アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 で gvim を使ってみる。
Ubuntu 9.10 には、「gedit」など、デスクトップ上で動くエディタがありので、設定ファイルの編集でもそれほど戸惑うことはないでしょう。

とはいえ、Linux を利用する上で、「vi」に代表される CUI 環境で利用できるエディタをさけて通ることはできません。。。
デスクトップが表示されない状況では、「gedit」はもちろん動きませんから、「gedit」で復旧作業はできません。。。
そのような状況では、「vi」などが活躍してくれます。


「vi」(または vi クローン)はおそらく、Unix 系 OS の全てでインストール直後から実行できるエディタです。
つまり、それだけ、メジャーなエディタと言えるでしょう。
「vi」の標準的な操作(ファイルのオープン、検索、一通りの編集作業、上書き保存や新規保存)くらいは出来るようになっておきましょう。


さておき。
通常の「vi」は CUI 環境で動作しますが、「gvim」という、GUI 環境で動作してくれる「vi クローン」を使ってみます。
GUI 環境で動作しますので、マウス操作もある程度はできます。
「vi」の入門用として「gvim」で「vi」というものに慣れてから、本格的に「vi」を使うのもいいかもしれません。



【インストール】
「gvim」はパッケージ化されているので、「apt」でインストールします。


$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install vim-gnome
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
vim-gui-common
提案パッケージ:
cscope vim-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
vim-gnome vim-gui-common
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
1,221kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 2,572kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/main vim-gui-common 2:7.2.245-2ubuntu2 [148kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/main vim-gnome 2:7.2.245-2ubuntu2 [1,073kB]
1,221kB を 3s で取得しました (357kB/s)
未選択パッケージ vim-gui-common を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 262185 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../vim-gui-common_2%3a7.2.245-2ubuntu2_all.deb から) vim-gui-common を展開しています...
未選択パッケージ vim-gnome を選択しています。
(.../vim-gnome_2%3a7.2.245-2ubuntu2_i386.deb から) vim-gnome を展開しています...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
vim-gui-common (2:7.2.245-2ubuntu2) を設定しています ...

vim-gnome (2:7.2.245-2ubuntu2) を設定しています ...
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/vim (vim) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/vimdiff (vimdiff) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/rvim (rvim) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/rview (rview) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/vi (vi) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/view (view) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/ex (ex) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/editor (editor) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/gvim (gvim) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/gview (gview) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/rgview (rgview) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/rgvim (rgvim) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/evim (evim) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/eview (eview) in auto mode.
update-alternatives: using /usr/bin/vim.gnome to provide /usr/bin/gvimdiff (gvimdiff) in auto mode.

menu のトリガを処理しています ...

これでインストールは完了です。
メニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「アクセサリ」-「GVim Text Editor」で起動します。

また、コンソールからは「gvim」で起動できます。
(「gvim」は vi クローンなので、使用できる引数、オプションは「vi」と同じはずです)

gvim_20100315_001.jpg


gvim_20100315_002.jpg


「vi」での CUI 操作は全て網羅されているようです。
(少なくとも、私が普段使う操作は全て出来ました)

普通に「vi」として使えて、プラスアルファとして、GUI 操作ができるといった感じですねww





普段、「vi」に慣れていると、「gvim」はちょっと使いにくく感じるかも知れませんね。
「vi」の操作はキーボードのホームポジションに手を置いた状態でほとんどの操作を出来るように設計されてます。
ですので、GUI 操作のためにマウスに手を動かすのが面倒に感じます。。。><;
(マウスとかを使わなければ、いいだけなんですけどね。。。)



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。