アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンピュータのハードウェアは日々進化してますね。
HDD もその例外でなく、容量が大きくなってきています。

新しい PC へ代える時、古い PC の HDD を再利用することもあるでしょうが、一昔前の HDD では中途半端な容量で「帯に短し襷に長し」ということもあるでしょう。
例えば、「/home」にマウントさせるには、少し多いし、かといって「/」へマウントさせると、アプリケーションをインストールしていけば、今後容量が不足してくるかもしれないし。。。なんてこともあるでしょうね。


こんなときには、LVM(Logical Volume Manager:論理ボリューム管理)を利用するといいかもしれません。

LVM は、1つ以上の物理的なハードディスクを VG(Volume Group)としてまとめることができ、その VG から自由なサイズで LV(Logical Volume:論理ボリューム)を切り出して利用(OS 上でマウント)することができます。

例えば、10GB のディスク 2玉があったとします。
LVM を利用しなければ、10GB を「/」(ルート)へマウントし、残りの 10GB を「/home」や「/var」へマウントすることでしょう。
つまり、1つのマウントポイントへマウントできるのは、1つの物理的なディスク容量を超えることができません。

しかし、LVM を利用すれば、2玉分の 20GB を「/」(ルート)などにマウントすることができてしまいます。

LVM はちょっとややこしいですけど、使うと便利な機能です。


※LVM は高度なディスク操作になります。
 不明点などはシステム管理者に確認し、自己責任で行うようお願いいたします。




今回は、Ubuntu 9.10 を利用し、インストール時に、OS で使用するディスクを全て LVM にします。


使用する物理ディスクの構成は
 ・sda...5GB
 ・sdb...5GB
 ・sdc...5GB
の3玉を使用します。

この3玉、15GB でボリュームグループ「VG01」を構成させます。

ボリュームグループ「VG01」から、
 ・論理ボリューム「LV01」として、「/boot」に200MB
 ・論理ボリューム「LV02」として、スワップ領域に2GB
 ・論理ボリューム「LV03」として、「/」(ルート)に13GB
に割り当てる構成でインストールします。

alterlvm_20100214_000.jpg


物理的なハードをそろえるのは手間、費用がかかります。
ですので、VMware Player の仮想マシンを利用します。


では、上記の構成で、Ubuntu 9.10 をインストールしてみましょう。

【インストール】
Ubuntu 9.10 の日本語 Remix ではインストール時に LVM を構成できないようです。
ですので、 Alternate 版(Ubuntu 9.10 (Karmic Koala)のリリースサイト(http://releases.ubuntu.com/karmic/)よりダウンロード可能)を利用します。


Altenate 版の CD(ubuntu-9.10-alternate-i386.iso)で起動します。
今回は LVM 構築に関してですので、ディスク割り当て以外のインストール手順は割愛します。

「ディスクのパーティショニング」の画面が表示されたら、「手動」を選択し、「Enter」を押下します。
alterlvm_20100214_001.jpg

LVM 化するディスク(今回は3玉全てを LVM 化)を選択し、「Enter」を欧化します。
alterlvm_20100214_002.jpg

「確認メッセージ」が表示されるので、「はい」を選択し、「Enter」を押下します。
alterlvm_20100214_003.jpg

これで、「sda」に基本領域が作成されます。
同様に「sdb」、「sdc」にも基本領域を作成しておきます。

LVM 化する全てのディスクに基本領域が作成できたら、「論理ボリュームマネージャの設定」を選択し、「Enter」を押下します。
alterlvm_20100214_004.jpg

「LVM 設定の確認」が表示されるので、「はい」を選択し、「Enter」を押下します。
alterlvm_20100214_005.jpg





長くなるので、今回はここまで。
続きます。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。