アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年10月
≪09月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    11月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、流星郡を見ましたww
派手に流星が降ってくると期待していたので、ちょっと期待はずれでしたけどね。。。

この時に役に立ったのが、「Stellarium」というプラネタリウムソフト。

メインで使用している Windows Vista 君にはインストールしていたのですけど、Ubuntu 君にもインストールしてみました。

以前に Windows Vista 君にインストールした時のブログ。

おうちでプラネタリウムを楽しむ。(Stellarium)


「Stellarium」はUbuntu 9.04 でパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update
~ 略 ~

$ sudo apt-get install stellarium
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
stellarium-data
以下のパッケージが新たにインストールされます:
stellarium stellarium-data
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
34.2MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 44.6MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/universe stellarium-data 0.10.2-1 [31.7MB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/universe stellarium 0.10.2-1 [2469kB]
34.2MB を 1min 22s で取得しました (415kB/s)
未選択パッケージ stellarium-data を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 163811 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../stellarium-data_0.10.2-1_all.deb から) stellarium-data を展開しています...
未選択パッケージ stellarium を選択しています。
(.../stellarium_0.10.2-1_i386.deb から) stellarium を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
stellarium-data (0.10.2-1) を設定しています ...
stellarium (0.10.2-1) を設定しています ...

menu のトリガを処理しています ...


これで、インストールは完了です。
メニューに登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「教育・教養」-「Stellarium」で起動します。


中途半端な日本語化なので、文字化けしてますね。。。><;
「/usr/share/stellarium/data」に日本語対応したフォント(フォントファイルは通常「/usr/share/fonts/」に保存されています)のシンボリックリンクを張るか、フォントファイル自体をコピーしておいて、そのファイル名を「/usr/share/stellarium/data/fontmap.dat」の「default」で指定すれば、OKです。

「VL-Gothic-Regular」であれば、

$ sudo ln -s /usr/share/fonts/truetype/vlgothic/VL-Gothic-Regular.ttf
 /usr/share/stellarium/data/VL-Gothic-Regular.ttf


$ sudo vi /usr/share/stellarium/data/fontmap.dat

vi で下記のように変更
#default DejaVuSans.ttf 1 DejaVuSansMono.ttf 1
default VL-Gothic-Regular.ttf 1 VL-Gothic-Regular.ttf 1

で、できました。

【流星のシミュレート】
「Stellarium」では、流星の数を設定できます。
今回のように流星郡もシミュレートできますねww

「空と見た目の設定(F4)」で「流れ星」の数を指定することで、流星郡にもできます。

stellarium_20091021_001.jpg




Stellarium はノートPCにインストールしておくと便利かも。。。
星座盤として利用するとなると、外で見れないと不便ですからね。。。><;


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。