アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年08月
≪07月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    09月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu TIPS集(ip コマンド、その2)
Ubuntu TIPS集(ip コマンド、その1)では、「ip」コマンドでネットワークインターフェイスの起動・停止、その確認を行いました。

次は、「ip」コマンドで IP アドレスを設定してみましょう。




【ip コマンドによる IP アドレスの設定】
「ip」コマンドで IP アドレスを設定するには、以下のようにします。


ネットワークインターフェイスへの IP アドレスの追加
$ sudo ip address add dev <ネットワークインターフェイス> <IP アドレス>/<サブネットマスクのビット長>

ネットワークインターフェイスへの IP アドレスの削除
$ sudo ip address del dev <ネットワークインターフェイス> <IP アドレス>/<サブネットマスクのビット長>

ネットワークインターフェイスへの IP アドレスの確認
$ ip address show
$ ip address show dev <ネットワークインターフェイス>

<ネットワークインターフェイス>は「eth0」などというように指定します。

<IP アドレス>/<サブネットマスクのビット長>は「192.168.1.100/24」などというように指定します。
「192.168.1.100/24」は、IP アドレスが「192.168.1.100」でサブネットマスクが 24ビット(255.255.255.0)という意味になります。
IP アドレスは 32ビットで構成されるので、24ビットということは3オクテット分がネットワーク部という意味ですね。


例えば、「eth1」に IP アドレスが「192.168.1.102」、サブネットマスクが「255.255.255.0」というアドレスを設定する場合は以下になります。

ネットワークインターフェイスへの IP アドレスの追加
$ sudo ip address add dev eth1 192.168.11.102/24

$ ip add show dev eth1
3: eth1: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UNKNOWN qlen 1000
link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.1.102/24 scope global eth1
inet6 xxxx::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever


現在、「192.168.1.100/24」が割り当てられている ネットワークインターフェイス(eth1)へ「192.168.1.101/24」を割り当てるのであれば、
 1. sudo ip address del dev eth1 192.168.1.100/24
 2. sudo ip address del add eth1 192.168.1.101/24
というように、現在の設定削除し、その後に新しい設定を追加します。





「ip」コマンドでの「show」は root 権限が無くても表示されます。
個人的に「ip」コマンドはシステム設定に関わるコマンドなので、root 権限で実行してます。
なので、「sudo」が付いてる、ついてないなどのツッコミは。。。><;


「ip」コマンドでのネットワークの設定は、設定を間違えればネットワークに接続できなくなる、危険なコマンドです。
ネットワークに関する十分な知識が必要ですので、システム管理者に確認して使用してください。
(自力でトラブル対応できないようであれば、使わない方が無難です。。。)


「ip」コマンドで IP アドレスを設定しても、DHCP クライアントが稼動している場合、IP アドレスが勝手に変わってしまいます。
(「/etc/network/interfaces」で該当のインターフェイスを固定 IP に設定すれば、DHCP クライアントがインターフェイスを拾わないはずです)
DHCP クライアントの動作には注意して下さい。


DHCP クライアントがネットワークインターフェイス(eth1)を拾ってしまう例
$ pgrep -lf dhc
1197 /sbin/dhclient -d -sf /usr/lib/NetworkManager/nm-dhcp-client.action
 -pf /var/run/dhclient-eth1.pid
 -lf /var/lib/dhcp3/dhclient-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-eth1.lease
 -cf /var/run/nm-dhclient-eth1.conf eth1




コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。