アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 での初期設定
新しく OS を入れると、最低限の設定はしておかないといけませんからね。。。

これから作業する上で、諸々設定した内容のメモです。

・固定IPへの変更
・ネームリゾルバの設定(やらなかった)
・hostsへの追加
・パッケージの更新
・SSHの接続
・vim インストール


【固定IPへの変更】
SSH接続や仮想マシン間でのやりとりなどを行うので、IP は固定しておきたいですので。

まずは固定IPへの変更します。
Ubuntu 9.04 は GUI でできたけど、9.10 は GUI では変更できないみたい。。。
(GUI はどうやって変更するのか、よく分からなかった)

GUI の方が画面コピーとかがあって分かりやすいのですけどね。。。
まあ、「interfaces」で固定IPに設定してみましょう。

「vi」でネットワークの設定ファイルである、「/etc/network/interfaces」を編集します。

$ sudo cp -p /etc/network/interfaces /etc/network/interfaces_backup
$ sudo vi /etc/network/interfaces


編集内容は下記です。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
address xxx.xxx.xxx.xxx
netmask xxx.xxx.xxx.xxx
gateway xxx.xxx.xxx.xxx

#iface eth0 inet dhcp

「lo」はループバックアドレスの設定なので、デフォルトのままにしておきます。
「eth0」を変更します。
 「auto」はシステム起動時に有効にするという意味です。
 「iface <インターフェイス名>(ここではeth0) inet ○○」で固定IP、DHCPを指定します。
 固定IPの場合は○○を「static」、DHCPは「dhcp」を指定します。

あとは「address」、「netmask」、「gateway」の記述をしておきます。

「$ pgrep -lf dhc」で何も出てこなかったので、DHCP クライアントとかも動いていないようで、これで固定の IP になることでしょう。

DHCPクライアントはデフォルトでインストールされているので、動いていると勝手に IP を変更(自動で IP を割り当ててくれて便利ですけどね)してくれるやっかいなもの??だったりします。

$ sudo apt-get -s install dhcp3-client
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
dhcp3-client はすでに最新バージョンです。


ここで、「reboot」して、OS 起動時に自動で固定 IP になるのか確認していてもいいでしょう。

【ネームリゾルバの設定(やらなかった)】
「/etc/resolve.conf」はデフォルトではファイル自体が無いようですね。。。
仮想マシン同士の名前解決は「/etc/hosts」で行ってるので、現時点不要だったりします。
今は作らないことにします。
必要になったら、追加するかもしれません。

【hostsへの追加】
「/etc/hosts」へIPアドレスとホスト名を記述しておきます。


【パッケージの更新】
とりあえず、パッケージは最新にしておきましょう。
9.10 はリリースされて日が浅いですから、大きなバグフィックス、パッチがあるかもしれません。

中にはカーネルに関わる部分も更新される可能性があるため、この時点で一度、「reboot」しておきます。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get upgrade

~ 略 ~

$ sudo reboot

~ 略 ~


【SSHの接続】
作業のほとんどは SSH 接続で行っているので、SSH が使えないと不便です。。。
鍵で接続できるように「sshd_config」を設定します。


$ sudo cp -p /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config_backup
$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config


以下が今回の変更箇所。
鍵での認証のみ可能で、パスワードでの認証はできないように設定します。


# PermitRootLogin yes
→「PermitRootLogin no」へ変更

PubkeyAuthentication yes
そのまま

PermitEmptyPasswords no
そのまま

#PasswordAuthentication yes
→「PasswordAuthentication no」へ変更

UsePAM yes
→「UsePAM no」へ変更


で、後は、公開鍵を「~/.ssh/authorized_keys」として保存し、パーミッションを変更しておきます。


$ cd ~/.ssh
$ chmod 600 authorized_keys


「sshd_config」を変更しているので、変更を反映させるため、「sshd」を再起動します。

$ sudo /etc/init.d/ssh restart
* Restarting OpenBSD Secure Shell server sshd [ OK ]


これで、ssh 接続できるようになりました。


【vim インストール】
好みの問題ですが、標準の「vi」が使いにくいので、vim をインストールしておきます。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install vim

~ 略 ~





とりあえず、こんなもんでしょう。
あとはぼちぼちと進めていきます。

コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。