アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年10月
≪09月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    11月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Unix 系 OS では、スケジュール自動実行を行ってくれるユーティリティとして、「cron」があります。
Ubuntu をお使いでしたら、名前くらいは聞いたことがあるかと。。。

この「cron」、非常に便利で強力なユーティリティである反面、スケジュールを設定する方法が独特で、初心者には難しいのが難点です。。。

「cron」の設定は、慣れて、覚えてくださいとしかいえなかったりします。。。
難しいので、個人的には、「cron」の設定の説明などは webmin (WEB ベースでシステムを設定できるユーティリティ、cron も設定可能)を利用するようにしてます。
(webmin に関しては Ubuntu 9.10 で Webmin をセットアップしてみる。を参照して下さい)


「GNOME Schdule」は難しい「cron」や「at」の設定ができる、GUI のフロントエンドです。
GUI ですので、難しいスケジュール設定を視覚的にわかりやすく設定できます。

では、「GNOME Schdule」を使ってみましょう。



【インストール】
「GNOME Schdule」はパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install gnome-schedule
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
gnome-schedule
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1,114kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 2,699kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe gnome-schedule 2.1.0-0ubuntu1 [1,114kB]
1,114kB を 3s で取得しました (339kB/s)
未選択パッケージ gnome-schedule を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 257594 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../gnome-schedule_2.1.0-0ubuntu1_i386.deb から) gnome-schedule を展開しています...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
gnome-schedule (2.1.0-0ubuntu1) を設定しています ...

これでインストールは完了です。
メニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「システムツール」-「Scheduled tasks」で起動します。

g_schdule_20100304_001.jpg



【使い方(スケジュールの登録)】
スケジュールの登録は「新規」をクリックします。

「Add a Scheduled Task」が表示されるので、
 ・繰り返しのスケジュールの場合は「A task that launches recurrently」をクリック
 ・一回だけ実行のスケジュールの場合は「A task that launches one time」をクリック
します。

「A task from a predefined template」は事前登録したテンプレート(インストール時にはテンプレートは無し)から、スケジュールを登録する機能です。

g_schdule_20100304_003.jpg


今回は、「A task that launches recurrently(繰り返しのスケジュール)を登録します。

「Edit a Scheduled Task」が表示されるので、実行するコマンド、スケジュールを登録します。

g_schdule_20100304_002.jpg

Description:任意のタスク名を設定
Command:実行するコマンド(シェルスクリプト化しているのであれば、シェルスクリプトをフルパスで入力)、コマンドの種類を設定
 コマンドの種類は
  ・Default behaviour:通常のコマンド実行
  ・Suppress output:標準出力を伴わないコマンド実行
  ・X application:GUI アプリケーション
  ・X application suppress output:標準出力を伴わないGUI アプリケーション
 から選択します。
g_schdule_20100304_004.jpg


Time & Date:実行する日時を指定
 「Basic」を選択すると、「Every minute」(毎分)、「Every hour」(毎時)、「At reboot」(再起動時)などから選択できます。
 「Advanced」を選択すると、より詳細に日時指定をすることができます。
 各項目に直接入力してもできますし、右の「編集」を利用して設定することも可能です。

コマンドとスケジュールを設定したら、「適用」をクリックします。
これで、スケジュール登録は完了です。

また、「Add as template」をクリックすれば、テンプレートとして保存できますので、よく使用するスケジュールであれば、テンプレート化しておきましょう。



上記の内容で「cron」のスケジュール登録されます。
では、どのような登録になっているのか、「crontab」ユーティリティで確認してみます。

$ crontab -e

0 23 * * * /usr/local/prod/avg_scan.sh # JOB_ID_1

私のような Linux の超初心者には難しすぎて、これだけでは何がなんだか分からない。。。><;


参考までに、「cron」の書式を下記に記載しておきます。

0 23 * * *  <実行するコマンド>
| | | | |
| | | | 実行する曜日
| | | 実行する月
| | 実行する日
| 実行する時間
実行する分

つまり、
 ・曜日は全て(*)、毎曜日に実行
 ・月は全て(*)、毎月に実行
 ・日は全て(*)、毎日に実行
 ・時間は23時(23)に実行
 ・分は0分(0)に実行
という意味になりますので、毎日、23:00に実行というスケジュールです。


「GNOME Schdule」で「Advanced」をクリックすると、スケジュールを「cron」での書式で表示させることもできます。
g_schdule_20100304_005.jpg

「Advanced」で cron の書式が確認できるので、「cron」の書式を勉強するのに役に立つことでしょう。
「cron」は「5分毎」などの時間間隔、「8時から17時の間に毎時」、「8のつく日だけ」なども設定できます。
それぞれ独特な書式(「*/5」、「8-17」、「8,18,28」)になりますので、cron の書式が分からなくなったら、「GNOME Schdule」で確認してみるのもいいでしょうね。


【使い方(スケジュールの削除)】
不要になったスケジュールの削除は、削除したいスケジュールを選択し、「削除」をクリックします。
g_schdule_20100304_006.jpg




【実行ユーザの注意点】
メニューから「GNOME Schdule」を実行する場合、登録されるスケジュールのコマンドは「GNOME Schdule」を起動したユーザ(ログインしたユーザ)で実行されます。

つまり、一般ユーザ(root で デスクトップへログインしていない場合)で実行されますので、「sbin」などのコマンドや一般ユーザに権限の無いディレクトリへのアクセスを行えば、パーミッション違反が発生しますので注意して下さい。

「GNOME Schdule」には実行ユーザを変更する機能がないので、「root」ユーザで実行するスケジュールであれば、「$ sudo gnome-schedule」で「GNOME Schdule」を起動する必要があります。





今回は繰り返しのスケジュール(cron)での説明でしたが、1回だけの実行も同様に設定できます。

「1回だけの実行」であれば、会議前に通知メッセージを出したり、目覚まし時計代わりに利用しても面白いでしょうね。


スケジュール実行したいタスクはあるんだけど、cron はよく分からないし難しそう。。。
なんて場合には、「GNOME Schdule」は強い味方となってくれるでしょうww


【GNOME Schdule】
URL:http://gnome-schedule.sourceforge.net/



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。