アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 君にセットアップした「Avast」。
Ubuntu 9.04 で Avast ! Antivirus をセットアップしてみる。

Vine ちゃんにもセットアップしてみましょうww





【インストール】
Ubuntu の時と同じように、「Avast」のサイトより、rpm パッケージをダウンロードし、インストールします。
もちろん、ライセンスキーも必要になりますので、ユーザ登録をしておきましょう。


 【Avast サイト】
  ダウンロード先URL:http://www.avast.com/jpn/download-avast-for-linux-edition.html

ダウンロードが完了したら、インストールを開始します。
ダウンロードしたファイル(avast4workstation-1.3.0-1.i586.rpm)を保存したディレクトリへ移動して行います。


# rpm -ivh avast4workstation-1.3.0-1.i586.rpm
エラー: 依存性の欠如:
libexpat.so.0 は avast4workstation-1.3.0-1.i586 に必要とされています



あう~。。。いきなりエラー。。。><;
「libexpat.so.0」とかいうライブラリが必要なようですね。。。

「apt-cache」で「libexpat」とかいうパッケージがないか探してみましょう。

# apt-cache search libexpat
libexpat - Expat のための実行ライブラリ
libexpat1 - Expat のための実行ライブラリ

ラッキー。。。ヒットしました。
おそらく、上記のうちのどっちか(または両方)セットアップすれば、「Avast」もセットアップできるようになるのではwwと、あまい予測を立ててみたり。。。


# apt-get update

~ 略 ~

# apt-get install libexpat
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
* libexpat は既に最新バージョンがインストールされています。
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 0 個, 削除: 0 個, 保留: 31 個


# apt-get install libexpat1
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libexpat1
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 31 個
67.6kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 144kB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 http://updates.vinelinux.org 5.0/i386/plus libexpat1 1.95.8-1vl5 [67.6kB]
67.6kB を 0s 秒で取得しました (83.5kB/s)
変更を適用しています...
準備中 ############################## [100%]
更新/インストール中
libexpat1-1.95.8-1vl5.i386 ############################## [100%]
完了

「libexpat」はすでに最新がインストール済み状態で「Avast」がインストールできなかったので、今回の依存関係のエラー原因ではないでしょうね。
「libexpat1」はインストールできたので、「libexpat1」が原因であることを祈りつつ、「Avast」の rpm をインストールしてみます。



# rpm -ivh avast4workstation-1.3.0-1.i586.rpm
準備中... ########################################### [100%]
1:avast4workstation ########################################### [100%]

表示されるメッセージはそっけないけど、無事インストールできたようですww



【使い方】
基本的な使い方は、Ubuntu 君でも、Vine ちゃんでも同じようですww
以下の3つが基本ww

・「avastgui」で「Avast」の GUI を起動
・「avast」でウィルススキャン
・「avast-update」でウィルパターンデータの更新

一般ユーザでは参照できないディレクトリや隠しファイルをスキャンすることもあるので、「su -」で「root」ユーザになって、実行するのがいいでしょうね。

注意すべきは、「Avast」の「ウィルスのパターンデータ」が各ユーザごとに管理されているということです。
なので、「avast-update」でウィルパターンデータの更新と「avast」でウィルススキャンは同一ユーザで行わないと、せっかくウィルスパターンデータを更新しても、ウィルスパターンデータが反映されていないユーザでウィルススキャンしてしまうこともあります。。。


詳しい使い方は、「Ubuntu 9.04 で Avast ! Antivirus をセットアップしてみる。」を参照して下さい。


コメント
この記事へのコメント
参考になりました
おととい聯想G550買って即Win7+Vine5.1化し、今Avast!入れました。

根性なしの私はnautilusから右クリックでrpmインストーラを使い、libexpat関係も難なくクリアしました。

記事を読み、隠しディレクトリやパターンファイルの保持のことを考えると、常にrootで運用するのが良さそうだな、と思いました。

2010/03/22(月) 11:30 | URL | 聯想ユーザー #-[編集]
Re: 参考になりました
聯想ユーザーさん

お役に立てたようで幸いです。

ユーザのホームディレクトリ以外もスキャン対象とするならば、root での運用がいいでしょうね。

パターンデータのアップデートやスキャンをシェルスクリプト化してしまえば、cron で自動実行などもできるので、より便利になるかと。

また、Win 7 と Vine のデュアルブート環境でしたら、Win 側のディレクトリを Vine からマウントして、Avast でスキャンするということも可能かもしれませんね。
ですので、Win では Avast 以外のウィルス対策ソフト、Vine では Avast を使用すれば、複数のウィルス対策ソフトでスキャンする二重環境が構築できることでしょう。


2010/03/22(月) 19:10 | URL | ホノミ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。