているので、それなりに機能はしていると思います。

いずれにしろ使ってる人とのコミュニケーションが無くなったらディストリビューションとしては終わりなので、バグ報告してもらえるとうれしいんですけどね^^
(決して無理強いはしたく無いのでそこは誤解しないでもらえると助かります)
2009/12/15(火) 09:36 | URL | ハラダ #-[編集]
Re: タイトルなし
ハラダさん

レスポンスというのは、必ず確実な回答であるという意味ではありませんし、障害対応は案件によっては工数がかかる場合もありますので、対応が遅れることもあるでしょう。
対応が遅れるということはしかるべき理由、課題があることでしょうから、明確な説明さえあれば問題とすることはありません。
「状況が見えない」という点が問題であると思っております。

不具合対応であれば、現象を再現させて確認したり、仕様であるのか不具合であるのか判定をしたり、不具合と認定されたものに対して対応したりと、「過程」が必ずあるものですよね?
(どのような仕事でも、内容の差異はあれ、過程はあることでしょう)
例えば、「○月○日より着手します」「現象が再現できたので、現在、不具合判定中です」、「現在モジュールを修正中で、○月○日までにリリース予定です」、「改修したモジュールの動作確認中です」などの進捗状況をレスポンスがあって当たり前かと。

このような状況報告さえも、忙しくてできないというのであれば、これ以上は何も言いません。
ただ、報告がなければ、第三者から見れば、「未着手」なのか「着手」しているのかさえも伝わらない、つまり、機能しているのかも不明と見られてしまうかと。



「コミュニケーション」という言葉をお使いですので、コミュニケーションについて、考えてみましょう。

上記の「状況報告」も「コミュニケーション」の1つであると思いますが、いかがですか?
また、「状況報告」という「コミュニケーション」は、BTS のサイトを訪れた第三者には不要なのでしょうか?

第三者には不要で、関係者だけでコミュニケーションを行うのであれば、第三者である私が登録したところで、その登録は一方的な「報告」となり、「コミュニケーション」にはならないでしょうね。
残念ながら、コミュニケーションは一方的な「報告」で終わってしまいます。

逆に「○○が問題となり、調査が進んでいません」、「うちの環境では動作検証はOKで、○○の環境では検証ができていません」などのレスポンスがあれば、「ここまでしてくれている」、「私も手伝えることはないのか?」などという方も出てくることでしょう。

「忙しく限度があるから」という理由であれば、Vine に関わっている人だけが同状況ではありませんので、私も同理由ということにさせていただきたく。


Vine は 2.6の頃から利用させていただいております。
国産初のデストリビューションですし、長く付き合ってきているので、それなりの愛着もあります。
愛着があるが故、意見させていただいております。


2009/12/15(火) 23:51 | URL | ホノミ #-[編集]
色々な意見があるのは分かりますし、ここであまり自己主張して迷惑に思われても困るので、コメントはこれくらいで控えさせてもらいます。

決してバグレポートを強制するつもりは無かったですし、忙しくて報告できない、という理由も全くもってありなので、そこだけは理解してもえらえると助かります。
2009/12/16(水) 18:12 | URL | ハラダ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。