アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年10月
≪09月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    11月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows のターミナルといえば、TeraTerm、Puttyが有名ですね。
私は TeraTerm を愛用しています。
TeraTerm は安定しているし、非常に使いやすいですね。


知り合いが、Poderosa というターミナルのソフトを見つけてきました。
で、インストールして使ってみると。。。



「どう設定しても、SSHではつながらない。。。」

何なの、コレ。。。

格闘すること、約10分。

配布元(Poderosa.org)調べてみると、FAQにそれらしい説明が。。。
http://ja.poderosa.org/faq/14.html

<http://ja.poderosa.org/faq/14.htmlからの抜粋>
Poderosa で作る鍵は SSH2 用の鍵です。 SSH1 の鍵を作成する機能はないので注意してください。

また、この鍵は SECSH フォーマットですので、そのままではOpenSSHは認識しません。ですが、OpenSSH はインポート機能があるので、

$ ssh-keygen -i -f foo.pub

などとすることで SECSH フォーマットの公開鍵を登録できます。


どうやら、SECSH の鍵しか利用できない仕様のようですね。。。><;
つまり、OpenSSH は未対応ということ。

対応方法は「SSH サーバ側で鍵のフォーマットを変換」なんて書いてますね。
ターミナル接続するのに、わざわざサーバ側で鍵を変換して登録しなおすなんてのはナンセンスですね。

配布元を見ると、2006年11月から更新されていないようですし、何か問題があっても、対応がない可能性があります。
ということで、この Poderosa というソフトを利用するにはリスクが高すぎますね。


まあ、タブで複数の接続先を管理できるのは面白そうですけど、それ以前に OpenSSH に未対応というのは痛すぎますね。

使えないターミナルのソフトですね。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。