アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年08月
≪07月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    09月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく見る動画など、毎回毎回サイトへアクセスするのは面倒ですね。。。

ローカルマシンへ保存しておければ、見たいときに見ることができます。


「HTTP Ripper」は Web サイトのコンテンツをダウンロードして、保存することができるユーティリティです。
「HTTP Ripper」はプロキシとして動作しますので、ブラウザでアクセスしたサイトへのコンテンツを自由に保存することができます。




【インストール】
「HTTP Ripper」は Ubuntu 9.10 の標準リポジトリにはパッケージがないようなので、インストーラーをダウンロードしてインストールします。

「HTTP Ripper」は HTTP Ripper のサイト(http://sourceforge.jp/projects/freshmeat_httpripper/releases/)よりダウンロードできます。

今回は「tgz」http://29a.ch/httpripper/httpripper-1.0.0.tar.gz をダウンロードして使用します。


ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイル(httpripper-1.0.0.tar.gz)の保存したディレクトリでインストール作業を行います。

なお、インストールスクリプトはディスプレイが利用できる環境でないと「can not open display」のエラーが発生しますので、実行は Gnome などのデスクトップのターミナルで実行する必要があります。


※ダウンロードしたファイル(httpripper-1.0.0.tar.gz)の保存したディレクトリで実行

ダウンロードしたファイルを解凍、展開
$ tar zxvf httpripper-1.0.0.tar.gz

~ 略 ~

展開されたディレクトリへ移動
$ cd httpripper-1.0.0/

インストールスクリプトの実行
※デスクトップのターミナルで実行すること
$ sudo ./install.sh
running install
running build
running build_py
creating build
creating build/lib.linux-i686-2.6
creating build/lib.linux-i686-2.6/x29a
copying x29a/utils.py -> build/lib.linux-i686-2.6/x29a
copying x29a/mygtk.py -> build/lib.linux-i686-2.6/x29a
copying x29a/__init__.py -> build/lib.linux-i686-2.6/x29a
copying x29a/cli.py -> build/lib.linux-i686-2.6/x29a
copying x29a/autostart.py -> build/lib.linux-i686-2.6/x29a
creating build/lib.linux-i686-2.6/httpripper
copying httpripper/__init__.py -> build/lib.linux-i686-2.6/httpripper
copying httpripper/prox.py -> build/lib.linux-i686-2.6/httpripper
copying httpripper/httpripper.py -> build/lib.linux-i686-2.6/httpripper
running build_scripts
creating build/scripts-2.6
copying and adjusting bin/httpripper -> build/scripts-2.6
changing mode of build/scripts-2.6/httpripper from 644 to 755
running install_lib
creating /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a
copying build/lib.linux-i686-2.6/x29a/utils.py -> /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a
copying build/lib.linux-i686-2.6/x29a/mygtk.py -> /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a
copying build/lib.linux-i686-2.6/x29a/__init__.py -> /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a
copying build/lib.linux-i686-2.6/x29a/cli.py -> /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a
copying build/lib.linux-i686-2.6/x29a/autostart.py -> /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a
creating /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper
copying build/lib.linux-i686-2.6/httpripper/__init__.py ->
 /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper
copying build/lib.linux-i686-2.6/httpripper/prox.py ->
 /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper
copying build/lib.linux-i686-2.6/httpripper/httpripper.py ->
 /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a/utils.py to utils.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a/mygtk.py to mygtk.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a/__init__.py to __init__.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a/cli.py to cli.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/x29a/autostart.py to autostart.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper/__init__.py to __init__.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper/prox.py to prox.pyc
byte-compiling /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper/httpripper.py to httpripper.pyc
running install_scripts
copying build/scripts-2.6/httpripper -> /usr/local/bin
changing mode of /usr/local/bin/httpripper to 755
running install_data
creating /usr/local/share/locale
creating /usr/local/share/locale/fr
creating /usr/local/share/locale/fr/LC_MESSAGES
copying share/locale/fr/LC_MESSAGES/httpripper.mo -> /usr/local/share/locale/fr/LC_MESSAGES
creating /usr/local/share/locale/sr
creating /usr/local/share/locale/sr/LC_MESSAGES
copying share/locale/sr/LC_MESSAGES/httpripper.mo -> /usr/local/share/locale/sr/LC_MESSAGES
creating /usr/local/share/locale/pt_BR
creating /usr/local/share/locale/pt_BR/LC_MESSAGES
copying share/locale/pt_BR/LC_MESSAGES/httpripper.mo -> /usr/local/share/locale/pt_BR/LC_MESSAGES
creating /usr/local/share/locale/id
creating /usr/local/share/locale/id/LC_MESSAGES
copying share/locale/id/LC_MESSAGES/httpripper.mo -> /usr/local/share/locale/id/LC_MESSAGES
creating /usr/local/share/locale/es
creating /usr/local/share/locale/es/LC_MESSAGES
copying share/locale/es/LC_MESSAGES/httpripper.mo -> /usr/local/share/locale/es/LC_MESSAGES
creating /usr/local/share/locale/de
creating /usr/local/share/locale/de/LC_MESSAGES
copying share/locale/de/LC_MESSAGES/httpripper.mo -> /usr/local/share/locale/de/LC_MESSAGES
creating /usr/local/share/pixmaps
copying share/pixmaps/httpripper.png -> /usr/local/share/pixmaps
creating /usr/local/share/icons/hicolor/scalable
copying share/icons/hicolor/scalable/httpripper.svg -> /usr/local/share/icons/hicolor/scalable
copying share/icons/hicolor/32x32/httpripper.png -> /usr/local/share/icons/hicolor/32x32
copying share/applications/httpripper.desktop -> /usr/local/share/applications
running install_egg_info
Writing /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/httpripper-1.0.0.egg-info

これでインストールは完了です。
インストールが完了すると、以下の完了のメッセージが表示されます。
httpripper_20100304_001.jpg
(こんなのを表示するためだけに、Display を使わせるなんて、無駄のような。。。><;)

メニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「インターネット」-「HTTP Ripper」で起動します。



【使い方】
「HTTP ripper」はプロキシとして機能します。

まずは、Firefox(ここでは、Firefox 3.5.8 での説明とします、他のブラウザ、バージョンの場合は読み替えてください)を起動します。
(Firefox:Mozilla Firefox for Ubuntu canonical バージョン 3.5.8)

Firefox のメニューバーより、「編集」「設定」を選択します。

「Firefox の設定」が表示されるので、「詳細」を選択し、「ネットワーク」タブの「接続設定」をクリックします。
httpripper_20100304_002.jpg


「インターネット接続」が表示されるので、「手動でプロキシを設定する」にチェックをつけ、「HTTP プロキシ」に「localhost」、ポートに「8080」を設定し、「OK」をクリックします。
※「HTTP Ripper」を使用しない場合、プロキシの設定は不要になるので、元に戻します。
 必ず、メモなどを取るなどして、元の設定はおぼえて(記録して)おいて下さい。

httpripper_20100304_003.jpg


プロキシの設定が完了したら、「HTTP Ripper」を起動します。

「HTTP Ripper」の「録音」をクリックすると、「HTTP Ripper」はサイトのデータを採取する録音状態になります。
httpripper_20100304_004.jpg


「HTTP Ripper」が録音状態で、Firefox でサイトにアクセスします。

サイトにアクセスすれば、「HTTP Ripper」は自動的にデータを採取してくれます。
httpripper_20100304_005.jpg

必要なサイトへのアクセスが完了したら、「HTTP Ripper」の「録音」をクリックし、録音状態を解除します。
また、「Firefox の設定」を元の設定(プロキシを設定した前の状態)に戻します。


「HTTP Ripper」が採取した情報をクリックし、「別名で保存」をクリックすれば、データを保存できます。
httpripper_20100304_006.jpg


フィルタを使えば特定のコンテンツ(音楽や動画)、ファイルサイズでの絞り込みを行うこともできます。
httpripper_20100304_007.jpg




※ブラウザのプロクシ設定は「HTTP Ripper」でサイトのコンテンツを採取する時だけ必要になります。
 ですので、「HTTP Ripper」利用時のみプロクシ設定を行い、普段はプロクシ設定を解除しておきましょう。
 
 また、他のプロキシとして動作するソフトと併用(同一ポートの使用)はしないようにして下さい。






使うたび、ブラウザでプロキシの設定をしないといけないのが難点ですが、分かりやすく使いやすいソフトです。
サイトによってはセキュリティ等の関連で、利用できないサイトもあるかもしれません。
ですが、多くのサイトでは利用できるかと。


【HTTP Ripper】
URL:http://29a.ch/httpripper/


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。