アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年10月
≪09月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    11月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SweetHome 3D を使ってみる。
家の購入やリフォーム、小さいことでは部屋のレイアウト変更では、事前に確認しておきたいですね。

CAD ソフトなどを使えば可能ですが、CAD ソフトは操作が難しかったりするので、建築に関する知識がないと使えなかったりします。

このような家のレイアウトなどを簡単にに行える CAD ソフト「SweetHome 3D」を使えばは手軽にできます。
しかも、名前の通り、3D(3次元)で確認できるので、平面では分かりにくいレイアウトも実際に非常に近い形でみることができるので、非常にわかりやすいです。

プラットフォームは Windows、Linux、MACと多様なのも魅力ですねww


【インストール】
まずは、「SweetHome 3D」のダウンロードサイト(http://www.sweethome3d.eu/ja/download.jsp)より、「SweetHome 3D」をダウンロードします。


Windows の場合はダウンロードしたファイル(SweetHome3D-2.1-windows.exe)を実行すると、インストーラーが起動し、インストールが開始されます。
インストーラーの指示通り、「言語選択」、「ライセンスの同意」等を行えばインストールできます。

Linux(Ubuntu で確認)はダウンロードしたファイル(SweetHome3D-2.1-linux-x86.tgz)を解凍(tar zxvf SweetHome3D-2.1-linux-x86.tgz)し、解凍したファイルの中の「SweetHome3D」を実行すれば、「SweetHome3D」が起動します。

sweeh_20091207_001.jpg


【使い方(部屋の作り方)】
まずは「部屋の作成」で部屋の間取りを決定します。

sweeh_20091207_003.jpg

部屋が出来上がったら、できた部屋をダブルクリックします。
「部屋を修正」というダイアログが表示されるので、床の色やテクスチャー、天井などを設定します。

sweeh_20091207_004.jpg

これで床が完成しました。
次は壁を作ります。

壁は「壁を作成」で作ります。
部屋の全面を壁にするのであれば、「壁を作成」を選択した状態で「部屋」(床の部分)をダブルクリックすれば、自動で作成してくれます。
sweeh_20091207_005.jpg

壁の色やテクスチャーは壁をダブルクリックすると「壁の修正」が表示されるので、色やテクスチャーを設定できます。
sweeh_20091207_006.jpg


後は左に表示されているオブジェクトの一覧から、机や家具、ドアや窓などを配置(おきたいオブジェクトをドラッグすれば配置)していくだけです。

配置したオブジェクトは縦横の「幅・奥行き」のみならず、「高さ」、「地面からの高さ」も設定できます。
対象のオブジェクトの4つの角がそれぞれ、「幅・奥行き」、「高さ」、「地面からの高さ」、「回転」になるのでマウスでドラッグして変更できます。
また、左下にオブジェクト一覧が表示されるので、数値としても変更できます。


【使い方(3Dでの確認)】
メニューバーの「3Dビュー」-「仮想的な観察」で仮想のカメラを設置できます。
仮想のカメラは位置、「アングル・ボディ」(左右の角度)、「アングル・トップ」(上下の角度)を変更できるので、いろいろな角度で3D確認できます。

例えば、机に向かった状態に仮想のカメラをセットすれば、机からみた雰囲気も味わえてしまいます。

「3Dビュー」-「写真を作成」で画像として、保存も可能です。





家庭用に特化しているので、家具のレイアウト変更などには使いやすいですね。
一度自分の家の間取りを作成しておくと、部屋の模様替えなんかには活躍してくれるでしょう。

建築に関しては素人の私でも、何となく使えるレベル。。。操作は簡単ですからねww


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。