アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu では利用できるソフトウェアがたくさんあります。
ありすぎて、全体でどれくらいあるのかは、想像できません。。。><;

よく利用されるソフトウェア、動作確認されているソフトウェアの多くはパッケージ化されているので、「apt」(GUI フロントエンドの「synaptic」、「ソフトウェアセンター」も含めて)や「dpkg」で簡単にインストールできます。

「apt」でインストールすれば、バージョン管理やパッケージ間の依存関係も自動で解消してくれるので、ユーザはパッケージの管理に工数をかける必要がありません。

パッケージされているのは問題ありませんが、中にはパッケージ化されていないソフトウェアもあります。

Redhat 系で「rpm」(Redhat Package Manager)のみ提供され、「Deb」(Debian パッケージ)が用意されていない場合は、「alien」でパッケージ変換を行うか、公開されているソースからビルドしなければなりません。
また、ソースでしか公開されていない場合もありますし、パッケージ化されていても、最新バージョンはソースしかない場合もあります。

依存関係さえ問題なければ、ソースからビルド(make)もそんなに手間はかかりませんが、ソースからのビルドはインストール情報がシステムに残らないことが問題ですね。。。><;
また、アンインストールが出来なかったりします。
(make uninstall 機能は全てのソースでは提供されていないですので、そんな場合ソースを追ったりしないとどのファイルを消せばいいのか分からない。。。)


「何を make でインストールしてたっけ??」と忘れてしまうこともあります。。。
(私は、「インストールパッケージ一覧」を作成して、構成管理しているので、インストール情報は調べられたり(漏れがあるかもしれませんが。。。)します)


「paco」は「make」などでインストールしたソフトウェアの管理ができるユーティリティです。
機能的に「apt」ほど優秀ではありませんが、「何をインストールしたか」ぐらいは管理できます。


では、「paco」を使ってみましょう。

【paco のインストール】
lucid(http://packages.ubuntu.com/lucid/gpaco)では「paco」と「gpaco」がありました。
(「source code package management system」って、言い方がかっこいいww)

lucid では、「paco」もパッケージ化されてくるのかもしれませんが、karmic では標準リポジトリにパッケージがありません。。。

ですので、ソースをダウンロードして、インストールします。
面倒なので、「wget」でソースをダウンロードします。
(「paco」ちゃんはいろいろとインストール時に課題を出してくれるので、手を抜きます。。。)


ソースのダウンロード
$ wget http://sourceforge.net/projects/paco/files/paco/2.0.7
 /paco-2.0.7.tar.gz/download

--yyyy-mm-dd hh:mm:ss-- http://sourceforge.net/projects/paco/files/paco/2.0.7
 /paco-2.0.7.tar.gz/download
sourceforge.net をDNSに問いあわせています... 216.34.181.60
sourceforge.net|216.34.181.60|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 302 Found
場所: http://downloads.sourceforge.net/project/paco/paco/2.0.7
 /paco-2.0.7.tar.gz?use_mirror=jaist [続く]
--yyyy-mm-dd hh:mm:ss-- http://downloads.sourceforge.net/project/paco/paco/2.0.7
 /paco-2.0.7.tar.gz?use_mirror=jaist
downloads.sourceforge.net をDNSに問いあわせています... 216.34.181.59
downloads.sourceforge.net|216.34.181.59|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 302 Found
場所: http://jaist.dl.sourceforge.net/project/paco/paco/2.0.7/paco-2.0.7.tar.gz [続く]
--yyyy-mm-dd hh:mm:ss-- http://jaist.dl.sourceforge.net/project/paco/paco/2.0.7
 /paco-2.0.7.tar.gz
jaist.dl.sourceforge.net をDNSに問いあわせています... 150.65.7.130
jaist.dl.sourceforge.net|150.65.7.130|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 424040 (414K) [application/x-gzip]
`paco-2.0.7.tar.gz' に保存中

100%[======================================================>] 424,040 121K/s 時間 3.4s

yyyy-mm-dd hh:mm:ss (121 KB/s) - `paco-2.0.7.tar.gz' へ保存完了 [424040/424040]


これでソースのダウンロードが完了です。
ソースファイルを展開し、展開したディレクトリへ移動します。

$ tar zxvf paco-2.0.7.tar.gz

~ 略 ~

$ cd paco-2.0.7/

これで展開もできました。
「INSTALL」というファイルにインストール方法が記載されているので、確認します。


「INSTALL」の一部抜粋
Compiling and installing paco
=============================
Once you have choosen the appropiate options, just type the following to install
paco:

./configure [OPTIONS]
make
make install # as root

「./configure [OPTIONS]」、「make」、「sudo make install」と行うようです。

では、「./configure」してみると。。。

$ ./configure

~ 略 ~

checking for GTKMM... configure: error: Package requirements (gtkmm-2.4 >= 2.12) were not met:

No package 'gtkmm-2.4' found


Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you
installed software in a non-standard prefix.

Alternatively, you may set the environment variables GTKMM_CFLAGS
and GTKMM_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.

「gtkmm-2.4」(バージョン 2.12以上)がないと怒られます。。。><;

「gtkmm-2.4」は「libgtkmm-2.4-1c2a」、「libgtkmm-2.4-dev」を lucid のリポジトリ、または「gtkmm-2.4」の本家から最新をインストールすれば、解消するかもしれません。。。
karmic のリポジトリ上では、「gtkmm-2.4」は最新にしましたが、現時点、「paco」で必要なバージョンに追いついていないようです。

また、「libgtkmm-2.4-dev」も依存関係があって、解消させる(解消しないかも??)のは面倒くさそうです。。。
(「libglibmm-2.4」も karmic のリポジトリ上は最新ですが、「paco」で必要なバージョンに追いついていなかったりします)

パッケージの検索
$ apt-cache search libgtkmm-2.4
libgtkmm-2.4-1c2a - C++ wrappers for GTK+ 2.4 (shared libraries)
libgtkmm-2.4-dbg - C++ wrappers for GTK+ 2.4 (debug symbols)
libgtkmm-2.4-dev - C++ wrappers for GTK+ 2.4 (development files)
libgtkmm-2.4-doc - C++ wrappers for GTK+ 2.4 (documentation)

シュミレーションモードでのインストール
$ sudo apt-get -s install libgtkmm-2.4-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
インストールすることができないパッケージがありました。おそらく、あり得
ない状況を要求したか、(不安定版ディストリビューションを使用しているの
であれば) 必要なパッケージがまだ作成されていなかったり Incoming から移
動されていないことが考えられます。
以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもしれません:

以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
libgtkmm-2.4-dev: 依存: libgtk2.0-dev (>= 2.18.0) しかし、インストールされようとしていません
依存: libglibmm-2.4-dev (>= 2.22.0) しかし、インストールされようとしていません
依存: libatk1.0-dev (>= 1.12.0) しかし、インストールされようとしていません
依存: libpangomm-1.4-dev (>= 2.26.0) しかし、インストールされようとしていません
E: 壊れたパッケージ


「INSTALL」を確認すると、この「gtkmm-2.4」は「gpaco」(「paco」の GUI フロントエンド)で利用しているようです。
ためしに、「--disable-gpaco」(gpaco は使用しない)オプションを使えば、動きましたww

「INSTALL」の一部抜粋
The GUI
-------
The GUI of paco (gpaco) can be disabled with the option '--disable-gpaco'.
Use this option if your system lacks GTKMM >= 2.12, or you don't want to use the
GUI.



まあ、「gpaco」はあきらめますか。。。
ですので、「 --disable-gpaco」オプションを使用し、コンパイルに必要なコンフィグレーションを行い、インストールします。

$ ./configure --disable-gpaco
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
checking for a thread-safe mkdir -p... /bin/mkdir -p
checking for gawk... gawk
checking whether make sets $(MAKE)... yes
checking whether to enable maintainer-specific portions of Makefiles... no
checking for style of include used by make... GNU
checking for gcc... gcc
checking for C compiler default output file name... a.out
checking whether the C compiler works... yes
checking whether we are cross compiling... no
checking for suffix of executables...
checking for suffix of object files... o
checking whether we are using the GNU C compiler... yes
checking whether gcc accepts -g... yes
checking for gcc option to accept ISO C89... none needed
checking dependency style of gcc... gcc3
checking how to run the C preprocessor... gcc -E
checking for grep that handles long lines and -e... /bin/grep
checking for egrep... /bin/grep -E
checking for ANSI C header files... yes
checking for sys/types.h... yes
checking for sys/stat.h... yes
checking for stdlib.h... yes
checking for string.h... yes
checking for memory.h... yes
checking for strings.h... yes
checking for inttypes.h... yes
checking for stdint.h... yes
checking for unistd.h... yes
checking minix/config.h usability... no
checking minix/config.h presence... no
checking for minix/config.h... no
checking whether it is safe to define __EXTENSIONS__... yes
checking whether make sets $(MAKE)... (cached) yes
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
checking host system type... i686-pc-linux-gnu
checking for a sed that does not truncate output... /bin/sed
checking for fgrep... /bin/grep -F
checking for ld used by gcc... /usr/bin/ld
checking if the linker (/usr/bin/ld) is GNU ld... yes
checking for BSD- or MS-compatible name lister (nm)... /usr/bin/nm -B
checking the name lister (/usr/bin/nm -B) interface... BSD nm
checking whether ln -s works... yes
checking the maximum length of command line arguments... 1966080
checking whether the shell understands some XSI constructs... yes
checking whether the shell understands "+="... yes
checking for /usr/bin/ld option to reload object files... -r
checking how to recognize dependent libraries... pass_all
checking for ar... ar
checking for strip... strip
checking for ranlib... ranlib
checking command to parse /usr/bin/nm -B output from gcc object... ok
checking for dlfcn.h... yes
checking for objdir... .libs
checking if gcc supports -fno-rtti -fno-exceptions... no
checking for gcc option to produce PIC... -fPIC -DPIC
checking if gcc PIC flag -fPIC -DPIC works... yes
checking if gcc static flag -static works... yes
checking if gcc supports -c -o file.o... yes
checking if gcc supports -c -o file.o... (cached) yes
checking whether the gcc linker (/usr/bin/ld) supports shared libraries... yes
checking whether -lc should be explicitly linked in... no
checking dynamic linker characteristics... GNU/Linux ld.so
checking how to hardcode library paths into programs... immediate
checking whether stripping libraries is possible... yes
checking if libtool supports shared libraries... yes
checking whether to build shared libraries... yes
checking whether to build static libraries... yes
checking for gcc... (cached) gcc
checking whether we are using the GNU C compiler... (cached) yes
checking whether gcc accepts -g... (cached) yes
checking for gcc option to accept ISO C89... (cached) none needed
checking dependency style of gcc... (cached) gcc3
checking for g++... g++
checking whether we are using the GNU C++ compiler... yes
checking whether g++ accepts -g... yes
checking dependency style of g++... gcc3
checking whether we are using the GNU C++ compiler... (cached) yes
checking whether g++ accepts -g... (cached) yes
checking dependency style of g++... (cached) gcc3
checking how to run the C++ preprocessor... g++ -E
checking for ld used by g++... /usr/bin/ld
checking if the linker (/usr/bin/ld) is GNU ld... yes
checking whether the g++ linker (/usr/bin/ld) supports shared libraries... yes
checking for g++ option to produce PIC... -fPIC -DPIC
checking if g++ PIC flag -fPIC -DPIC works... yes
checking if g++ static flag -static works... yes
checking if g++ supports -c -o file.o... yes
checking if g++ supports -c -o file.o... (cached) yes
checking whether the g++ linker (/usr/bin/ld) supports shared libraries... yes
checking dynamic linker characteristics... GNU/Linux ld.so
checking how to hardcode library paths into programs... immediate
checking for mode_t... yes
checking for off_t... yes
checking for off64_t... yes
checking for uint... yes
checking for ulong... yes
checking for dlopen in -ldl... yes
checking for sys/wait.h that is POSIX.1 compatible... yes
checking whether time.h and sys/time.h may both be included... yes
checking termios.h usability... yes
checking termios.h presence... yes
checking for termios.h... yes
checking sys/ioctl.h usability... yes
checking sys/ioctl.h presence... yes
checking for sys/ioctl.h... yes
checking sys/param.h usability... yes
checking sys/param.h presence... yes
checking for sys/param.h... yes
checking sys/mount.h usability... yes
checking sys/mount.h presence... yes
checking for sys/mount.h... yes
checking sys/vfs.h usability... yes
checking sys/vfs.h presence... yes
checking for sys/vfs.h... yes
checking sys/statfs.h usability... yes
checking sys/statfs.h presence... yes
checking for sys/statfs.h... yes
checking sys/statvfs.h usability... yes
checking sys/statvfs.h presence... yes
checking for sys/statvfs.h... yes
checking regex.h usability... yes
checking regex.h presence... yes
checking for regex.h... yes
checking for open64... yes
checking for creat64... yes
checking for truncate64... yes
checking for fopen64... yes
checking for freopen64... yes
checking for statfs... yes
checking for statvfs... yes
checking for setenv... yes
checking for strcasecmp... yes
checking for getopt_long... yes
checking for struct winsize.ws_col... yes
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: creating lib/Makefile
config.status: creating lib/paco/Makefile
config.status: creating lib/paco-log/Makefile
config.status: creating paco/Makefile
config.status: creating gpaco/Makefile
config.status: creating scripts/Makefile
config.status: creating doc/Makefile
config.status: creating doc/pacorc
config.status: creating doc/pacorc.5
config.status: creating doc/paco.8
config.status: creating doc/pacoball.8
config.status: creating doc/rpm2paco.8
config.status: creating doc/superpaco.8
config.status: creating doc/paco.pc
config.status: creating config.h
config.status: executing depfiles commands
config.status: executing libtool commands

$ make
make all-recursive
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' に入ります
Making all in lib
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' に入ります
Making all in paco
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco' に入ります
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I../.. -W -I../.. -DPACORC='"/usr/local/etc/pacorc"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT libpaco_a-baseconfig.o -MD -MP -MF
 .deps/libpaco_a-baseconfig.Tpo -c -o libpaco_a-baseconfig.o `test -f 'baseconfig.cc'
 || echo './'`baseconfig.cc
mv -f .deps/libpaco_a-baseconfig.Tpo .deps/libpaco_a-baseconfig.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I../.. -W -I../.. -DPACORC='"/usr/local/etc/pacorc"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT libpaco_a-basepkg.o -MD -MP -MF .deps/libpaco_a-basepkg.Tpo
 -c -o libpaco_a-basepkg.o `test -f 'basepkg.cc' || echo './'`basepkg.cc
mv -f .deps/libpaco_a-basepkg.Tpo .deps/libpaco_a-basepkg.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I../.. -W -I../.. -DPACORC='"/usr/local/etc/pacorc"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT libpaco_a-common.o -MD -MP -MF .deps/libpaco_a-common.Tpo
 -c -o libpaco_a-common.o `test -f 'common.cc' || echo './'`common.cc
mv -f .deps/libpaco_a-common.Tpo .deps/libpaco_a-common.Po
rm -f libpaco.a
ar cru libpaco.a libpaco_a-baseconfig.o libpaco_a-basepkg.o libpaco_a-common.o
ranlib libpaco.a
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco' から出ます
Making all in paco-log
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco-log' に入ります
/bin/bash ../../libtool --tag=CC --mode=compile gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I../.. -W -I../..
 -ansi -Wshadow -Wmissing-declarations -Wall -g -O2 -MT libpaco_log_la-log.lo -MD -MP -MF
 .deps/libpaco_log_la-log.Tpo -c -o libpaco_log_la-log.lo `test -f 'log.c' || echo './'`log.c
libtool: compile: gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I../.. -W -I../.. -ansi -Wshadow -Wmissing-declarations
 -Wall -g -O2 -MT libpaco_log_la-log.lo -MD -MP -MF .deps/libpaco_log_la-log.Tpo -c log.c -fPIC
 -DPIC -o .libs/libpaco_log_la-log.o
libtool: compile: gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I../.. -W -I../.. -ansi -Wshadow -Wmissing-declarations
 -Wall -g -O2 -MT libpaco_log_la-log.lo -MD -MP -MF .deps/libpaco_log_la-log.Tpo -c log.c -o
 libpaco_log_la-log.o >/dev/null 2>&1
mv -f .deps/libpaco_log_la-log.Tpo .deps/libpaco_log_la-log.Plo
/bin/bash ../../libtool --tag=CC --mode=link gcc -W -I../.. -ansi -Wshadow -Wmissing-declarations
 -Wall -g -O2 -o libpaco-log.la -rpath /usr/local/lib libpaco_log_la-log.lo -ldl
libtool: link: gcc -shared .libs/libpaco_log_la-log.o -ldl -Wl,-soname -Wl,libpaco-log.so.0
 -o .libs/libpaco-log.so.0.0.0
libtool: link: (cd ".libs" && rm -f "libpaco-log.so.0" && ln -s "libpaco-log.so.0.0.0" "libpaco-log.so.0")
libtool: link: (cd ".libs" && rm -f "libpaco-log.so" && ln -s "libpaco-log.so.0.0.0" "libpaco-log.so")
libtool: link: ar cru .libs/libpaco-log.a libpaco_log_la-log.o
libtool: link: ranlib .libs/libpaco-log.a
libtool: link: ( cd ".libs" && rm -f "libpaco-log.la" && ln -s "../libpaco-log.la" "libpaco-log.la" )
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco-log' から出ます
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' に入ります
make[3]: `all-am' に対して行うべき事はありません.
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' から出ます
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' から出ます
Making all in paco
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/paco' に入ります
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-options.o -MD -MP -MF .deps/paco-options.Tpo
 -c -o paco-options.o `test -f 'options.cc' || echo './'`options.cc
mv -f .deps/paco-options.Tpo .deps/paco-options.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-pkgset.o -MD -MP -MF .deps/paco-pkgset.Tpo -c -o
 paco-pkgset.o `test -f 'pkgset.cc' || echo './'`pkgset.cc
mv -f .deps/paco-pkgset.Tpo .deps/paco-pkgset.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-pkg.o -MD -MP -MF .deps/paco-pkg.Tpo -c -o paco-pkg.o
 `test -f 'pkg.cc' || echo './'`pkg.cc
mv -f .deps/paco-pkg.Tpo .deps/paco-pkg.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-dir.o -MD -MP -MF .deps/paco-dir.Tpo -c -o paco-dir.o
 `test -f 'dir.cc' || echo './'`dir.cc
mv -f .deps/paco-dir.Tpo .deps/paco-dir.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-out.o -MD -MP -MF .deps/paco-out.Tpo -c -o paco-out.o
 `test -f 'out.cc' || echo './'`out.cc
mv -f .deps/paco-out.Tpo .deps/paco-out.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-global.o -MD -MP -MF .deps/paco-global.Tpo -c -o
 paco-global.o `test -f 'global.cc' || echo './'`global.cc
mv -f .deps/paco-global.Tpo .deps/paco-global.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-log.o -MD -MP -MF .deps/paco-log.Tpo -c -o paco-log.o
 `test -f 'log.cc' || echo './'`log.cc
mv -f .deps/paco-log.Tpo .deps/paco-log.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-info.o -MD -MP -MF .deps/paco-info.Tpo -c -o
 paco-info.o `test -f 'info.cc' || echo './'`info.cc
mv -f .deps/paco-info.Tpo .deps/paco-info.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-main.o -MD -MP -MF .deps/paco-main.Tpo -c -o
 paco-main.o `test -f 'main.cc' || echo './'`main.cc
mv -f .deps/paco-main.Tpo .deps/paco-main.Po
g++ -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"' -ansi -pedantic
 -Wall -fno-operator-names -g -O2 -MT paco-regexp.o -MD -MP -MF .deps/paco-regexp.Tpo -c -o
 paco-regexp.o `test -f 'regexp.cc' || echo './'`regexp.cc
mv -f .deps/paco-regexp.Tpo .deps/paco-regexp.Po
/bin/bash ../libtool --tag=CXX --mode=link g++ -W -I.. -I../lib -DLIBDIR='"/usr/local/lib"'
 -ansi -pedantic -Wall -fno-operator-names -g -O2 -o paco paco-options.o paco-pkgset.o
 paco-pkg.o paco-dir.o paco-out.o paco-global.o paco-log.o paco-info.o paco-main.o paco-regexp.o
 ../lib/paco/libpaco.a -ldl
libtool: link: g++ -W -I.. -I../lib -DLIBDIR=\"/usr/local/lib\" -ansi -pedantic -Wall
 -fno-operator-names -g -O2 -o paco paco-options.o paco-pkgset.o paco-pkg.o paco-dir.o
 paco-out.o paco-global.o paco-log.o paco-info.o paco-main.o paco-regexp.o ../lib/paco/libpaco.a
 -ldl
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/paco' から出ます
Making all in gpaco
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/gpaco' に入ります
make[2]: `all' に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/gpaco' から出ます
Making all in doc
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/doc' に入ります
make[2]: `all' に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/doc' から出ます
Making all in scripts
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/scripts' に入ります
make[2]: `all' に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/scripts' から出ます
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' に入ります
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' から出ます

$ sudo make install
Making install in lib
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' に入ります
Making install in paco
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco' に入ります
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco' に入ります
make[3]: `install-exec-am' に対して行うべき事はありません.
make[3]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません.
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco' から出ます
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco' から出ます
Making install in paco-log
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco-log' に入ります
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco-log' に入ります
test -z "/usr/local/lib" || /bin/mkdir -p "/usr/local/lib"
/bin/bash ../../libtool --mode=install /usr/bin/install -c 'libpaco-log.la'
 '/usr/local/lib/libpaco-log.la'
libtool: install: /usr/bin/install -c .libs/libpaco-log.so.0.0.0 /usr/local/lib/libpaco-log.so.0.0.0
libtool: install: (cd /usr/local/lib && { ln -s -f libpaco-log.so.0.0.0 libpaco-log.so.0 ||
 { rm -f libpaco-log.so.0 && ln -s libpaco-log.so.0.0.0 libpaco-log.so.0; }; })
libtool: install: (cd /usr/local/lib && { ln -s -f libpaco-log.so.0.0.0 libpaco-log.so ||
 { rm -f libpaco-log.so && ln -s libpaco-log.so.0.0.0 libpaco-log.so; }; })
libtool: install: /usr/bin/install -c .libs/libpaco-log.lai /usr/local/lib/libpaco-log.la
libtool: install: /usr/bin/install -c .libs/libpaco-log.a /usr/local/lib/libpaco-log.a
libtool: install: chmod 644 /usr/local/lib/libpaco-log.a
libtool: install: ranlib /usr/local/lib/libpaco-log.a
libtool: finish: PATH="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin
 :/usr/X11R6/bin:/sbin" ldconfig -n /usr/local/lib
----------------------------------------------------------------------
Libraries have been installed in:
/usr/local/lib

If you ever happen to want to link against installed libraries
in a given directory, LIBDIR, you must either use libtool, and
specify the full pathname of the library, or use the `-LLIBDIR'
flag during linking and do at least one of the following:
- add LIBDIR to the `LD_LIBRARY_PATH' environment variable
during execution
- add LIBDIR to the `LD_RUN_PATH' environment variable
during linking
- use the `-Wl,-rpath -Wl,LIBDIR' linker flag
- have your system administrator add LIBDIR to `/etc/ld.so.conf'

See any operating system documentation about shared libraries for
more information, such as the ld(1) and ld.so(8) manual pages.
----------------------------------------------------------------------
make[3]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません.
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco-log' から出ます
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib/paco-log' から出ます
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' に入ります
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' に入ります
make[3]: `install-exec-am' に対して行うべき事はありません.
make[3]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません.
make[3]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' から出ます
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/lib' から出ます
Making install in paco
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/paco' に入ります
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/paco' に入ります
test -z "/usr/local/bin" || /bin/mkdir -p "/usr/local/bin"
/bin/bash ../libtool --mode=install /usr/bin/install -c 'paco' '/usr/local/bin/paco'
libtool: install: /usr/bin/install -c paco /usr/local/bin/paco
make[2]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/paco' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/paco' から出ます
Making install in gpaco
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/gpaco' に入ります
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/gpaco' に入ります
test -z "/usr/local/bin" || /bin/mkdir -p "/usr/local/bin"
make[2]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/gpaco' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/gpaco' から出ます
Making install in doc
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/doc' に入ります
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/doc' に入ります
make[2]: `install-exec-am' に対して行うべき事はありません.
rc_dir="/usr/local/etc"; \
( test -d $rc_dir || /bin/bash <ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/build/install-sh -d
 $rc_dir ); \
( test -f $rc_dir/pacorc || /usr/bin/install -c -m 644 pacorc $rc_dir/pacorc )
test -z "" || /bin/mkdir -p ""
test -z "" || /bin/mkdir -p ""
test -z "/usr/local/share/man/man5" || /bin/mkdir -p "/usr/local/share/man/man5"
/usr/bin/install -c -m 644 'pacorc.5' '/usr/local/share/man/man5/pacorc.5'
test -z "/usr/local/share/man/man8" || /bin/mkdir -p "/usr/local/share/man/man8"
/usr/bin/install -c -m 644 'paco.8' '/usr/local/share/man/man8/paco.8'
test -z "/usr/local/lib/pkgconfig" || /bin/mkdir -p "/usr/local/lib/pkgconfig"
/usr/bin/install -c -m 644 'paco.pc' '/usr/local/lib/pkgconfig/paco.pc'
test -z "/usr/local/share/paco" || /bin/mkdir -p "/usr/local/share/paco"
/usr/bin/install -c -m 644 'pacorc' '/usr/local/share/paco/pacorc'
/usr/bin/install -c -m 644 'faq.txt' '/usr/local/share/paco/faq.txt'
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/doc' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/doc' から出ます
Making install in scripts
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/scripts' に入ります
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/scripts' に入ります
test -z "/usr/local/bin" || /bin/mkdir -p "/usr/local/bin"
make[2]: `install-data-am' に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/scripts' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/scripts' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' に入ります
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' に入ります
test -d /var/log/paco || /bin/bash <ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7/build/install-sh -d /var/log/paco
test -z "/usr/local/share/paco" || /bin/mkdir -p "/usr/local/share/paco"
/usr/bin/install -c -m 644 'README' '/usr/local/share/paco/README'
make[2]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' から出ます
make[1]: ディレクトリ `<ダウンロードディレクトリ>paco-2.0.7' から出ます


これで、「paco」ちゃんのインストールは完了ww
超初心者の私は「gpaco」をあきらめました。。。

腕に自信のある方は、ぜひ「gpaco」に挑戦して下さい。





長くなってきたので、ここまで。
続きます。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。