アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年06月
≪05月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    07月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VineLinux 5 で FTP 接続できるようにしておきます。

Vine 5 では ProFTPD がインストールされていますので、基本的にはサービスを起動させるだけww
簡単です。


インストール済みなので、設定ファイルを編集します。
ProFTPD の設定ファイルは「/etc/proftpd.conf」になります。

# vi /etc/proftpd.conf

下記内容を設定、確認


ServerType standalone
ServerType は起動方法の記述です。
ProFTPD は xinetd でも起動できますが xinetd を利用する場合、「/etc/xinetd.d」に
サービスの設定ファイルを作成しないといけません。
Vine 5 の標準では、「/etc/xinetd.d」に設定ファイルがなく、作るのが面倒だったので、
「standalone」方式にしてます。


Port 21
使用するポート番号です。
セキュリティのため、デフォルトの 21 を 10021 などに変えておくことを推奨します。


# Server side: UTF-8 / Client side: UTF-8
CharsetLocal UTF-8
CharsetRemote UTF-8

Vine 4.2 では EUC でしたが、Vine 5 では UTF-8 に変わりました。
UTF-8 になっていることを確認。


<Directory />
AllowOverwrite on
</Directory>

書込みの許可です。
「on」に設定しないと書込みできません


# A basic anonymous configuration, no upload directories.
#<Anonymous ~ftp>

~ 略 ~

#</Anonymous>

Anonymous ログインの設定です。
Anonymous ログインを許可しない場合、<Anonymous ~ftp>から</Anonymous>を
全てコメントアウトしておきます。



これで、設定はOKww
利用するディレクトリの制限をする必要があれば、設定して下さい。

次に OS 起動時に FTP も起動するように自動起動の設定をします。
Vine 5 では「proftpd」を「chkconfig」に登録する必要があります。

ついでにサービスを起動させておきます。

# chkconfig --add proftpd

# chkconfig --list proftpd
proftpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

# chkconfig proftpd on

# chkconfig --list proftpd
proftpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

# /etc/rc.d/init.d/proftpd start
proftpdを起動中: [ OK ]


これで、FTP 接続ができるはずです。

ためしに、「FFFTP」で接続してみると。。。
proftp_20090917_001.jpg

問題なく接続できます。
ただし、Windows から接続する場合、文字コードを「UTF-8」にしておかないと、文字化けします。

バイナリファイルは問題ありませんが、フラットファイルを転送する場合、クライアントの文字コードに注意して下さい。
(VineLinux 5 の文字コードは UTF-8 なので)



【アクセスするディレクトリの制限】
ProFTPD では「DefaultRoot」でアクセス可能なディレクトリを制限(指定したディレクトリより上位のディレクトリへアクセスできなくなる)することができます。
アクセスできるディレクトリの制限をかけておけば、一般ユーザが不用意に設定ファイルを変更してしまうことも防止できます。

「DefaultRoot」は「/etc/proftpd.conf」で設定します。

例えば、アクセスできるディレクトリを各ユーザのホームディレクトリのみに制限するのであれば、

DefaultRoot ~

と設定します。

このように設定すれば、FTP クライアントからみると「~/」(~:チルダ、ユーザのホームディレクトリ)が「/」(ルートディレクトリ)として扱われるため、それより上位にアクセスができなくなります。

また、特定のディレクトリ(ここでは、例として「/var/ftp_share」とします)のみに制限するのであれば、

DefaultRoot /var/ftp_share

と設定します。

コメント
この記事へのコメント
Proftpd
大変、よく分かりました。
ありがとうございました。
2010/03/06(土) 05:27 | URL | yukari #gSLtR5ag[編集]
Re: Proftpd
yukari さん

少しでも、お役に立てのでしたら、幸いです。
このような返答をいただけると、「記事を書いてよかった」と実感でき、励みになります。

ここで掲載している設定は、ProFTPD の基本部分になります。
他にもいろいろ奥の深い設定もありますので、がんばって下さい。

2010/03/06(土) 09:02 | URL | ホノミ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。