アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年06月
≪05月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    07月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 で mtPaint を使ってみる。
Ubuntu 9.10 では「PrintScreen」キーでスクリーンショット(画面コピー)がとれて便利ですね。

ですが、、その画像を加工するときには、「クリップボード」へコピーして、画像編集ソフトを立ち上げて。。。
などと、ちょっと面倒ですね。

スクリーンショットをすぐに画像編集ソフトで開くことができれば、より便利になるでしょう。

「mtPaint」はスクリーンショットをとって、そのまま編集できる便利な画像編集ソフトです。
画像の編集機能は豊富ではないけど、ちょっとした画像の編集には役に立ちます。

例えば、作業記録を残すときに、スクリーンショットがあれば、より分かりやすくなりますが、作業記録用のスクリーンショットにそれほど手間はかけたくなかったりします。
そんな作業記録を残す時に、「mtPaint」は役に立ってくれますww


では、簡単にスクリーンショットを「mtPaint」で編集できるようにショートカットなどを追加して、Ubuntu 君を便利な環境にしてみましょう。



【 mtPaint のインストール】
まずは、「mtPaint」をインストールします。
「mtPaint」はパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install mtpaint
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
mtpaint
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
673kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,868kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe mtpaint 3.31-1 [673kB]
673kB を 2s で取得しました (332kB/s)
未選択パッケージ mtpaint を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 253474 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../mtpaint_3.31-1_i386.deb から) mtpaint を展開しています...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
mtpaint (3.31-1) を設定しています ...

menu のトリガを処理しています ...

これでインストールは完了です。
「mtPaint」を単体で起動するには、Gonme の場合、「アプリケーション」-「グラフィックス」-「mtPaint graphic editor」で起動します。


【ショートカットの作成】
「mtPaint」でスクリーンショットをとって、「mtPaint」でそのスクリーンショットを開くには「-s」オプションを使用します。

ですので、「mtpaint -s &」(「&」はバックグラウンド実行)をショートカットに割り当てれば、「スクリーンショット採取」 + 「mtPaint 起動」を一つのショートカットキーで行うことができます。

Ubuntu 9.10 でショートカットの割り当ては「システム」-「設定」-「キーボード・ショートカット」で行います。
「キーボード・ショートカット」を起動したら、「追加」をクリックし、「名前」に「スクリーンショット(mtPaint)」(名前は任意でかまいません)、「コマンド」に「mtpaint -s &」を入力し、「適用」をクリックします。
mtpaint_20100209_001.jpg


これで、「スクリーンショット(mtPaint)」が独自のショートカットとして、追加登録されます。
ただし、この段階では、ショートカットキーの割り当てが行われていない状態ですので、キーの割り当てを行います。
追加登録した「スクリーンショット(mtPaint)」を選択し、「ショートカット」欄をクリックし、割り当てるショートカットキーを入力(ここでは、「Ctrl」+「PrintScreen」)して登録します。
mtpaint_20100209_002.jpg


これで、「Ctrl」+「PrintScreen」を押下すると、「スクリーンショット」をとって、「mtPaint」が起動します。
mtpaint_20100209_003.jpg

画面全体のスクリーンショットであれば、この状態で保存すれば OK です。


【画像の編集】
「mtPaint」は画面全体をスクリーンショットとして取得するので、特定のウィンドウだけにする場合はトリミングしてあげないといけません。

「mtPaint」でのトリミングは、トリミングを行う範囲を「選択」で指定します。
mtpaint_20100209_004.jpg

「選択」した範囲は赤い点線で表示されます。
何度でも修正ができるので、細かい範囲を指定するのも楽にできるでしょう。
mtpaint_20100209_005.jpg

選択範囲を指定できれば、「mtPaint」のメニューバーより、「イメージ」-「トリミング」でトリミングを実行します。
トリミングを実行すれば、選択範囲で指定した必要な部分のみにしぼることができます。
(下図は分かりやすいように、表示を「50%」にしてます)
mtpaint_20100209_006.jpg


他にも画像の加工が必要でしたら、任意で行いましょう。

画像の編集が完了したら、メニューバーの「ファイル」-「保存」で任意に保存して下さい。

「mtPaint」で不十分な画像編集であれば、一度保存して、別の画像エディタで編集すればいいでしょうね。



【 Easystroke との連携】
「Easystroke」を利用して、マウスジェスチャーとスクリーンショットを連携させるのもいいでしょうね。
「Easystroke」のインストール、基本的な使い方は、Ubuntu 9.10 で Easystroke を使ってみる。を参照して下さい。

上記の「キーボード・ショートカット」を登録しているとして、マウスジェスチャーの「S」(スクリーンショットの「S」)と「Ctrl」+「PrintScreen」を関連付けさせてみました。
(もちろん、コマンドで「mtpaint -s &」と関連付けしてもいいですよ)
mtpaint_20100209_007.jpg

これで、マウスで「S」の字を描くと、スクリーンショットをとってくれますww





基本的には「mtpaint -s &」のコマンドだけ利用するだけです。
他にもランチャに登録したり、メニューに登録したり、いろいろ登録できるでしょう。


使いやすい、使いにくいは個人によって違います。
ご自分の使いやすい方法(ランチャ、ショートカットなど)で登録しておけば、便利になるでしょうね。


また、時間差でスクリーンショットをとるのであれば、「sleep」を利用して、「sleep 5; mtpaint -s &」などとすれば、「5秒後にスクリーンショットをとって、mtPaintを起動」するということも可能です。
時間差を用いれば、スクリーンショットに不要なアプリケーションを閉じるなどの作業もできます。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。