アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年06月
≪05月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    07月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休みに入り、久しぶりに料理を作ってると。。。



お湯に指を突っ込み、火傷してしまいました。。。><;
右手の人差指と中指水ぶくれが。。。

キーボード入力どころか、マウスもうまく操作できない。。。

閑話休題。

そーいえば、VMware 上の Ubuntu 君に VMware Toolsを入れてなかったりしてました。
入れとかないといけませんね。


ちなみに、VMware Tools のヘルプは「ヘルプ」-「ゲスト OS のインストールガイド」に出てます。
デストリビューション毎の明確な手順ではありませんが、Ubuntu として読み替えなければいけませんが、十分参考になります。

このヘルプ、他にもいろいろ出ているので、結構役に立ちます。

【インストール】
まずは、仮想マシンである、Ubuntu 9.10 を起動し、ログインします。
「VMware Player」のメニューバーより、「VM」-「VMware Tools のインストール」を選択します。

「VMware Tools のセットアッププログラム」はCD-ROMとして提供されます。

Ubuntu 9.10 は CD-ROM が自動的にマウントされるので、「VM」-「VMware Tools のインストール」がマウントされます。

後はターミナルを起動して、以下のコマンドを実行します。

<「/tmp」へ移動>
$ cd /tmp

<tar.gz ファイルを展開>
$ tar zxvf /media/cdrom0/VMwareTools-8.1.3-203739.tar.gz

<展開されたディレクトリ(vmware-tools-distrib)へ移動>
$ cd vmware-tools-distrib/

<VMware Tools インストールスクリプトの実行>
$ sudo ./vmware-install.pl

※VMware Tools の設定を応答入力します。
 デフォルトで問題なければ、「Enter」を入力します。

<ホームディレクトリへ移動>
$ cd ~

<tar.gz ファイル、展開されたディレクトリを削除(もう使わないので)>
$ rm /tmp/VMwareTools-8.1.3-203739.tar.gz
rm: 書き込み保護された 通常ファイル `VMwareTools-8.1.3-203739.tar.gz' を削除しますか?(yes/no) y
$ rm -rf vmware-tools-distrib






VirtualBox の追加機能(Guest Additions)と違い、いろいろパラメータを設定できます。
特にデフォルトから変更する必要はないですけどね。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。