アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年11月
≪10月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    12月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 9.10 で BOINC に参加してみる。では、BOINC で「SETI@home」に参加しました。

参加後、どれくらいのタスクをこなしてくれるかが気になったので、数日マシンを立ち上げっぱなしにしてみました。



「SETI@home」のアカウント情報やどれだけのタスクを処理したかなどの情報は、SETI@home(http://setiathome.berkeley.edu/index.php)でも確認することができます。

SETI@home(http://setiathome.berkeley.edu/index.php)で「あなたのアカウント」をクリックすると、ログイン画面が表示されるので、ログインすれば、自分の情報を確認できます。


で、私のタスクを見てみると、こんな感じ。。。
seti_20100424_001.jpg

「SETI@home」には、どうやら
 ・SETI@home Enhanced
 ・Astropulse
という2種類のアプリケーション(解析プログラム)があるようです。

「SETI@home Enhanced」は予定処理時間が数時間、長くても15時間くらいなのですが、「Astropulse」は100時間オーバー(150時間以上も。。。)ばかりで、「Astropulse」の方が難しい解析を行う解析プログラムのようです。
(予定時間はうちのマシンでの時間(BOINC マネージャが算出した時間)になるので、環境により時間は変わります)



しかも、「Astropulse」は「計算中に異常発生」が多発します。。。><;
「Astropulse」は、今までに 5,6タスクが割り当てられましたが、全てで「計算中に異常発生」が発生し、最後まで解析できたものはありません。
異常が発生とか言われても、解析するデータ、解析プログラムは「SETI@home」が提供しているものですから、解析する側(BOINC クライアント側)は CPU リソースを化しているだけですし、どうしようもありません。

SETI@home のプレファレンスで「SETI@home Enhanced」、「Astropulse」などのアプリケーションを設定することができます。
ですので、「Astropulse」は使用しない設定にしておくといいでしょう。
もし、「Astropulse」のタスクが割り当てられたら、「Astropulse」は強制的にタスクを中止させた方がいいかもしれません。

せっかく、途中まで解析しても、異常で終了で功績がもらえなかったら、途中までの解析が無駄になりますからね。



認められた功績が「保留中」になっているのは、功績の待ち状態(検証待ち)のようです。

「SETI@home」では、同一のタスクを複数のマシン(BOINC クライアントなど)で解析を行って検証しているようです。
「保留中」は他のマシンでの処理結果がない状態で、自分とは違う他のマシンでの処理結果がアップされれば、功績がもらえるようです。





本格的に功績のポイント獲得を目指すなら、BOINC 専用マシンを用意した方がいいようです。

特に「Astropulse」の報告期限は早く、約20日で予定時間が150時間、つまり一日当たり7時間以上を費やす必要があるタスクばかりのようです。
とてもじゃないけど、マシンの空いている時間だけで、期限通りに完了させるは難しいですね。
(予定時間はうちのマシンでの時間(BOINC マネージャが算出した時間)になるので、環境により時間は変わります)

ある程度、仕事量に関しては「計算についての好みの設定(プレファレンス)」で設定できるのでしょうけど、結構厳しい量のタスクが割り当てられるようです。


私みたいに空いている時間帯を BOINC に使用する状態では、功績ポイントは期待できないかも。。。><;




※「BOINC-CLIENT」、「BOINC-MANAGER」のバージョンに関して

Ubuntu 9.10 での「BOINC-CLIENT」、「BOINC-MANAGER」のバージョンは 6.4.5 でした。
サイトでの現時点の最新は 6.10.45 なので結構古いバージョンですね。。。
バージョンの違いにより動作、パフォーマンスが影響する可能性もあります。
(「Astropulse」がよく異常になるのも、バージョンが関与している可能性もありますね。。。)

ちなみに、Ubuntu 10.04 のリポジトリ上では、「BOINC-CLIENT」、「BOINC-MANAGER」のバージョンは 6.10.17です。

「BOINC」は少しでも最新バージョンがリポジトリにある Ubuntu 10.04 で使うほうがいいかもしれません。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。