アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年05月
≪04月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31    06月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ubuntu は、10.04 になって、起動時に Plymouth を採用したり、いろいろと変更点があります。

Gnome 上でも、ウィンドウのタイトルバーのボタン位置が左になったりしてます。
タイトルバーのボタン位置はコマンドなどでも変更できますが、一度使うとほとんど使わないので、すぐ忘れてしまいます。
ほとんど使わないため、コマンドを実行するたびに、調べたりするのも面倒です。

「Ubuntu Tweak」も 10.04 対応版として、いろいろ変更されており、上記のタイトルバーのボタン位置も簡単に変更できます。
コマンドでタイトルバーのボタンを変えるくらいなら、「Ubuntu Tweak」をセットアップしておく方がいいでしょうね。

では、「Ubuntu 10.04」に「Ubuntu Tweak」をセットアップしてみましょう。




【インストール】
Ubuntu Tweak のサイトhttp://ubuntu-tweak.com/から、deb パッケージをダウンロードしてインストールすることもできます。
ただし、deb パッケージをダウンロードしてインストールした場合、パッケージの更新があった場合でも、サイトで確認しないといけません。
つまり、新しいパッケージがリリースされても、気づかない可能性が出てきます。

Ubuntu 10.04 ベータ版時はもちろんですが、Ubuntu 10.04 の正式リリース後も、「Ubuntu Tweak」は結構な頻度でパッケージ更新がありました。
10.04 自体で変更点もたくさんあったため、その対応などで、いろいろ問題などがあったのでしょうね。
最近は「Ubuntu Tweak」はパッケージ更新が少なくなったようですが、これからも、問題を改善した新しいパッケージがリリースされることがあるので、今回は、「Ubuntu Tweak」のパッケージをリポジトリ上で管理(APT)する方法でインストールします。

現時点、最新である「Ubuntu Tweak 0.5.4.1」のリリースが4月末だったはずで、1月以上リリースが無い状態です。
ですので、結構安定しているバージョンと推測されますので、今なら、インストールしても、頻繁にパッケージ更新されることもないでしょう。


「Ubuntu Tweak」は標準のリポジトリ上でパッケージが管理されていないため、リポジトリを追加する必要があります。

「Ubuntu Tweak」が管理されているリポジトリの追加は、「システム」-「システム管理」-「ソフトウェア・ソース」で、「ソフトウェア・ソース」を起動して、リポジトリを追加します。
(リポジトリの設定ファイルを直接編集しても可能ですが、ここでは、比較的簡単な操作の GUI を利用します)

「ソフトウェア・ソース」を起動したら、「他のソフトウェア」タブを選択し、「追加」をクリックします。
「APTライン」の入力が表示されるので、「ppa:tualatrix/ppa」を「APTライン」に入力し、「ソースを追加」をクリックします。
Ubuntu Tweakのサイト(http://ubuntu-tweak.com/downloads/)にインストール方法などが記載されているので、Ubuntu Tweakのサイトに基づいて作業してます)
ubuntutweak_20100606_001.jpg


これで、「http://ppa.launchpad.net/tualatrix/ubuntu lucid main」というリポジトリが追加されます。
ubuntutweak_20100606_002.jpg

リポジトリが追加されたので、あとは「APT」でインストールするだけです。
なお、リポジトリを追加した際は、「apt-get update」でパッケージ情報を最新にしておく(「http://ppa.launchpad.net/tualatrix/ubuntu」が追加されたので、「http://ppa.launchpad.net/tualatrix/ubuntu」の情報を最新にしておく)必要があります。

普段から、「apt-get update」を実行しておくクセをつけておけば、忘れたりすることも無いでしょう。

$ sudo apt-get update

「Ubuntu Tweak」のパッケージ確認
$ apt-cache search ubuntu-tweak
ubuntu-tweak - config Ubuntu tool

$ sudo apt-get install ubuntu-tweak
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
ubuntu-tweak
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 19 個。
801kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,498kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://ppa.launchpad.net/tualatrix/ppa/ubuntu/ lucid/main ubuntu-tweak 0.5.4.1-1~lucid1 [801kB]
801kB を 41s で取得しました (19.1kB/s)
未選択パッケージ ubuntu-tweak を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 127944 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../ubuntu-tweak_0.5.4.1-1~lucid1_all.deb から) ubuntu-tweak を展開しています...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
python-gmenu のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/desktop.ja_JP.utf8.cache...
python-support のトリガを処理しています ...
ubuntu-tweak (0.5.4.1-1~lucid1) を設定しています ...

python-central のトリガを処理しています ...

これで、インストールは完了です。
インストール時にメニュー登録されるので、Gnome の場合、「アプリケーション」-「システムツール」-「Ubuntu Tweak」で起動します。


【使い方】
「Ubuntu Tweak」の基本的な使い方は Ubuntu 9.04 に Ubuntu Tweak をセットアップしてみる。をご確認下さい。

GUI ですし、日本語化されているので、使い方の説明は不要かもしれませんが。。。
ここでは、10.04 対応になって、「Ubuntu Tweak」でも大きく変わった(対応した)部分を見てみましょう。


○タイトルバーのボタン位置
タイトルバーのボタン位置の変更は「ウィンドウマネージャーの設定」で行います。

どこで設定しているかさえ分かれば、変更方法などの説明は不要なレベルですね。
コマンドで変更するよりは、遥かに簡単に変更できます。

ubuntutweak_20100606_003.jpg


○ログイン画面
ログイン画面の設定は「ログインの設定」で行います。

アイコン、ログインのオプション、背景などが変更できます。

こちらも、コマンドを実行したり、設定ファイルを編集すれば変更できるでしょうが、私の場合、「Ubuntu Tweak」があるので、コマンドなどでは変更したことがありません。
面倒くさがりですので。。。

ubuntutweak_20100606_006.jpg





他にも細かい変更点はあるようですが、大きな変更点は上記くらいでしょう。
「Ubuntu Tweak」は、かゆいところに手が届く便利な設定ツール(9.04の時も、そんな説明だったような。。。)です。

自分独自のデスクトップとして、カスタマイズ用にインストールしておくと便利です。


【Ubuntu Tweak】
URL:http://ubuntu-tweak.com/


コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。