アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 で Xabacus を使ってみる。
「Xabacus」は古代計算機のシュミレータです。

古代計算機って、分かりやすく言うと、「そろばん」(abacus)ですww
「ごわさんで願いましては。。。」のそろばんです。


そろばんを学校で習ったのは、小学校の低学年だったでしょうか。。。
授業のため、先生が教材の「でっかい、重いそろばん」を教室へ運んでいたのを思い出しますww

「Xabacus」はパソコン上にそろばんをシュミレートしてくれるので、教材の「でっかい、重いそろばん」を運ばなくてすみますねww
授業なんかで使ってみるのも、面白いかもしれません。


【インストール】
Ubuntu 9.10 ではパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install xabacus
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
xabacus
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 4 個。
87.6kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 332kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe xabacus 7.1.7-1 [87.6kB]
87.6kB を 0s で取得しました (173kB/s)
未選択パッケージ xabacus を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 223311 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../xabacus_7.1.7-1_i386.deb から) xabacus を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
doc-base のトリガを処理しています ...
Processing 1 added doc-base file(s)...
Registering documents with scrollkeeper...
menu のトリガを処理しています ...
xabacus (7.1.7-1) を設定しています ...

menu のトリガを処理しています ...

これでインストールは完了です。
インストール時にメニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「アクセサリ」-「Xabacus」で起動します。

デフォルト登録のメニュー起動(起動コマンド:xabacus)だと、中国のそろばん(天2珠・地5珠)になります。
ですので、メニューの起動コマンドを「xabacus -japanese」に変更すれば、日本の一般的なそろばん(天1珠・地4珠)で起動してくれます。

xabacus_20100120_001.jpg



【使い方】
マウスでそろばんの「珠」をはじくだけです。
ウィンドウの大きさは自由に変更できるので、使いやすい大きさで使用できます。

キーボードショートカットもあり、例えば、
「c」がクリア、「i」が桁数を増やす、「d」が桁数を減らす、「f」で各国モードの変更
などです
ショートカットの詳細は「man」の抜粋を下記に記載しておきます。

<ショートカット一覧>
Click "mouse-left" button on a bead you want to move. The beads will shift themselves to vacate the column that was clicked.

Click "mouse-right" button, or press "C" or "c" keys, to clear the abacus.

Press "O" or "o" keys to toggle the demo mode.

Press "I" or "i" keys to increment the number of rails.

Press "D" or "d" keys to decrement the number of rails.

Press "F" or "f" keys to switch between Chinese, Japanese, Korean, Roman, and Russian formats.

Press "M" or "m" keys to toggle Roman Numerals.

Press "S" or "s" keys to toggle the availability of a sign bead.

Press "U" or "u" keys to toggle the availability of quarter beads. (Mutually exclusive to twelfth beads). Intended for Russian Abacus.

Press "P" or "p" keys to toggle the availability of quarter percent beads. Intended for the older Russian Abacus.

Press "T" or "t" keys to toggle the availability of twelfth beads. (Mutually exclusive to quarter beads). Intended for the Roman Abacus.

Press "A" or "a" keys to toggle the availability of anomaly bars. (Mutually exclusive to watch bars).

Press "W" or "w" keys to toggle the availability of watch bars. (Mutually exclusive to anomaly bars).

Press ">" or "." keys to speed up the movement of beads.

Press "<" or "," keys to slow down the movement of beads.

Press "@" key to toggle the sound.

Press "Esc" key to hide program.

Press "Q", "q", or "CTRL-C" keys to kill program.





「そろばん」って、中国が発祥で東アジアでしか、使用されていないものだと思ってました。
(三国志関連の書籍でそろばんに関する記述を見たような。。。もちろん、内容は忘れてます。。。><;)

でも、この「Xabacus」には「ローマ版」や「ロシア版」も選択できるようになってます。
ということは、「ローマ版」は古代ローマ帝国かその前の古代ギリシャのことでしょうし、そんな昔からそろばんがあったってことでしょうねww

まあ、ローマ帝国の五賢帝時代(中国では後漢時代)に、ローマの使節団が中国来てるので、ローマと中国で交流はあったんだし、そろばんの交流もあったのかもしれませんね。
(歴史のミステリー、このあたりは適当な推測ww)


【X Abacus】
URL:http://www.tux.org/~bagleyd/abacus.html
xabacus.README:http://www.tux.org/~bagleyd/abacus/xabacus.README

サイトには、Windows 用のソースとバイナリ(C/C++ Source Code and Binary for Windows)もあるようです。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。