アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows には、「リモートデスクトップ」という機能があり、他の PC からデスクトップへリモートでログインして操作できます。

Windows のサーバやマシンを遠隔操作できるので、非常に便利ですね。

いい機能ですので、利用しない手は無いです。

Windoows 同士でリモートデスクトップ接続しても面白くありませんので、Ubuntu 9.10(以下、Ubuntu 君)から Windows XP(以下、WinXP) へリモートデスクトップ接続を行います。

つまり、WinXP をリモートデスクトップのサーバ(接続される側)として、Ubuntu 君をリモートデスクトップクライアント(接続する側)として、接続を行います。


【リモートデスクトップ接続の許可(リモートデスクトップサーバ側)設定】
リモート接続を行うには、接続を許可する設定を行う必要があります。

今回は WinXP (使えるマシンが WinXP 環境だっただけ)で行いますが、他の Windows の場合は読み替えてください。
(Windows 2000 では別途リモートデスクトップに関するプログラムのインストールが必要だったと思います。。。)


WinXP にログインし、デスクトップの「マイ コンピュータ」を右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」を選択します。
「システムのプロパティ」が表示されるので、「リモート」タブを選択します。
「リモート」タブの「このコンピュータにユーザがリモートで接続することを許可する」にチェックします。
rdesktop_20100315_001.jpg

この時点で他の Windows マシンから、リモートデスクトップで接続できることを確認しておきます。
もし接続できないのであれば、リモートデスクトップの設定等の問題になります。
再度設定内容、Windows ファイアウォールの設定を確認し、接続できるようにしておきます。

Windows マシンからのリモートデスクトップ接続は、「スタート」-「プログラム」-「アクセサリ」-「リモートデスクトップ接続」で行います。



【リモートデスクトップクライアント(Ubuntu 9.10)の設定】
Ubuntu 9.10 には、「リモートデスクトップビューア」がインストールされています。
「リモートデスクトップビューア」でも接続可能ですが、それではつまらないので、「grdesktop」(rdesktop クライアントの GNOME フロントエンド)で接続をしてみます。

「grdesktop」は標準ではインストールされていませんので、「apt」でインストールします。

$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install grdesktop
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
grdesktop
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
114kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 451kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe grdesktop 0.23+d040330-1 [114kB]
114kB を 0s で取得しました (123kB/s)
未選択パッケージ grdesktop を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 262240 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../grdesktop_0.23+d040330-1_i386.deb から) grdesktop を展開しています...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
grdesktop (0.23+d040330-1) を設定しています ...

menu のトリガを処理しています ...

これでインストールは完了です。
メニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「インターネット」-「Remotedesktop Client」で起動します。



【Remotedesktop Client でのリモートデスクトップ接続】
「アプリケーション」-「インターネット」-「Remotedesktop Client」で「Remotedesktop Client」を起動します。

「Remote Desktop Client」が表示されるので、「Computer」に接続先のマシン(WinXP)のホスト名、または IP アドレスを入力し、「Execute」をクリックします。
rdesktop_20100315_002.jpg


Windows へのログイン画面が表示されるので、ログインするユーザ名、パスワードを入力し、「OK」をクリックします。
rdesktop_20100315_003.jpg

これで、リモートデスクトップへ接続できます。
rdesktop_20100315_004.jpg


終了する場合は必ず、リモートデスクトップの接続先から「ログアウト」するようにして下さい。
「×」で終了するとセッションが残るので、「×」で終了しないで下さい。




【ターミナルサーバクライアント でのリモートデスクトップ接続】
おまけで、「ターミナルサーバクライアント」での接続もしてみます。

「アプリケーション」-「インターネット」-「ターミナルサーバクライアント」を起動します。
「コンピュータ」に接続先のマシン(WinXP)のホスト名、または IP アドレスを入力し、「ユーザ名」、「パスワード」にログインするユーザ名、パスワードを入力し、「接続」をクリックします。
rdesktop_20100315_005.jpg

ユーザ名、パスワードを入力しているので、自動ログインしてくれます。


終了する場合は必ず、リモートデスクトップの接続先から「ログアウト」するようにして下さい。
「×」で終了するとセッションが残るので、「×」で終了しないで下さい。







遠隔地の Windows マシンでも、リモートデスクトップを利用すれば、作業も楽ですね。




コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。