アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vine 5 にAlacarte(Gnome のメニューエディタ)をインストールする時に、見つけたのが、この「GnoMenu」です。

Gnome の雰囲気を変えるためにインストールしてみました。


残念ながら、Ubuntu 9.04 には GnoMenu のパッケージはないようです。

パッケージがないのは仕方ないですね。。。
配布・開発元からダウンロードして、インストールします。

現時点の最新は 1.9.92 のようで、最新はソース(gnomenu-1.9.92.tar.gz)しかないようなので、ソースからビルドしてみます。

【GnoMenu】
ダウンロードURL:https://launchpad.net/gnomenu/
GnoMenuテーマ:http://www.gnome-look.org/index.php?xcontentmode=189

上記URLから「gnomenu-1.9.92.tar.gz」をダウンロードします。
 gnomenu_20091015_001.jpg

ダウンロードしたファイル(gnomenu-1.9.92.tar.gz)の保存されたディレクトリへ移動し、解凍します。

$ tar zxvf gnomenu-1.9.92.tar.gz

~ 略 ~

$ cd gnomenu/
$ ls -l
合計 44
-rwxr-xr-x 1 xxxx xxxx 18002 2009-04-26 02:07 COPYING
-rwxr-xr-x 1 xxxx xxxx 2823 2009-04-26 02:07 Changelog
-rwxr-xr-x 1 xxxx xxxx 1120 2009-06-08 08:37 IMPORTANT - OAFIID ERROR
-rwxr-xr-x 1 xxxx xxxx 297 2009-04-26 02:07 MANIFEST.in
-rwxr-xr-x 1 xxxx xxxx 1254 2009-05-08 07:35 Makefile
-rwxr-xr-x 1 xxxx xxxx 1503 2009-05-26 08:13 README.txt
drwxr-xr-x 5 xxxx xxxx 4096 2009-04-26 02:07 src


解凍したファイルの中に「Makefile」があるので、「make install」だけでインストールできるでしょう。
「README.txt」があるので、見てみます。

README.txtの抜粋
DEPENDENCIES :

python
python-xdg
python-cairo
python-gconf
python-xlib
deskbar-applet

-------------------------------------------------------------

INSTALL :

sudo make install

UNINSTALL :

sudo make uninstall

--------------------------------------------------------------

~ 略 ~

依存関係(DEPENDENCIES)が載ってます。
「GnoMenu」をインストールするには、記載されたパッケージのインストールが前提になるということでしょう。
また、インストールは「sudo make install」で行うようですね。
(見ててよかった、READMEww)

GnoMenu のバージョンが変わると依存関係も変わる可能性があります。
README に依存関係を記載してくれているので、インストール前には、README で必要な依存関係を確認してきましょう。

依存関係を解消するため、前提となるパッケージをインストールしてから GnoMenu をインストールをします。
個々にパッケージがインストールされているかを確認するのは面倒なので、全部インストールします。
(最新がインストールされているなら、最新というメッセージが表示されて、何もしないので。)

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install python python-xdg python-cairo python-gconf python-xlib
 deskbar-applet

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
python はすでに最新バージョンです。
python-xdg はすでに最新バージョンです。
python-cairo はすでに最新バージョンです。
python-gconf はすでに最新バージョンです。
python-xlib はすでに最新バージョンです。
python-xlib は手動でインストールしたと設定されました。
以下の特別パッケージがインストールされます:
python-beagle
提案パッケージ:
python-soappy
以下のパッケージが新たにインストールされます:
deskbar-applet python-beagle
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
357kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 5259kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/main deskbar-applet 2.26.1-0ubuntu1 [322kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/main python-beagle 0.3.5-2build1 [35.1kB]
357kB を 1s で取得しました (203kB/s)
未選択パッケージ deskbar-applet を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 160804 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../deskbar-applet_2.26.1-0ubuntu1_i386.deb から) deskbar-applet を展開しています...
未選択パッケージ python-beagle を選択しています。
(.../python-beagle_0.3.5-2build1_i386.deb から) python-beagle を展開しています...
deskbar-applet (2.26.1-0ubuntu1) を設定しています ...

python-beagle (0.3.5-2build1) を設定しています ...

python-support のトリガを処理しています ...
$ sudo make install
install -d /etc/gnomenu /usr/bin/ /usr/lib \
/usr/share /usr/lib/bonobo/servers
install src/bin/GnoMenu.py /usr/bin/
cp -r src/lib/gnomenu /usr/lib
cp -r src/share/gnomenu /usr/share
install src/lib/bonobo/GNOME_GnoMenu.server /usr/lib/bonobo/servers
Makefile: GnoMenu installed.

どうやらインストールはできたようです。

では、GnoMenu を使ってみましょう。

メニューなので、パネルに追加します。
配置したい場所のパネルを右クリックし、表示されるメニューから「パネルへ追加」をクリックします。
gnomenu_20091015_002.jpg

追加できる一覧から「GnoMenu」を選択し、「追加」をクリックします。
gnomenu_20091015_003.jpg

これで、パネルに追加されます。

このままでも、メニューとしてもちろん使えます。
「GnoMenu」はテーマなどをカスタマイズできるので、変更してみましょう。

テーマを変更するには、「GnoMenu」のアイコンを右クリックし、「Preferences」をクリックします。
gnomenu_20091015_005.jpg

「GnoMenu settings」が表示されるので、テーマやアイコンなどをお好きなものに変更し、「OK」をクリックします。

テーマはhttp://www.gnome-look.org/index.php?xcontentmode=189にたくさんありますね。
「Install」をクリックすると、ダウンロードしたテーマやアイコンファイルを追加できるようです。

標準で入っているものに使いたいテーマがなければ、いろいろ探してみましょう。

gnomenu_20091015_006.jpg

で、うちの子はこんな感じにしてみましたww
パネルのアイコンの移動はパネルを右クリックすると表示されるメニューから「移動」を選択するとできます。
Ubuntu インストール時からのアイコンや「アプリケーション 場所 システム」などのアイコンはロックがかかってますので、ロックを解除(パネルを右クリックすると表示されるメニューの「ロック」のチェックを外す)しないとできませんので、注意して下さい。
gnomenu_20091015_007.jpg





いろいろテーマやアイコンを変更するだけで、簡単にカスタマイズできるのがいいですね。
こだわりを持った環境にするのもより、使いやすさを重視するもよし、自分だけのオリジナル環境にしてみるのもいいかもww


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。