アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 デスクトップでソフトウェア RAID 構成を利用してみる。で、Ubuntu 上に RAID を構成してみました。

バージョン等で使用できない場合もありますが、Windows でも、ソフトウェア RAID 機能はあります。

では、「Windows 7 Enterprise 評価版」でソフトウェア RAID を設定してみます。






全てのディスクを RAID 構成できればいいのですが、残念ながら、ソフトウェア RAID は OS の機能であるため、OS 起動の領域は RAID にできません。。。

ですので、ディスクを追加し、OS 部分とは別領域を RAID 構成にします。

【仮想マシンの設定】
40GB の仮想ディスクを2玉追加し、追加したディスクで、RAID-1(ミラーボリューム)を形成させます。
他の RAID 構成は読み替えれば、できることでしょう。

win7raid_20091219_001.jpg

【RAID 構成の作成】
Windows 7 の仮想マシンを起動します。

デスクトップ上の「コンピュータ」を右クリックし、表示されるメニューより「管理」を選択します。
win7raid_20091219_002.jpg

「コンピュータの管理」が表示されるので、「ディスクの管理」を選択します。
win7raid_20091219_003.jpg

追加したディスクを選択し、右クリックで表示されるメニューから「ディスクの初期化」を選択します。
win7raid_20091219_004.jpg

今回追加したディスク(今回は2玉追加)にチェックをつけ、「OK」をクリックします。
win7raid_20091219_005.jpg

これで初期化されます。
初期化したディスクが「オンライン」となっていることを確認します。
win7raid_20091219_006.jpg

追加したディスク(RAID を構成させるディスク)を選択し、右クリックし、表示されるメニューから、「新しいミラーボリューム」(今回はミラー、他の RAID 構成の場合は読み替えて下さい)を選択します。
win7raid_20091219_007.jpg

今回はミラーボリューム(RAID-1)構成としますが、他の構成も可能です。
スパン、ストライプに関しては下記の図のような意味になります。
win7raid_20091219_008.jpg

ミラーボリューム構成ウィザードが起動するので、「次へ」をクリックします。
win7raid_20091219_009.jpg

「選択されたディスク」にミラーを構成するディスクを設定し、「次へ」をクリックします。
win7raid_20091219_010.jpg

割り当てるドライブレターを設定し、「次へ」をクリックします。
win7raid_20091219_011.jpg

ボリュームのフォーマットを設定し、「次へ」をクリックします。
win7raid_20091219_013.jpg

「完了」をクリックします。
win7raid_20091219_013.jpg

ダイナミックディスクの注意が表示されるので、確認して下さい。
問題なければ「はい」をクリックします。
「はい」をクリックすると、ミラーボリュームの作成が開始されます。
win7raid_20091219_014.jpg

これで、ミラーボリュームの作成は完了です。
ミラーボリュームが作成されているのか確認して下さい。
win7raid_20091219_015.jpg


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。