アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Linux では、いろいろな圧縮ファイルが存在します。

Windows でよく見かける「.zip」はもちろん、「.tar」や「.tar.gz」なんかも。。。
いろいろな形式が選べるのはいいのですけど、コマンドラインで解凍、圧縮する場合はそれぞれやり方が違ったりするので、覚えるのが結構面倒。。。

私自身もたまに忘れるので、メモとして残しておきます。










まずは、「tar」コマンドで解凍、圧縮を行うものです。
オプションをいろいろ指定しないといけないので、おぼえるのが大変。。。

いろいろオプションがあるとはいえ、パターン化してしまえば、おぼえるのも楽かと。
ですので、私流のパターン化でオプションを説明してみますww
(あくまで、我流のおぼえ方。。。もっと的確なおぼえ方もあるでしょうが、なにぶん我流ということで、つっこまないで下さい)


「tar」はもともとオープンリールなどの磁気テープへのバックアップのコマンドだったのですけど、今では通常ファイルに用いられることが多いですね。

その磁気テープで使っていた頃の名残がの「f」オプションです。
磁気テープは使用しないで、通常ファイル(file)を使いますという意味の「f」です。
通常、磁気テープを扱うことはないでしょうから、「tar」には「f」オプションが必須であると覚えておけばいいですね。

ついでに、「v」オプション。
「v」オプションは解凍、圧縮したファイルを表示するオプションです。
どれだけのファイルが解凍、圧縮したのかが分かるので、「v」オプションはつけることを推奨します。

ですので、「tar」を使うときは「vf」を必ずつけるとおぼえておくといいかと。

次に、圧縮か解凍かをオプションで指定しなければいけません。
圧縮(アーカイブ作成)は「c」、解凍は「x」を使います。

必ずつける「vf」と組み合わせて、
 ・圧縮は「tar cvf」
 ・解凍は「tar xvf」
とおぼえておくといいかと。

この「tar cvf」と「tar xvf」が「tar」の基本になります。

次に圧縮モードの指定オプション。
「gzip」形式には「z」オプション「bzip2」形式には「j」オプションを使用します。

圧縮が関わっている場合には、「tar」の基本である「tar cvf」と「tar xvf」に「z」、「j」をつけて「tar zcvf」、「tar zxvf」、「tar jcvf」、「tar jxvf」を使用します。

このようにパターン化しておくと、少しはおぼえやすいのでは??


では、上記のパターンを元に、各アーカイブの解凍、圧縮をまとめておきます。


○「.tar」形式
 「tar」コマンドで1つのファイルにまとめられただけのファイルで、圧縮はされていません。

 ・解凍・展開
  tar xvf <対象のファイル>

 ・圧縮(アーカイブ作成)
  tar cvf <対象のディレクトリ>


○「.tar.gz」、「.tgz」形式
 「tar」コマンドで1つのファイルにまとめられたものを「gzip」で圧縮したもの。

 ・解凍・展開
  tar zxvf <対象のファイル>

 ・圧縮(アーカイブ作成)
  tar zcvf <対象のディレクトリ>


○「.tar.bz」、「.tar.bz2」、「.tbz」形式
 「tar」コマンドで1つのファイルにまとめられたものを「bzip2」で圧縮したもの。

 ・解凍・展開
  tar jxvf <対象のファイル>

 ・圧縮(アーカイブ作成)
  tar jcvf <対象のディレクトリ>

何度か「tar」を使ってみれば、何となくおぼえていくでしょう。。。
何事も慣れですね。



お次は「gzip」、「zip」形式です。
「gzip」、「zip」は圧縮コマンドで、「zip」の前に「un」をつければ解凍になるとおぼえれば、楽かと。

○「.gz」
「gzip」(GNUzip)形式での圧縮形式のもの。

 ・解凍・展開
  gunzip <対象のファイル>

 ・圧縮(アーカイブ作成)
  gzip <対象のファイル>


○「.zip」
「zip」形式での圧縮形式のもの。

 ・解凍・展開
  unzip <対象のファイル>

 ・圧縮(アーカイブ作成)
  zip <対象のファイル>






よく使うのはこれくらいですね。

プログラムなどのソースは「.tar.gz」、データは「zip」ということが、比較的多いですね。
「.tar」は圧縮されていないので、ダウンロードファイルに使われることは少ないですし、「.tar.bz2」はたまに見かけるかな??というくらいです。

多くみかけるのは、「.tar.gz」と「zip」ですね。
ですので、最低限「.tar.gz」と「zip」の解凍ができれば、事足りることでしょうww


多い少ないは個人的に感じているだけなので、根拠はありません、あしからず。



コメント
この記事へのコメント
tarでの展開について
展開の場合はtarが判別してくれるので、
$ tar xvf *.tar.gz
でも
$ tar xvf *.tar.bz
でOKですよ。
2010/03/11(木) 22:58 | URL | nimu #-[編集]
Re: tarでの展開について
nimu さん

教えていただきありがとうございます。
tar は賢いですから、仰るとおり自動で判別してくれますね。


私の場合は頭が悪いので、記事に書いているようなパターン化したおぼえ方してます。。。

2010/03/11(木) 23:23 | URL | ホノミ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。