アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BootUp-Manager は「OS が起動した時にどのサービスを起動させるか。。。」というような、ランレベル毎の サービスなどの On/Off 設定を GUI で行うツールです。

「sysv-rc-conf」や「chkconfig」というコマンドの GUI バージョンといったところですね。
GUI ですから、設定が簡単にできます。

パッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update
~ 略 ~

$ sudo apt-get install bum
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libgtk2-gladexml-perl
以下のパッケージが新たにインストールされます:
bum libgtk2-gladexml-perl
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 2 個。
130kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 754kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/universe libgtk2-gladexml-perl 1.007-1 [46.3kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/universe bum 2.2.1-2 [83.9kB]
130kB を 1s で取得しました (129kB/s)
未選択パッケージ libgtk2-gladexml-perl を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 164582 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../libgtk2-gladexml-perl_1.007-1_i386.deb から) libgtk2-gladexml-perl を展開しています...
未選択パッケージ bum を選択しています。
(.../archives/bum_2.2.1-2_all.deb から) bum を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
libgtk2-gladexml-perl (1.007-1) を設定しています ...
bum (2.2.1-2) を設定しています ...

これでインストールは完了です。
メニューに登録されるので、Gnome の場合、「システム」-「システム設定」-「BootUp-Manager」で起動します。

使用する際、詳細な設定ができる「Advanced」のチェックを入れておきましょう。
(うちの環境だけなのか、一部の説明が文字化けします。。。)
bum_20091023_001.jpg

【「BootUp-Manager」見方】
Linux ではランレベル(Run Level)というモードで起動や停止を管理し、そのランレベルごとに「○○サービスは起動する」というような設定を行います。

□□サービスはランレベル1(シングルユーザモード)では停止させ、ランレベル5(グラフィカルログイン)では起動させる。。。といった管理になります。

「BootUp-Manager」ではランレベルごとに起動(S:Start)、停止(K:Kill)を表す記号と優先順位(01、02など、数値が小さいほど優先順位は高い)で表示されます。

「S01」と表示されていれば、そのサービスは優先順位「01」で起動(S)という意味になります。

例えば、基本的、重要なサービスであれば、起動の優先順位を上げて先に立ち上げたり、シスログはできるだけ最後までログを残したいので優先順位で最後に停止させたりといったことができます。

【変更】
変更したいサービスを選択し、右クリックから表示されるメニューで設定を変更できます。

 ・「Change start/stop priority」で起動、停止の優先順位を変更できます。
 ・「Deactive & apply now」で OS の起動時のサービス、起動・停止を変更できます。
  (「Active」のチェックをつけると起動、外すと停止になります)
 ・「Start now」でそのサービスを起動、「Stop now」でそのサービスを停止できます。




「BootUp-Manager」は簡単にサービスの起動・停止、優先順位を設定できるツールですが、Linux に詳しい方向きのツールです。
簡単に設定できるということは、簡単に動作がおかしくなる設定にできてしまいます。
よく分からない場合は設定を変更しない方が無難です。

Ubuntu 9.04 には「サービスの管理」(「システム」-「システム設定」-「サービスの管理」)とう便利なツールもありますので、簡単な設定変更と詳細な設定変更でツールを使い分けるのがいいでしょうねww


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。