アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年10月
≪09月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    11月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu 10.04 でも発生するのですが、インストール時に作成したユーザで SSH 接続を行うと、デフォルトでは日本語表示にならなかったりします。

「adduser」で追加したユーザでは、何も設定しなくても、日本語表示してくれるんですが、インストール時に作成したユーザだけは日本語表示してくれません。


SSH 接続は別ユーザで行えば問題ありませんが、SSH のためにわざわざユーザを追加するのは面倒です。
ですので、「.bashrc」を利用して、日本語表示してくれるように対応してみます。


「.bashrc」は各ユーザのホームディレクトリに保存されているファイルで、ユーザがログインされた時に読み込まれるファイルです。

ただし、ログインシェルが「bash」(Bourne Again shell、Ubuntu の場合は、デフォルトで、bash をカスタマイズした Debian 用の dash ですが、よほどのことでない限り、「dash = bash」と考えて問題ありません)の場合です。

tcsh などを利用している場合は、「.bashrc」ではなく、「.tcshrc」や「.cshrc」になるはずです。
(Ubuntu で tcsh は使ったことが無いので、試してません。。。)


さて、各ユーザに設定されているログインシェルは、ユーザがログインすると同時に起動します。
その起動時に必要な設定ファイルを読み込んで、その設定内容に従って、ログインシェルが起動します。

ですので、この設定ファイルを利用すれば、独自の設定のシェルにすることができます。


では、bash の設定ファイルにはどのようなものがあるのでしょう。。。
主なものでは、以下の設定ファイルがあります。
(他にもあるかも。。。)

 ・「/etc/profile」(システム全体、つまり全てのユーザに適用されるログイン時の設定)
 ・「~/.profile」(該当ユーザに適用されるログイン時の設定)
 ・「~/.bashrc」(該当ユーザに適用されるサブシェル起動時の設定)
 ・「~/.bash_logout」(該当ユーザに適用されるログアウト時の設定)

ここでは、「~/.bashrc」を利用して、SSH でも日本語表示できるようにしてみましょう。

日本語表示させるには、「LANG=ja_JP.UTF-8」を export してあげます。
ですので、「export LANG=ja_JP.UTF-8」を「~/.bashrc」に記述すれば、日本語表示になります。


「~/.bashrc」のバックアップ
$ cp ~/.bashrc ~/.bashrc_backup

vi で「~/.bashrc」を編集
$ vi ~/.bashrc

「export LANG=ja_JP.UTF-8」を追加
~/.bashrc: executed by bash(1) for non-login shells.
# see /usr/share/doc/bash/examples/startup-files (in the package bash-doc)
# for examples

# If not running interactively, don't do anything
[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.UTF-8

vi で「~/.bashrc」を上書き保存


あとは、ログインし直せば、「~/.bashrc」の変更内容が反映(ログインし直すことで、新たに「~/.bashrc」が読み込まれる)します。





今回は、「LANG」をエクスポートしましたが、他にもいろいろと利用できます。

例えば、「alias」はログアウトすれば、無効になってしまいます。
ですが、「~/.bashrc」で「alias」を切っておけば、「alias」が毎回有効になります。
(ログアウトして「alias」が無効になっても、ログイン時に「~/.bashrc」が読み込まれ、「~/.bashrc」に記述された「alias」が有効になる)

また、「echo」(メッセージを表示)を「~/.bashrc」に仕込んでおけば、ログイン時にメッセージを表示させたりできます。
「echo "Welcome to UBUNTU"」などとしておけば、「Welcome to UBUNTU」というメッセージを表示してくれます。


やったことはありませんが、「exit」(ログアウト)を「~/.bashrc」に記述しておくと、ログイン時に「~/.bashrc」が読み込まれ、「exit」が実行されて、ログアウトするので、二度とログインできない状態になるかも。。。



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。