アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YouTube はみなさんご存知でしょうし、サービスの名前を知らなくても誰もが、YouTube の動画を見たことは一度はあるかと。
インターネットでの動作共有できるサービスです。

よく見たりする動画なんかは自分の PC へ保存しておけば、毎回ネット経由で見る必要がありませんね。

「youtube-dl」はコマンドベースですが、簡単に YouTube の動画をダウンロードして、保存しておけるユーティリティです。


【インストール】

「youtube-dl」はパッケージかされているので、「apt」でインストールできます。


$ sudo apt-get install youtube-dl
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
libkxl0
これらを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージが新たにインストールされます:
youtube-dl
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
8332B のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 65.5kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/universe youtube-dl 2008.03.22-1 [8332B]
8332B を 0s で取得しました (14.2kB/s)
未選択パッケージ youtube-dl を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 169390 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../youtube-dl_2008.03.22-1_all.deb から) youtube-dl を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
youtube-dl (2008.03.22-1) を設定しています ...


これでインストールは完了です。
コマンドベースなので、GUI インターフェイスはありませんが、簡単に使えます。

【使い方】
使い方は「youtube-dl」のコマンドの引数にダウンロードしたい動画の URL を指定するだけです。
コマンドを実行したディレクトリにダウンロードしたファイルが保存されます。


$ youtube-dl http://www.youtube.com/watch?v=xxxxxxxxxxx
Retrieving video webpage... done.
Extracting URL "t" parameter... done.
Requesting video file... done.
Video data found at xxxxxxxxxxx
Retrieving video data: 100.0% ( 7.22M of 7.22M) at 68.36k/s ETA 00:00 done.
Video data saved to xxxxxxxxxxx.flv


操作はこれだけww

ユーザ名、パスワードが必要な場合は
 -u <USERNAME>(または--username=<USERNAME>)
 -p <PASSWORD>(または--password=<PASSWORD>)
を指定します。

ダウンロードしたファイルは「~.flv」(Flash Video ファイル)として保存されるので、Mplayer などの動画再生ツールで再生が可能です。



【youtube-dl】
URL:http://bitbucket.org/rg3/youtube-dl/wiki/Home


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。