アクセラと+αな生活
アクセラとα350と共に過ごす気まぐれ日記です。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
2017年09月
≪08月  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30    10月≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PrimeGrid(BOINC)に挑戦してみる。
「PrimeGrid」は素数を発見する、BOINC のプロジェクトの1つです。
つまり、BOINC を使って、素数発見のお手伝いができるということです。

面白そうなのは、記録的素数を発見した場合、その素数の発見者として、名前を残せることww
実際、PrimeGrid(http://www.primegrid.com/)を見てみると、直近の記録的素数(Recent Significant Primes)として記録されてます。

「記録的な素数」の計算に関わるタスクが割り当てられたらの話ですから、運次第と言えないこともないんですけどね。。。
(タスクの割り当ては、自動で行われるので、クライアント側からはどれが当たりかは分からない。。。)

宝くじだって、買わなければ当たりませんし、抽選が行われないと、どれが当たりくじかは分かりません。


「SETI@Home」はサーバ側が不安定で、タスクが割り当てられない場合が多いので、その保険として、「PrimeGrid」に挑戦してみます。





「PrimeGrid」に参加するには、BOINC のクライアントをセットアップし、BOINC のクライアントで「PrimeGrid」に参加する設定を行わなければいけません。

Windows であれば、BOINC のダウンロード(http://boinc.berkeley.edu/download.php)から、BOINC クライアントのセットアップをダウンロードして、インストールする必要があります。

Ubuntu の場合、リポジトリサーバ上に BOINC クライアントのパッケージがあるので、「APT」でインストールできます。
Ubuntu 9.10 で BOINC に参加してみる。


「PrimeGrid」での素数の発見と一言で言っても、以下のように、いろいろアプリケーションがあるようです。
* 321 Prime Search: searching for mega primes of the form 3·2n±1.
* Cullen-Woodall Search: searching for mega primes of forms n·2n+1 and n·2n-1.
* Prime Sierpinski Project: helping Prime Sierpinski Project solve the prime Sierpinski Problem.
* Proth Prime Search: searching for primes of the form k·2n+1.
* Seventeen or Bust: helping to solve the Sierpinski Problem.
* Sophie Germain Prime Search: searching for primes p and 2p+1.
* The Riesel problem: helping to solve the Riesel Problem.
PrimeGrid(http://www.primegrid.com/)の抜粋)

数学は不得意なので、詳しくは分かりませんが、そんなレベルの人でも、素数の発見に協力できてしまいますww


アプリケーションの種類により、タスクの重さ(タスクを完了させるまでの時間)もばらばらのようです。
10分程度から、数百時間かかるものまで、まちまちのようです。

「PrimeGrid についての好みの設定(プレファレンス)」でどのアプリケーションを実行するかを選択できるので、自分のマシン、BOINC の利用状況に合わせて、どのアプリケーションを実行するか設定すればいいでしょう。




で、「PrimeGrid」を数日ほど実行してますが、未だ記録的素数発見には至らず。。。><;
そう簡単に発見できるものではありませんので、気長に待ちます。。。

ちなみに、アカウント情報に発見した素数の情報(発見できていないので、「0」だけど。。。)が表示されます。
primegrid_20100619_001.jpg


どうやら、アプリケーション名に
 「Sieve」(日本語で、ざる、ふるいの意味)とつくものが素数候補の洗い出し
 「LLR」(Lucas–Lehmer–Riesel test(http://en.wikipedia.org/wiki/Lucas%E2%80%93Lehmer%E2%80%93Riesel_test))とつくものが素数候補の検証(素数であるかの確認)
 のようです。

「Sieve」に比べると、「LLR」の方が、タスクが重いですので、「LLR」は気合を入れてかからないといけないかも。。。


【PrimeGrid】
URL:http://www.primegrid.com/



コメント
この記事へのコメント
とりあえずhitの数字を0以外にしてみたい!
というのならこのURLを参考にしてみてはいかがでしょうか

http://www17.atpages.jp/boinc/

素数・因数発見状況というところから、どのくらいの割合でhitが見込めるかわかります
PPS のLLR・Sieveともにお勧めです

LLRの中でも重い方が大きな素数が見つかると思いますが、
一番軽いPPSでも運がよければデータベースに載せてもらえるような素数が見つかりますよ
2010/07/04(日) 16:04 | URL | 通りすがり #-[編集]
Re: タイトルなし
通りすがりさん

便利なサイトをご教授いただき、ありがとうございます。
非常に参考になります。

やはり、LLR の発見率は低いですね。

Sieve のタスクはそこそこヒット(Factors)しているのですけど、LLR がヒットしてない状態です。
比較的軽い、PPS LLR の解析数が 217件、SGPS LLR の解析数が 421件となりましたが、発見数は未だ0です。

ご教授いただいたサイトの情報から、確率的にはそろそろヒットがでるかな?と期待して待つことにします。


2010/07/04(日) 18:38 | URL | ホノミ(SA_2083) #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。