アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年07月
≪06月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    08月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイルのディスク使用量を見るツールに「du」というコマンドがあります。
「du」(DiskUsage)コマンドはたくさんのファイルやディレクトリがある場合、標準出力にたくさん出力されるので、分かりにくいのが欠点です。
ですので、パイプラインを使って、「more」に引き渡してページ分割して表示させたりします。
とはいえ、分かりにくいことは変わらないです。。。


「xdiskusage」は「du」コマンドの GUI 版のユーティリティです。
グラフィカルにディスク使用量が見えるので、視覚的にも分かりやすいユーティリティです。

「du」コマンドの GUI 版といえば、「xdu」もありますが、個人的には「xdiskusage」の方が使いやすいかと。
「xdiskusage」は「xdu」の機能強化版という感じですね。



【インストール】
「xdiskusage」はパッケージ化されているので、「APT」でインストールします。

$ sudo apt-get update

~ 略 ~

$ sudo apt-get install xdiskusage
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libfltk1.1
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libfltk1.1 xdiskusage
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
488kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,221kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/main libfltk1.1 1.1.9-6ubuntu2 [461kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe xdiskusage 1.48-8 [27.2kB]
488kB を 8s で取得しました (56.3kB/s)
未選択パッケージ libfltk1.1 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 286846 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../libfltk1.1_1.1.9-6ubuntu2_i386.deb から) libfltk1.1 を展開しています...
未選択パッケージ xdiskusage を選択しています。
(.../xdiskusage_1.48-8_i386.deb から) xdiskusage を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
libfltk1.1 (1.1.9-6ubuntu2) を設定しています ...

xdiskusage (1.48-8) を設定しています ...

libc-bin のトリガを処理しています ...
ldconfig deferred processing now taking place
menu のトリガを処理しています ...

これでインストールは完了です。


【使い方】
「xdiskusage」は GUI なので、Gnome などの端末上で「$ xdiskusage <参照するディレクトリ>」を実行します。
(<参照するディレクトリ>を指定しなければ、ディレクトリを選択するダイアログが表示されます)

「xdiskusage」は実行したユーザのパーミッションでディレクトリ、ファイルを参照するので、パーミッションが無いディレクトリ、ファイルでは、使用量が表示されません。
ですので、root 権限で実行するといいでしょう。


<「/var」のディスク使用量を見る場合>
$ sudo xdiskusage /var/
xdiskusage_20100425_001.jpg

ディレクトリごとに階層化されて、枠(セル)として表示されます。
ディレクトリごとに使用量が表示され、使用量が大きければ大きいほど、セルも大きく表示されるので、視覚的にも分かりやすいですね。

より下層なディレクトリの情報を見たければ、見たいディレクトリのセルをクリックすれば、そのディレクトリを最上位の階層として表示されます。





複雑な機能はないので、シンプルで使いやすいユーティリティです。
ファイルのディスク使用量を見るだけなので、複雑な機能はいらないでしょうけど。。。


「xdiskusage」は起動時に対象のディレクトリのファイルを総なめするので、ディレクトリ、ファイルが多いと起動に時間がかかります。
「/usr」や「/home」などはディレクトリ、ファイルが多いので、より下の階層で「xdiskusage」を実行するようにしましょう。
「/」(ルートディレクトリ)なんかで実行すると、起動に時間がかかってえらい目にあいます。。。><;

ディスクリソースは有限です。
たまには「xdiskusage」のようなユーティリティを使って、無駄に使用しているディレクトリやファイルの調査をしてみるといいでしょう。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。