アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu9.10をLVM化&ディスク拡張してみる。(その1)の続きです。



○「/dev/sdb1」と「/dev/sdd1」(LogVol00)の RAID 復帰
これで「/dev/sdb1」「/dev/sdd1」とは LVM に変更でき、論理ボリューム「LogVol00」ができましたww
後は、「LogVol00」を元の RAID へ復帰させます。
復帰と同時にディスクの同期(復帰直後、「LogVol00」は空っぽなので、「LogVol00」への書き込み)が始まります。
終了するまで、しばらく待ちましょう。

lvm_20100119_003.jpg


○「/dev/sdc1」と「/dev/sde1」の LVM 化
同様に「/dev/sdc1」を切り離して、「/dev/sdc1」と「/dev/sde1」からボリュームグループ「VolGroup01」、「LogVol01」を作成し、RAID へ復帰させます。
lvm_20100119_004.jpg

これで、同期が完了すれば、LVM の構成ディスク(論理ボリューム)が RAID 構成ディスクとなって、正常に稼動している状態になります。


○RAID 領域の拡張
さて、この状態だと RAID を構成しているディスク(論理ボリューム)は30GB(もともと20GBで10GB追加してLVM化したので30GB)ですが、RAID 自身が認識しているのは20GBとなります。
なので、RAID の領域自体も拡張してあげる必要があります。

とりあえず、30GBへ拡張してあげてみます。
実際には、RAID の特殊な管理領域で128KB必要なので、128KBを引いた領域にしておきます。
(本来はもっと正確に RAID 容量を計算しないといけませんけどね。。。)

$ sudo mdadm --grow /dev/md0 -z $((30000000 - 128))
$ sudo e2fsck -f /dev/md0
e2fsck 1.41.9 (22-Aug-2009)
/dev/md0 is mounted.

WARNING!!! Running e2fsck on a mounted filesystem may cause
SEVERE filesystem damage.

Do you really want to continue (y/n)? yes


Pass 1: Checking iノードs, blocks, and sizes
Pass 2: Checking ディレクトリ structure
Pass 3: Checking ディレクトリ connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking グループ summary information
/dev/md0: 256183/1310720 files (0.2% non-contiguous), 1484716/5241168 blocks

$ sudo resize2fs /dev/md0
resize2fs 1.41.9 (22-Aug-2009)
Filesystem at /dev/md0 is mounted on /; on-line resizing required
old desc_blocks = 2, new_desc_blocks = 2
Performing an on-line resize of /dev/md0 to 7500134 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/md0 is now 7500134 blocks long.

これで、RAID 領域が拡張されているはずです。
ディスク・ユーティリティを確認すると。。。
lvm_20100119_005.jpg
微妙にディスクサイズが違うけど、RAID 領域が 20GB から 30GB へ拡張されていますねww

念のため、df で確認してみてます。

$ df
ファイルシステム 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/md0 29529580 5609784 22420224 21% /

~ 略 ~


29GB(30GB)になってるので、OKですねww

後は、OS 再起動やディスクを切り離したりして、OS起動、縮退などの動作検証して、問題ないことを確認しておきましょう。





今回は拡張の検証なので、RAID-1 領域の正確なディスクサイズを指定していませんが、本来はきちんとしないといけません。
(適当な人間なので、ご勘弁を。。。)
とはいえ、オンライン稼働状態で「/」(ルートパーティション)に変更をかけれたので、成功としましょうww

LVM に RAID-1。。。デスクトップ環境の Ubuntu 9.10君にはちょっと贅沢かもしれませんね。。。

結構無茶なことをしてますので、よい子のみんさんは、稼働中のシステムのディスクフォーマットを変えるようなマネしないようにして下さい。。。。
(ちなみに、ここまでたどり着くまでに、いろいろ問題が発生して、2回システムリストアしました。。。><;)


最後に、今回の変更内容を図でおさらいしておきましょう。
lvm_20100119_006.jpg



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。