アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年06月
≪05月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    07月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Mondo Rescue」はシステム全体をバックアップできるツールです。
この「Mondo Rescue」はただのバックアップではなく、CD/DVDブート可能な ISO イメージファイルとしてバックアップしてくれます。
もちろん、リストアプログラムも ISO イメージファイルに保存されるので、リストアは基本的に CD/DVD をドライブにセットするだけというスグレモノ。

なので、システム単位のフルバックアップ、フルリストアに向いています。


【インストール】
「Mondo rescue」は「mondo」という名前でパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install mondo
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
afio buffer gawk libntfs10 lzop mdadm mindi mindi-busybox ntfsprogs postfix
提案パッケージ:
petris attr lilo mondo-doc procmail postfix-mysql postfix-pgsql postfix-ldap postfix-pcre sasl2-bin resolvconf postfix-cdb
以下のパッケージが新たにインストールされます:
afio buffer gawk libntfs10 lzop mdadm mindi mindi-busybox mondo ntfsprogs postfix
アップグレード: 0 個、新規インストール: 11 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
3698kB 中 0B のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 10.3MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
パッケージを事前設定しています ...

mondo_20091120_001.jpg

未選択パッケージ gawk を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 171671 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../gawk_1%3a3.1.6.dfsg-0ubuntu1_i386.deb から) gawk を展開しています...
未選択パッケージ afio を選択しています。
(.../archives/afio_2.5-5_i386.deb から) afio を展開しています...
未選択パッケージ libntfs10 を選択しています。
(.../libntfs10_2.0.0-1ubuntu2_i386.deb から) libntfs10 を展開しています...
未選択パッケージ lzop を選択しています。
(.../lzop_1.02~rc1-2_i386.deb から) lzop を展開しています...
未選択パッケージ mdadm を選択しています。
(.../mdadm_2.6.7.1-1ubuntu8_i386.deb から) mdadm を展開しています...
未選択パッケージ mindi-busybox を選択しています。
(.../mindi-busybox_1.2.1-3ubuntu1_i386.deb から) mindi-busybox を展開しています...
未選択パッケージ mindi を選択しています。
(.../mindi_1%3a2.0.4-1ubuntu1_i386.deb から) mindi を展開しています...
未選択パッケージ buffer を選択しています。
(.../buffer_1.19-10_i386.deb から) buffer を展開しています...
未選択パッケージ mondo を選択しています。
(.../mondo_1%3a2.2.7-2_i386.deb から) mondo を展開しています...
未選択パッケージ ntfsprogs を選択しています。
(.../ntfsprogs_2.0.0-1ubuntu2_i386.deb から) ntfsprogs を展開しています...
未選択パッケージ postfix を選択しています。
(.../postfix_2.5.5-1.1_i386.deb から) postfix を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
doc-base のトリガを処理しています ...
Processing 1 added doc-base file(s)...
Registering documents with scrollkeeper...
menu のトリガを処理しています ...
ufw のトリガを処理しています ...
gawk (1:3.1.6.dfsg-0ubuntu1) を設定しています ...

afio (2.5-5) を設定しています ...
libntfs10 (2.0.0-1ubuntu2) を設定しています ...

lzop (1.02~rc1-2) を設定しています ...
mdadm (2.6.7.1-1ubuntu8) を設定しています ...
Generating array device nodes... /var/lib/dpkg/info/mdadm.postinst: 170: /dev/MAKEDEV: not found
failed.
Generating mdadm.conf... done.
Removing any system startup links for /etc/init.d/mdadm-raid ...
update-initramfs: deferring update (trigger activated)
* Starting MD monitoring service mdadm --monitor [ OK ]

mindi-busybox (1.2.1-3ubuntu1) を設定しています ...

mindi (1:2.0.4-1ubuntu1) を設定しています ...
buffer (1.19-10) を設定しています ...
mondo (1:2.2.7-2) を設定しています ...

ntfsprogs (2.0.0-1ubuntu2) を設定しています ...
postfix (2.5.5-1.1) を設定しています ...
グループ `postfix' (GID 125) を追加しています...
終了。
システムユーザ `postfix' (UID 117) を追加しています...
新しいユーザ `postfix' (UID 117) をグループ `postfix' に追加しています...
ホームディレクトリ `/var/spool/postfix' は作成しませんでした.
Creating /etc/postfix/dynamicmaps.cf
Adding tcp map entry to /etc/postfix/dynamicmaps.cf
グループ `postdrop' (GID 126) を追加しています...
終了。
/etc/aliases does not exist, creating it.

Postfix was not set up. Start with
cp /usr/share/postfix/main.cf.debian /etc/postfix/main.cf
. If you need to make changes, edit
/etc/postfix/main.cf (and others) as needed. To view Postfix configuration
values, see postconf(1).

After modifying main.cf, be sure to run '/etc/init.d/postfix reload'.


libc6 のトリガを処理しています ...
ldconfig deferred processing now taking place
initramfs-tools のトリガを処理しています ...
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-2.6.28-14-generic
menu のトリガを処理しています ...

インストール途中、「postfix」の設定が表示されました。
「postfix」も一緒にインストールされるようですね。
(「postfix」が「Mondo Rescue」に何故必要なのかよく分からん。。。)

「postfix」の何故必要なのかわからないので、メールサーバを使わないのであれば、「設定しない」とかいいかと。
(う~ん、よく分からん。。。)
でインストールは完了です。


【使い方(バックアップ)】
バックアップは「mondoarchive」というコマンドを使用します。
今回は以下のオプションを設定します。

「-O」:システムファイルをバックアップ
「-i」:ISO イメージファイルの作成
「-s」:ファイルサイズの上限(DVD用として、4GBを指定)
「-d」:バックアップ先のディレクトリ



$ sudo mondoarchive -O -i -s 4g -d <バックアップ先>

Initializing...
See /var/log/mondoarchive.log for details of backup run.
WARNING: Module loop not found.
Checking sanity of your Linux distribution
Done.
Invalid arg -- /mnt/win_share/backup
Errors were detected in the command line you supplied.
Please review the log file - /var/log/mondoarchive.log
Execution run ended; result=1
Type 'less /var/log/mondoarchive.log' to see the output log
take@ubuntu:/mnt$ sudo mondoarchive -O -i -s 4g -d /mnt/win_share/backup
Initializing...
See /var/log/mondoarchive.log for details of backup run.
WARNING: Module loop not found.
Checking sanity of your Linux distribution
Done.
BusyBox's sources are available from http://www.busybox.net
Making catalog of files to be backed up
---evalcall---1--- Making catalog of /
---evalcall---2--- TASK: [*...................] 3% done; 3:14 to go
---evalcall---E---
---evalcall---1--- Making catalog of /
---evalcall---2--- TASK: [*...................] 5% done; 2:13 to go
---evalcall---E---
---evalcall---1--- Making catalog of /
---evalcall---2--- TASK: [**..................] 6% done; 2:05 to go
---evalcall---E---
---evalcall---1--- Making catalog of /

~ 略 ~
進捗状況が表示されます。
完了するまで、ひたすら待ちます。。。


---evalcall---2--- TASK: [********************] 99% done; 0:05 to go
---evalcall---E---
Call to genisoimage to make ISO (ISO #1) ...OK
Done.
Done.
Backup and/or verify ran to completion. Everything appears to be fine.
/var/cache/mindi/mondorescue.iso, a boot/utility CD, is available if you want it
Data archived OK.
Mondoarchive ran OK.
See /var/log/mondoarchive.log for details of backup run.
Execution run ended; result=0
Type 'less /var/log/mondoarchive.log' to see the output log

これで、バックアップ先に「mondorescue-1.iso」(複数のファイルの場合は「mondorescue-2.iso」、「mondorescue-3.iso」...という連番のファイル)が作成されます。

この ISO イメージファイルはシステム全体のデータが格納されており、かつ、CD/DVD に書き込めば、起動可能なメディアになってます。

ちなみに、うちの環境はディスク使用量が約3.2GB、バックアップは約2.5時間かかりました。。。><;
まあ、うちの環境は VirtualBox の仮想マシンなので、パフォーマンスは悪いので、実機であればもっと時間は短縮されるでしょうね。

【使い方(リストア)】
バックアップに時間がかかりすぎるため、リストアの検証は途中までしかしてません。。。
手を抜いてます。。。
(バックアップが2.5時間、リストアはもっとかかるでしょうからね。。。)

さておき。

作成した ISO イメージファイルを CD/DVD に書き込み、ドライブにセットしてシステムを起動(電源をON)します。
もちろん、BIOS で、CD/DVD 起動ができるようにしておく必要があります。

起動すると、「Mondo Rescue」の画面が表示されます。
mondo_20091120_002.jpg

ここで、「nuke」、「Enter」を入力するとフォーマットを含めた自動リストアが実行されます。
「interactive」を選択すれば、対話方式でリストアを実行できるようです。

うちの環境ではリストはとんでもなく時間がかかると推測されるので、検証はここまでしかしてません。。。
まあ、ここまで動けば、リストアしてくれるでしょう。。。たぶん。。。





システム全体のバックアップができて、しかも起動可能な ISO イメージファイルを作成してくれるので、非常に面白いツールですね。

障害発生時のリカバリはあせったりするもので、誤操作もありえます。
「Mondo Rescue」はリカバリ時に複雑なコマンド入力や設定が不要なので、誤操作の可能性も圧倒的に低くなります。


ちなみに、仮想マシンのバックアップなら、ホストマシン上で仮想 HDD と仮想マシンの設定情報さえバックアップすればいいので、「Mondo Rescue」を使用する必要はないです。

20 ~ 30分なら、仮想マシンでも「Mondo Rescue」を使ってみようかと思ってましたが、実際は2.5時間もかかりました。。。><;
このあたりが、誤算でしたかな。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。