アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 で DOSBox を使ってみる。
「DOSBox」は MS-DOS のエミュレータです。
「DOSBox」を使用すれば、Ubuntu 上で DOS を楽しむことができますww

今は昔となった DOS ゲームも「DOSBox」を使えば楽しむことができますね。
(全ての DOS ゲームが動作するかどうかは、不明ですけど。。。)

さっそく、Ubuntu 君にセットアップしてみましょう。


※ MS-DOS アプリケーションのライセンスは、各アプリケーションのライセンス条項に従って使用して下さい。
 全ての MS-DOS アプリケーションの動作検証をしているわけではありませんので、各アプリケーションの起動、操作は自己責任でお願いします。



【インストール】
「DOSBox」はパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install dosbox
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libsdl-net1.2 libsdl-sound1.2
以下のパッケージが新たにインストールされます:
dosbox libsdl-net1.2 libsdl-sound1.2
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 4 個。
941kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 2,863kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe libsdl-net1.2 1.2.7-2 [11.5kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe libsdl-sound1.2 1.0.3-3build1 [105kB]
取得:3 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe dosbox 0.73-0ubuntu1 [825kB]
941kB を 2s で取得しました (342kB/s)
未選択パッケージ libsdl-net1.2 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 179292 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../libsdl-net1.2_1.2.7-2_i386.deb から) libsdl-net1.2 を展開しています...
未選択パッケージ libsdl-sound1.2 を選択しています。
(.../libsdl-sound1.2_1.0.3-3build1_i386.deb から) libsdl-sound1.2 を展開しています...
未選択パッケージ dosbox を選択しています。
(.../dosbox_0.73-0ubuntu1_i386.deb から) dosbox を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
libsdl-net1.2 (1.2.7-2) を設定しています ...

libsdl-sound1.2 (1.0.3-3build1) を設定しています ...

dosbox (0.73-0ubuntu1) を設定しています ...

libc-bin のトリガを処理しています ...
ldconfig deferred processing now taking place

これで、インストールは完了です。
インストール時にメニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「ゲーム」-「DOSBox Emulator」で起動します。

【使い方】
起動すると、DOS プロンプトの画面が表示されます。
dosbox_20100107_101.jpg

「DOSBox」上は英語キーボードになるため、日本語対応のキーボードとキー配列が違います。
まずは、「Ctrl」+「F1」で、キーマップを確認しておきましょう。
dosbox_20100107_102.jpg
実際のキー入力と「DOSBox」上のキーイベントの関連も変更できるようです。
(よく分からなかったので、キーマップはデフォルトで使ってます。。。)

この画面は、マウス操作ができます。
変更したいキーをマウスでクリックすれば、キーを変更できるようです。
キーマップを変更したら、変更を「SAVE」をクリックで保存できるのでしょうね。。。
「EXIT」をクリックすれば、元の DOS プロンプト画面へ戻ります。

キーマップに関しては Keymapper-DOSBoxWiki(http://www.dosbox.com/wiki/Keymapper)で詳細を確認できます。


「DOSBox」は DOS 環境をエミュレートしているだけで、アプリケーションは入っていません。
このままではゲームも何もできません。。。
ですので、「mount <DOSBox上のドライブレター> <マウントしたいローカルマシンのディレクトリ>」でゲームなどの DOS アプリケーション(~.exe)が保存されたディレクトリをマウントする必要があります。

例えば、ローカルマシン(Ubuntu 9.10 本体)の「/tmp」ディレクトリを「DOSBox」上の「c」ドライブへマウントするのであれば、「DOSBox」上で「mount c /tmp/」を実行します。

正常にマウントされれば、マウントしたドライブレターを指定して移動します。
例えば、「DOSBox」上の「C ドライブ」へ移動したい場合は、「c:」を実行します。
プロンプトの先頭にカレントのドライブレターやディレクトリが表示されるので、移動の結果を確認できます。


>mount c /tmp/
Drive C is mounted as local directory /tmp/

>c:

※「:」(コロン)は「Shift」+「;」(セミコロン)を入力します。
dosbox_20100107_103.jpg

あとは、「cd」でディレクトリを移動し、実行したいアプリケーションを動かします。
各アプリケーションの起動方法、操作方法は、それぞれのマニュアルやヘルプに従って下さい。



試しに、フリーの「MARIO」を動かしてみましたww
う~ん、マリオというより、「バカ○ンのパパ」っぽいけど。。。
dosbox_20100107_001.jpg

スピードは微妙ですが、動きますww

スピードが気になるようであれば、
 ・「Ctrl」+「F7」:フレームスキップを減らす
 ・「Ctrl」+「F8」:フレームスキップを増やす
 ・「Ctrl」+「F11」:CPU サイクルの低速化(エミュレーションの低速化)
 ・「Ctrl」+「F12」:CPU サイクルの高速化(エミュレーションの高速化)
で、調整できます。





古き良き時代??の MS-DOS 。。。
「DOSBox」で MS-DOS というアプリケーション資産を利用してみるのもいいですねww

うちの Ubuntu 君は VMware Player の仮想マシンですが、サウンドを除けば、そこそこ動いてくれます。
もちろん、アプリケーションによりけりですが。。。
(仮想マシンのそのまた上にエミュレーションという、無茶な使い方してます。。。><;)
実機では、よりスムーズに動くでしょうね。

ただし、CPU 不可は非常に高いです。。。
うちの環境は「DOSBox」を起動させているだけで、Load Average は 3.3 ~ 3.6 くらいになります。

「DOSBox」のパフォーマンスが気になるのでしたら、System Requirements-DOSBoxWiki(http://www.dosbox.com/wiki/System_Requirements)で確認しておきましょう。


【DOSBox】
DOSBox:http://www.dosbox.com/
DOSBoxWiki:http://www.dosbox.com/wiki/Main_Page
Basic Setup and Installation of DosBox:http://www.dosbox.com/wiki/Basic_Setup_and_Installation_of_DosBox



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。