アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年11月
≪10月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    12月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google 社にて独自開発が行われている、「Chrome OS」。
「Chrome OS」はGoogle 社にて開発された Web ブラウザ「Google Chrome」をフロントエンドとして利用する OS です。
「Chrome OS」は、Ubuntu 上で開発オープンソース(Chromium OS)されており、開発途中ではありますが、誰でも利用することができます。
(面倒なので、オープンソース版の「Chromium OS」も「Chrome OS」で統一表現しておきます。。。)

イメージとしては、「Google Chrome というブラウザがフルスクリーンで表示されて、そのブラウザの中でアプリケーションを扱う」といったところですね。。。


ソースからのビルドに関しては、
 LinuxBuildInstructionsPrerequisites(http://code.google.com/p/chromium/wiki/LinuxBuildInstructionsPrerequisites)
 Build Instructions(http://dev.chromium.org/chromium-os/building-chromium-os/build-instructions)
に方法が公開されていますが、手間がかかりそうですね。
流し読みしかしてませんが、ホントにこれだけでビルドできるの??ってところ。。。

なので、今回はお手軽に利用できる、ダウンロード可能な VMware 用、VirtualBox 用の仮想 HDD イメージを利用します。


注意:「Chrome OS」は現時点、開発段階のため、頻繁にフリーズします。。。




まずは、仮想 HDD のイメージファイルをダウンロードします。

ユーザ登録が必要ですが、Download Chrome OS VMWare image(http://discuss.gdgt.com/google/chrome-os/general/Download-Chrome-OS-VMWare-image/)からダウンロードできます。

ZIP 圧縮形式で提供されていますので、解凍します。
「chrome-os-0.4.22.8-gdgt.vmdk」が仮想 HDD になります。

vmdk は VMware の仮想 HDD ですが、VirtualBox は vmdkも利用できるので、VirtualBox でも利用できるでしょう。
使えなかったら、NHC という、仮想 HDD 変換ツールで変換をかければ使えるかと。
(変換方法はVirtualBox の Windows XP を VMware Player へ移行してみる。を参考にして下さい)

ここでは、「VMware Player」上で「Chrome OS」を稼動させてみます。

「VMware Player」で仮想マシンを作成します。
(仮想マシンの新規作成は「VMware Player」3 以降でないとできません。。。)

「VMware Player」で仮想マシンを作成すると、空の仮想 HDD がもれなくプレゼントされます。。。
この空の仮想 HDD はいらないので削除し、ダウンロードした「chrome-os-0.4.22.8-gdgt.vmdk」を仮想 HDD として追加しておきます。

これで仮想マシンを起動します。

起動は。。。。
  速いww



うちの環境ですが、12,3秒で、ログイン画面が表示されます。
chromium_20100708_001.jpg


「Chrome OS」へのログインは「gmail」のアカウントで行います。
「@gmail.com」は自動で補完してくれるので、「@」より前だけ入力し、「Tab」でパスワードへ移動させると楽です。


まずは、タイムゾーンを日本にしておきましょうね。
右上の時刻が表示部分をクリックし、「Open date and time options」をクリックします。
chromium_20100708_002.jpg

Timezone を 「GMT+09:00」(日本はグリニッジ標準時間より+9時間)に設定しておきます。
ちなみに、OS を再起動しないと、Timezone を変えても反映されなかったりする場合があります。。。
(「Chrome OS」はタイムゾーンの反映は、OS 再起動が必要な場合があるようで。。。仕様なのか、不具合なのかよく分からない。。。)


アプリケーションの起動は左上にある「Chrome OS」のマークのタブを選択して行います。
chromium_20100708_004.jpg

Web OS なので、アプリケーションといっても、基本的には Web へのブックマークです。





起動が12,3秒というのは、驚きの速さですww
起動だけでなく、停止も速いですww
コレくらいの速さになると、多少フリーズしても許せるかもしれませんね。

う~ん、Ubuntu もこれくらい起動が速いとすばらしいんですけどね。


現時点では、お世辞にも「使える OS 」と評価することはできませんが、これから機能改善などが行われるでしょうし、今後に期待することにします。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。