アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年11月
≪10月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    12月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 で 暗号化ファイル転送(scp)を使ってみる。では、「scp」というコマンドラインユーティリティで暗号化のファイル転送を行いました。

たくさんのファイルを転送する場合、「scp」はコマンドなので、面倒なのは否めませんね。。。

「gFTP」は ssh での通信機能も備えているので、「gFTP」を使えば、GUI での暗号化ファイル転送は可能です。

では、「gFTP」を使って、ssh でのファイル転送を行ってみます。



「gFTP」のインストール、基本操作などは、Ubuntu 9.04 で gFTP を使ってみる。をご確認下さい。

Ubuntu 9.04 での記事ですが、Ubuntu 9.10 でも同じです。


【ssh 接続方法】
基本的にはポート番号、接続方法(プロトコル)「ssh」にするだけで、接続できます。

以下に接続設定をまとめておきます。
○ssh での接続設定
 ・ホスト:接続先の ssh サーバ を指定します。
 ・ポート番号:ssh で使用するポート番号を指定します。
   ssh のデフォルトは「22」(ftp は「21」)になります。
   ポートを変更されている場合はシステムの管理者に確認して下さい。
 ・ユーザ:ssh で接続するユーザのユーザ名を指定します。
 ・パスワード:公開鍵・秘密鍵での認証の場合は、鍵認証で使用するパスワードを指定します。
   パスワード認証の場合はパスワード認証で使用するパスワードを指定します。
 ・プロトコル:「SSH2」を指定します。

scp_20100323_001.jpg

鍵認証であれば、「~/.ssh/id_rsa」を秘密鍵と自動認識して、鍵での認証を行ってくれます。
(このあたりは、ssh と同じですね)

接続さえできれば、「gFTP」の操作は FTP クライアントとして利用してる場合と同じ操作になります。





接続の設定を「ftp」から「ssh」に変えるだけなので簡単ですね。

今回は「gFTP」を使用しましたが、他にも暗号化転送ができる FTP クライアントもあります。
(接続の可否、設定方法は各ソフトのマニュアル等で確認して下さい)


Windows であれば、「WinSCP」などが SCP クライアントとして有名ですね。


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。