アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年10月
≪09月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    11月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hiro君のブログでお仕事場備忘録があり、面白かったので、マネしてみました。
ある程度(すごく??)マニアックな話ですので、ご了承下さい。

注)
MSCS(Microsoft クラスタ サービス)でのお話です。
サーバクラスタ(複数のサーバで構成する独立したサーバの集合、ある構成メンバ(サーバ)に障害が発生した場合、他のサーバが処理(サービス)を引き継いでくれる)では外部ディスク(サーバマシンの外部に配置されたディスク)を使用します。
※ディスクミラーという手法もありますが、外部ディスク構成でのお話です。

では、なぜ外部ディスクを使用するのでしょうか?
クラスタ構成メンバに障害が発生した場合、他の構成メンバに処理を引き継ぐ、つまり、データを引き継ぐ必要があります。
ローカルディスク(サーバ内部のディスク)のみの構成では、構成メンバの障害(ダウン)することで、ローカルディスクが使用できなくなるため、データを引き継ぐことが出来なくなってしまいます。
このため、外部ディスクのデータを複数の構成メンバで共有できるようにし、処理(データ)を引き継げるようにしておきます。
(う~ん、ここまでで十分マニアックですね...)

外部ディスクをサーバからマウント(サーバからアクセスできるよう接続)するのはクラスタリソース(クラスタ上で動くサービスみたいなもの)で行うのですが、困ったことにそのままでは、他のマシンからネットワークアクセスできません。
(まあ、セキュリティを考えれば、アクセスできてしまうと問題ですけどね...)

Windowsでのネットワーク共有(エクスプローラなどの共有とセキュリティでの設定)で一時的にネットワーク共有はできるのですが、外部ディスクのアンマウント(サーバからのディスク切断)で共有の設定がなくなってしまいます。
(アンマウントしない運用・設計であれば、それでもOKですけど、障害や他の要因で切断するのでそんな運用・設計はありえない)

で、調べてみると、ディスクを共有するクラスタリソースなんてものが用意されてましたw
一般的に共有にはディスク共有のクラスタリソースを使うようです。
マウントされている対象の外部ディスク自身や仮想ノード名と依存関係を結んでおく必要があるくらい(簡単とはいえ、設計はきちんとしましょうねw)で、MSCSから「クラスタリソースの追加」-「ディスク共有」てな感じで簡単に設定できてしまいます。

いやー、便利な世の中になったものですwwww(謎
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。