アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年08月
≪07月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    09月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAID を構築しましたが、ディスク障害が発生した場合、どのような動作になるのか検証してみます。
せっかく RAID を構成させても、障害時に復旧ができなければ、意味がありません。
復旧できるまで、動作検証を行っておかないと怖いですからね。


さて、全ての障害を擬似的に再現させることは難しいので、今回は「RAID-1を構成しているディスクにアクセスできない状態」を再現させます。

「RAID-1を構成しているディスクにアクセスできない状態」を再現させるため、仮想マシンから、RAID を構成している仮想ディスクを削除します。
仮想ディスクが削除されれば、仮想マシンからは見えない状態ですので、「RAID-1を構成しているディスクにアクセスできない状態」になります。

では、この状態で、Ubuntu 君を起動してみます。


【ディスク障害時の動作】
RAID を構成しているディスクに障害が発生している状態で、Ubuntu 君を起動します。

起動時に「Degrated」(縮退モード)でも起動させますか?というメッセージが出力されます。
(画面コピー撮るの忘れました。。。><;)
このメッセージより、起動時に RAID 構成ディスクの状態が、Ubuntu 側で認識されていることが分かります。


この状態で
 「N」(縮退モードでは起動させない)またはタイムアウトとすると、Ubuntu の起動が停止
 「Y」(縮退モードでも起動させる)とすると、Ubuntu が起動
という動作になります。

縮退モード時はディスクが冗長化されていない状態です。
2玉の RAID-1(ミラーリング)構成を例にすると、縮退モード時には1玉の片肺で稼動していることになり、この稼動している1玉もダウンすると、システムダウンになります。

縮退モード時でも、システム起動を優先(ただし、稼動している残りの玉もダウンすると、システムダウンするリスクがある)させる場合もあれば、リスクを考慮しシステムを稼動させたくない場合もあります。
この選択はシステム起動を優先するか、システムダウンのリスクを考慮するかで、OS 起動の動作を選択できるということで、問題ないですね。


では、縮退モードで、Ubuntu君を起動させてみます。
もちろん、片肺でも問題なく稼動してくれますww

起動できたので、「ディスク・ユーティリティ」でディスク状態を確認してみます。
デグレード状態(縮退モード)で稼動しているのが分かりますね。
ubuntu910_20091216_002.jpg




【RAID の復旧】
では、障害の発生したディスクを復旧させます。

通常であれば、ディスクが壊れたので新しいディスクに交換しますので、ディスク交換をすることにします。
(トンカチで壊れたディスクを叩いても直りませんからね。。。)

うちの環境は仮想マシンですので、壊れたディスクの状態は、仮想マシンから仮想ディスクを削除することで、状況を再現させました。
なので、新しい仮想ディスクを追加し、壊れたディスクを新しいディスクに交換したという状況を再現させることとします。

で、この状態で、Ubuntu 君を起動します。

ソフトウェア RAID の場合は残念ながら、ディスクを追加しても自動的に RAID で使用するディスクかどうかは判別してくれません。
ですので、交換した新しいディスクが RAID を構成するディスクであるということを設定する必要があります。

コマンドでもできるでしょうが、簡単な GUI 操作で復旧させます。

まずは、「システム」-「システム管理」-「ディスク・ユーティリティ」を起動します。
対象の RAID を左の一覧から選択し、「追加」をクリックします。
ubuntu910_20091216_004.jpg


追加するボリュームを選択する画面が表示されるので、今回交換したディスクを選択し、「ボリュームを追加」をクリックします。
これで、RAID 構成ディスクに追加されます。
ubuntu910_20091216_005.jpg


追加したディスクは何も入っていない空の状態ですので、現在のディスク上のデータに同期させる必要があります。
この同期作業はディスクの RAID への追加時に自動的に行ってくれます。
同期作業は「リカバリ中」として表示されます。
ubuntu910_20091216_006.jpg
「@」が同期の進捗率です。
「@」が100%になれば、同期が完了となります。


リカバリ(同期)はディスク容量が大きければ、それだけ時間がかかります、気長に待ちましょう。。。
リカバリ中でも、通常の OS としては機能しますので、ワープロしたり、インターネット見たりということもできます。
ただし、同期はディスクへのコピー(ディスクの読み書き)なので、リカバリ中にディスクアクセスを伴う処理を行うとパフォーマンスが落ちる可能性があります。

リカバリが完了すれば、「シンク中」という状態に戻ります。
これで、新しいディスクが RAID のメンバーになり、正常に復旧したことになります。




RAID といえば難しいイメージですが、実際に操作してみると、それほど難しくありません。
Ubuntu 9.10 では、復旧も GUI でほとんどできてしまいますしね。
(さすがにディスクの交換は手作業ですけどね。。。)


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。